2021/08/30 (Mon)
9社のSNS動画広告の活用事例から成功するためのポイントを解説
Kaizen 編集部

著者: Kaizen 編集部

動画広告

プロモーション効果を高めるマーケティングの手段として、動画広告が取り入れられるようになってきました。なかでも、年々ユーザーが増加しているFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSを利用した動画広告が注目を集めています。

今やSNSを利用しているユーザーにとって、SNS動画広告を見ない日はないといっても過言ではありません。各SNSによって利用ユーザー層や活用方法はさまざまです。

本記事では、SNSで動画広告が有利な理由、各SNS別の動画広告で配信した企業の事例、成功のための動画制作のポイントを解説していきます。動画広告配信を成功させたい方は参考にしてみてください。

▼目次

1.動画広告がSNSで有効な理由

2.動画広告の効果

3.【SNS別】動画広告の成功事例

4.KAIZEN Adの動画広告活用事例

5.動画制作の手法

6.【動画広告事例に学ぶ】成功する動画制作の具体的なポイント

7.まとめ

 

1.動画広告がSNSで有効な理由

まずはなぜこれほどまでにSNS動画広告が活用されているのか、動画広告が有効な理由について解説します。

1.SNS広告は印象に残りやすい

動画広告に対する反応

引用:マクロミル|動画広告ユーザー調査

第一に、SNS動画広告は、印象に残りやすいというメリットがあります。

株式会社マクロミルと株式会社デジタルインファクトが共同で実施した「動画広告ユーザー調査」によると、各メディアにおける動画広告に対する反応は、YouTubeなどの無料動画サイト内で配信される広告に比べて、SNSのタイムライン上に表示されたものの方が「視聴した内容を覚えている」と回答した割合が多い結果でした。

 

2.アクティブユーザー数が多い

広告を配信する上で、リーチできるユーザー数が多いことは非常に重要です。

各SNSの国内における月間アクティブユーザーは、Twittter約4,500万人、Facebook約2,600万人、Instagram約3,300万人、LINE約8,800万人と公式から報告されており、多くのアクティブユーザーに広告を配信することが可能になります。

また、国外のユーザーへリーチさせたい場合にも、ハッシュタグなどの活用により、より広範囲のユーザーをターゲットにできる可能性が高いです。

 

3.拡散されやすい

さらに、SNS動画広告は拡散されやすいという特徴があります。

ユーザーが広告に興味や関心を持つと、「いいね」やシェア、コメントを通じて拡散され、より多くのユーザーの目に留まります。

これはブランディング効果を高めるとともに、メインターゲットのみならず潜在ターゲットにまでもリーチが可能となる機会が生じるのです。

 

2.動画広告の効果

動画広告は静止画よりも一度にたくさんの情報を伝えられるため、視聴者の印象に残りやすいことが効果の高い施策といわれる一つの理由です。

動画が人に与える情報量は、写真やテキストに比べ約5,000倍ともいわれており、文字よりも視覚的に多くの情報を短時間で伝えることができます。

そのため、動画は情報量の多い訴求はもちろん、認知度向上、ブランディングにも効果的な施策だと考えられます。

また動画広告で成果が出やすい理由の一つとして、「視覚」と「聴覚」に訴えられることが挙げられます。

人間の五感は「視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚」の順に大きな影響を受け、中でも9割以上の情報を「視覚(87%)と聴覚(7%)」から受け取るといいます。

従来の静止画と比較し、“視覚”と“聴覚”に同時にアプローチできるからこそ、動画広告は効果が高いと言えます。

■動画広告が「効果の高い施策」として注目を集めているその理由を解説

動画広告の効果や企業の活用事例については「動画広告が「効果の高い施策」として注目を集めているその理由を解説」でも詳しく解説していますので、参考にしてください。

 

3.【SNS別】動画広告の成功事例

動画広告は出稿するプラットフォームによって、力を入れるべきポイントが異なります。今回は主要な以下5つの媒体に出稿して成果を上げた事例を紹介していきます。

  • YouTube
  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • TikTok

1.YouTube動画広告の成功事例|ジョブカン

YouTubeは動画広告の代表的な媒体であり、国内外問わず視聴者は最多と謳われ老若男女問わず幅広い世代から愛される動画プラットフォームです。最近では、新しい広告フォーマットも増え認知獲得だけではなく成果獲得にも長けています。

なかでも勤怠管理システム「ジョブカン」のYouTube広告は、動画広告において押さえるべき3つのポイントを入れ込んだ事例といえます。

  • 冒頭でインパクトを与える
  • 動画再生時間を短くする
  • 複数のバージョンを用意する

具体的には冒頭5秒でチラシが舞う動きの大きいシーンを入れたり、サービス名の「ジョブカン」を最初に表示させたり、サービスを印象的にわかりやすく伝えています。また15秒の短尺動画を2種類用意してバリエーションを持たせ、視聴者が飽きないよう印象の違いを与える工夫が盛り込まれています。

■YouTube広告|動画の種類から配信方法まで【2021年最新版】

YouTube動画広告の概要や具体的な効果について詳しくは「YouTube広告|動画の種類から配信方法まで【2021年最新版】」でも詳しく解説しています。参考にしてください。

 

2.Instagram動画広告の成功事例|キャリトレ

Instagramはカルーセル広告やストーリーズ広告などを活用して、ブランディングや商品・サービスの世界観を魅力的に伝えるのに向いている動画広告です。他にも写真広告、動画広告、コレクション広告、発見タブ広告など計6種類の配信方法があります。

なかでもビズリーチが提供している「キャリトレ」のInstagram広告は、動画にキャリトレのサイトをスマートフォンでスクロールしている場面を載せ、ユーザーに実際に利用した際のイメージを伝えることができるクリエイティブとなっています。

動画広告を取り入れたことで、静止画広告のみで流入したユーザーよりも会員登録後のユーザーのアクティブ率が、動画広告から流入したユーザーのほうが高い結果が出ました。

ブランド名を常時表示させたクリエイティブにより、ブランディング効果も期待できます。ブランド認知の向上や商品イメージをユーザーに伝えるのに適したInstagramというプラットフォームで、ユーザーがキャリトレとは何かを想起しやすい仕組み作りを行いました。

■Instagramの動画広告事例5社|ストーリーズ広告を徹底解説

Instagramのストーリーズ広告の特徴や効果的なクリエイティブについて詳しくは「Instagramの動画広告事例5社|ストーリーズ広告を徹底解説」でも詳しく解説しています。参考にしてください。

 

3.Facebook動画広告の成功事例|BMW

フィード広告やストーリーズ広告、インストリーム広告など多様な広告フォーマットに配信することができる点がFacebook広告の特徴です。また、実名利用による高いターゲティング精度と機械学習による広告の自動割り当てによる効果的かつ効率的なキャンペーンが可能です。

ドイツを本拠点とする世界的な自動車メーカー「BMW」はFacebook広告の自由なターゲティング設定と広告キャンペーンを使い分け、ブランド動画と、ダイレクトレスポンス目的の動画、2つの動画施策を同時に進めています。動画の視聴によって何らかのアクションを起こした人たちをリターゲティングするという2段階の施策の結果、セールス効果は以前の20%ほどアップしました。

■Facebookと動画広告の相性|4つの事例で成功の秘訣を探る

Facebook動画広告の種類や設定方法について詳しくは「Facebookと動画広告の相性|4つの事例で成功の秘訣を探る」でも詳しく解説しています。参考にしてください。

■セールス効果20%UPも。BMWはなぜ、KAIZEN Adに動画を依頼したのか

BMW株式会社様のKaizen Adの活用について詳しくは「セールス効果20%UPも。BMWはなぜ、KAIZEN Adに動画を依頼したのか」でも詳しく解説しています。参考にしてください。

 

4.LINE動画広告の成功事例

LINEは8,800万人以上ものMAU(月間アクティブユーザー)をほこる国内最大のSNSです。その圧倒的なリーチ力を活かした効果的な動画広告が期待できます。

楽天証券株式会社は、もともと静止画のバナー広告を利用していましたが、その内容を動画化することで資料請求数を大きく伸ばした好事例です。文字の大きさや動きでユーザーの目に止まる工夫を施し、結果として、LINE広告での配信結果を200%を実現しました。

■5分で理解するLINE動画広告|3社の成功事例からその効果を探るLINE動画広告概要や成功事例について詳しくは「5分で理解するLINE動画広告|3社の成功事例からその効果を探る」でも詳しく解説しています。参考にしてください。

 

5.TikTok動画広告の成功事例

TikTokは中国の「ByteDance」が運営するSNSで、日本でも950万人ほどのMAUがいます。10〜20代と若い世代がメインユーザーなので、日用品や安価な商品での動画広告が有効です。

マクドナルドはTikTokのインフィード広告からハッシュタグチャレンジに誘導し、「マックフライポテトが上がったときの効果音に合わせてダンスしながら500円バリューセットを食べる」という企画を拡散させることに成功しました。

TikTokの拡散力が後押しし、5万件の動画投稿と総再生数1億回を記録しています。TikTokのメインユーザーの年齢に合った商品・サービスとダンス動画とハッシュタグチャレンジを組み合わせたTikTok広告ならではの特徴を効果的に活用した事例の一つです。

参考サイト:【プロモーション事例】約3週間で総再生数1億回突破! 「#ティロリチューン」 | TikTok広告

■TikTok広告をバズらせる方法を9つの成功事例からプロが解説

TikTok動画広告の特徴や活用法について詳しくは「TikTok広告をバズらせる方法を9つの成功事例からプロが解説」でも詳しく解説しています。参考にしてください。

 

6.Twitter動画広告の成功事例

TwitterのMAUは4,500万人を誇り、日本国内ではLINEの次にユーザー数が多いSNSです。そのためリーチを限りなく広げたい場合に、Twitter広告は有用な施策の一つと言えます。

大手格安スマホを提供する「楽天モバイル」では、2014年のブランド発表からライブストリーミングだけで認知を拡大するために、効果的なアプローチが可能なTwitterを中心とした広告施策を展開しました。

その結果、計3回の広告フェーズで、ライブとアーカイブを含めた総視聴者数が、国内歴代1位の1093万人を達成。ツイートのインプレッションもシミュレーション比で516%、5~20円が相場なCPVも1.2円と、効率的にリーチできた事例と言えます。

参考サイト:総視聴者数は1000万越え!楽天モバイルが国内歴代1位を記録した、ライブ配信発表会に成功した理由

■Twitterで動画広告を配信する手順と推奨フォーマットを紹介

Twitterの広告出稿や配信については「Twitterで動画広告を配信する手順と推奨フォーマットを紹介」でも詳しく解説していますので、参考にしてください。

 

4.KAIZEN Adの動画広告活用事例

動画活用

SNS動画の基本や特徴をおさえたら、運用をする準備を始めましょう。動画広告を活用して実際にどの程度数値が改善されたのか、弊社の事例を3社ご紹介します。

 

1.株式会社ビズリーチ

株式会社ビズリーチは、20代向けの転職サイト「キャリトレ」を運営しています。ユーザーからの認知をどのように獲得していくべきかを課題としていましたが、KAIZEN Adを導入したことで、転職意向度高い層の含有率が130%アップ、20代で学歴優秀層の含有率が120%アップと、それぞれ改善されました。

SNS動画の導入イメージを実感できるよう、打ち合わせではデザイナーが過去に制作した動画を実際に見てシミュレーションしたことが、スムーズな導入につながりました。「依頼から納品までが早く、やりとりがスムーズ」「フォローが丁寧」という点が高評価だったそうです。

■動画で世界観を発信していく。広告効果だけではない、ビズリーチの動画戦略

株式会社ビズリーチの実施した広告戦略について詳しくは「動画で世界観を発信していく。広告効果だけではない、ビズリーチの動画戦略」でも詳しく解説しています。参考にしてください。

 

2.株式会社オーネット

株式会社オーネットは、業界最大級のユーザー数が特徴の結婚相手紹介サービスを提供しています。課題は、新規のマーケティングチャネルを開拓してリード数を伸ばすことや、メディアに合わせたメッセージを選択することで、より丁寧なコミュニケーション対応を可能にすることでした。

KAIZEN Ad導入後には、クリック率が検索広告に比べて約2倍、通常のディスプレイ広告に比べて約3倍に向上し、ターゲット層の拡大という課題が改善されました。そのため導入初月から同社の入会単価基準をクリアするキャンペーンを複数打ち出すことができ、想像以上の成果をあげることに成功しています。

■楽天オーネットとの取り組みから考える、画一的な動画配信からの脱却

楽天オーネットの実施した広告戦略について詳しくは「楽天オーネットとの取り組みから考える、画一的な動画配信からの脱却」でも詳しく解説しています。参考にしてください。

 

3.AdAsia Holdings

AdAsia Holdings引用:AdAsia Holdings

AdAsia Holdingsは、主に東南アジアと東アジア全域の広告代理事業にて、アドネットワーク開発、インフルエンサーマーケティングなど、デジタルマーケティングをトータルで手掛けています。

実証実験のための動画制作の部分でKAIZEN Adを活用し、「Webへ流入できている」という想定通りのデータ取得、オーディエンス属性の推移を比較するなどの成果をあげることができました。必要な情報は押さえながらも、低価格で、多数の動画を作成したことが、高評価につなががっています。

■動画のデジタルサイネージ広告の「最適解」を探る。AdAsiaが取り組んだ実証実験とKAIZEN Adの活用事例

楽天オーネットの実施した広告戦略について詳しくは「動画のデジタルサイネージ広告の「最適解」を探る。AdAsiaが取り組んだ実証実験とKaizen Adの活用事例」でも詳しく解説しています。参考にしてください。

 

5.動画制作の手法

動画広告は、全部で5つのステップを経て完成します。

image1-Aug-29-2021-04-22-52-24-PM

自分たちの配信の目的や欲しい成果を明確にしてから制作に取り掛かりましょう。動画広告は戦略をもって行わなければ効果を最大限に発揮することはできません。

また効果測定をしてその後の広告配信のPDCAを回さなければ、消費者のニーズに寄り添わない、自分よがりな運用に陥ってしまいます。KPIの設定やCVRの改善は細かく行っていきましょう。

■成果の出る動画広告の作り方|制作時に確認すべき3つのポイント

動画広告で成果を最大限発揮させる手法については「成果の出る動画広告の作り方|制作時に確認すべき3つのポイント」でも詳しく解説していますので、参考にしてください。

 

6.【動画広告事例に学ぶ】成功する動画制作の具体的なポイント

成功事例

動画広告で成功する制作のポイントは、主に以下の4つです。

  • 最初の5秒間で印象付ける
  • サムネイルにこだわる
  • 起承転結を作る
  • PDCAをしっかり回す

 

最初の5秒間で印象付ける

「最初の5秒が大事」とされているのは、ユーザーの多くが動画広告をスキップする傾向にあるためです。株式会社ネオマーケティングの「動画広告の接し方に関する調査」では、ユーザーの96%は広告をスキップする傾向にあると報告されています。

動画広告をスキップ

※出典:株式会社ネオマーケティング|動画広告の接し方に関する調査

「必ずスキップする」と回答している層に対して長く動画広告を見てもらうのは難しいですが、「スキップすることが多い」と回答している56.7%は動画の内容によってスキップするかを判断していることになります。動画の冒頭で興味を惹きつけることが重要なのです。

そのための具体的な施策としては、動画でもっとも伝えたい要素を複数冒頭に持ってきて情報量を増やす方法が有効です。冒頭に情報量を増やすことで短時間でもユーザーに動画の内容を伝えられ、印象付けを可能にします。

5秒以上見られたあとは、すぐに離脱されないように分かりやすいストーリーを伝える必要があります。ストーリー性はユーザーの共感性にも影響してコンバージョンへと誘導してくれる役目も持っています。

印象つけるための要素やストーリーは、明確なターゲット分析なしでは制作できません。動画制作を始める前に、どのようなユーザーに何を届けたいのかを明確にしておきましょう。

■効果の上がる動画広告の作り方|成果を出す5つのポイントを紹介

■動画広告は最初の5秒が大事!スキップされない動画の作り方とは?

効果的な動画広告の作り方について詳しくは「効果の上がる動画広告の作り方|成果を出す5つのポイントを紹介」と「動画広告は最初の5秒が大事!スキップされない動画の作り方とは?」でも詳しく解説しています。参考にしてください。

 

サムネイルにこだわる

SNS上に投稿する場合、まず重要なポイントとなるのがサムネイルです。

サムネイルをみて一瞬で「面白そう」と興味を引き、「この動画なら時間を使っても見たい」と直感的に思わせられるようなサムネイルを作ることができれば、期待以上の再生数も望めます。

サムネイルは基本的に動画内のキャプチャーかオリジナルの画像を差し込むことが可能です。

動画内のキャプチャーでは何についての動画なのかが良く分からないことが多いので、基本的にはオリジナルの画像を使用するのが良いでしょう。例えばYouTubeを視聴するユーザーはサムネイルとタイトルから動画の内容を想像するため、サムネイルの内容や見せ方を工夫することで注意を集めることができます。1枚のサムネイルだけで動画の中身が伝わりやすく、広告がクリックされやすくなります。

サムネイルを作成する際には、思わず手を止めてしまうような気になるキャッチコピーや画像を利用して、シンプルかつ目に留まりやすいデザインにすることが重要です。

例えば、目に留まりやすい色をベース色にしたり、一番訴求したい値引き箇所だけに色を使い強調するのもいいでしょう。

image3-Aug-29-2021-04-31-08-62-PM

フードパンダのコーポレートカラーであるショッキングピンクをベース色にすることで、画像全体がYouTubeのタイムライン上でも目を引くサムネイルとなっている。また、語呂のいい「555円OFF」にすることでユーザーの意識に溶け込みやすくなっている。

image5-Aug-29-2021-04-31-41-45-PM

白ベースにショッキングピンクというこれまた目を引く楽天モバイルのサムネイル。一番訴求したい「24回分支払い不要に」の部分はカラーを使い文字サイズを他より大きくしている。

 

起承転結を作る

動画を制作する上では、情報を提供するだけでなく、起承転結を意識した内容に仕上げることが重要です。

いかに短い動画であったとしても、動画内に購買意欲を刺激するストーリーがないと、視聴者への訴求力が低くなってしまい、印象に残らない可能性があります。

商品紹介にも役者を使用してストーリー性を持たせたり、シリーズものにしたりなど、見ごたえのあるコンテンツに仕上げることで、より効果的なマーケティングを行うことができるでしょう。

 

PDCAをしっかり回す

動画制作は通常のバナー広告などに比べて時間やコストがかかってしまう傾向にあります。

しかし、動画にも鮮度があります。長く同じ広告を使用していると反応率が悪くなってくるため、広告を運用する上でPDCAを回すことは重要です。

PDCAをしっかり回すということは、つまり複数の広告をスピーディに作成して回すということで、ユーザーにどの広告が刺さるのかを検証することになります。動画広告を運用する際は、動画の制作をスピーディに進められる体制を整えておくことが重要です。

KAIZEN Adでは、バナー画像やチラシなどの広告素材を動画にすることができます。既に作成チームが整っていれば既存の体制のまま低コストで動画を作成できるので、スピーディにPDCAを回すことが可能になるでしょう。

■動画広告の効果ってどうやって測定するの? 動画広告で見るべき指標まとめ

そもそも効果が出ているかの判断基準について詳しくは「動画広告の効果ってどうやって測定するの? 動画広告で見るべき指標まとめ」でも詳しく解説しています。参考にしてください。

 

7.まとめ

SNS動画広告は、拡散性がありユーザーの印象に残りやすいことが特徴です。有効活用することができれば、多くのユーザーにリーチできるだけではなく、普段リーチできていない潜在ユーザーへも届けることができます。

ご紹介したSNS動画広告活用の成功事例を参考に、マーケティングを行う上で有効な手段として、自社にマッチした手法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

動画広告を運用する際は複数の広告をスピーディーに作成して検証を行う必要があります。動画の制作をスピーディに進められる体制を整えておくことが重要です。社内で体制が十分整えられない場合は外部に制作依頼することも視野に入れましょう。

広告動画クリエイティブ制作プラットフォーム「KAIZEN Ad」

動画広告を検討しはじめたけど自社にノウハウがない…また動画を作りたいけど制作のリソースがない…とお困りではありませんか?そのような時はぜひ「KAIZEN Ad」の活用をご検討ください。

「KAIZEN Ad」とは、デジタルを活用した『顧客体験(UX)の改善』により、クライアントの事業成長を支援するKaizen Platformが提供する、広告動画クリエイティブ制作プラットフォームです。

「KAIZEN Ad」には以下の特徴があります。

  • Facebook、Instagram、YouTube、Amazonの公式パートナーとして世界的に高い評価を獲得
  • 制作から効果測定までを一気通貫して行うため、構成、コピー、表現の勝ちパターンをすぐに見つけることができる
  • 事業グロース支援を出自とするKaizen Platformだからこそ、「成果のカイゼン」に向けた動画活用の提案が可能
  • 独自のプラットフォームと1万人以上のクリエイターのネットワークを活用し、これまでに8,000本以上の動画を制作

まずは、「勝てる動画広告制作に向けた広告運用の課題とソリューション」がわかる資料を無料で読んでみましょう。

thum_B


まずは無料資料をダウンロード

 

Kaizen Platformのコラムを定期購読する(月1回)

関連記事

記事一覧へ戻る