2020/10/22 (Thu)
動画を活用すべき9つの方法と制作するポイントを解説
Kaizen 編集部

著者: Kaizen 編集部

広告動画

 

・動画化が一般的になっているけど、どうやって取り入れればいいのか
・すでに動画広告を取り入れているけど、動画広告の他にも動画の活用方法を知りたい

動画の活用方法について、こんなお悩みありませんか?

動画の活用方法は、動画広告だけではありません。新規顧客の獲得に欠かせないウェブサイトやメルマガへの動画の埋め込み、営業に必須の営業資料の動画化、店頭展示のデジタルサイネージに使用する動画、求人広告や会社紹介の動画まで、動画の活用方法はたくさん。

では、実際に何を動画化すればどんな効果が得られるのでしょうか?

今回は、実際にKaizenで制作した動画の活用事例を紹介しつつ、解説します。

▼目次

1.動画の活用で期待できる効果

2.動画化で効果・効率アップできる9つのプロモーション手段

3.効果的な動画を作るポイントとは?

4.既存コンテンツをパワーアップさせるなら動画活用がおすすめ

動画の活用で期待できる効果

動画は静止画に比べ、情報量が多く記憶に残りやすいと言われています。動画を活用することで期待できることは多く、主に下記のものが挙げられます。

  • 商品に対する理解度向上
  • ブランディングにつながる
  • コスト削減

商品に対する理解度向上

無形商材や複雑な商材などは文章で説明するのは難しく、魅力が伝わりづらい課題があります。特に使用する際の手順が複雑なものに関しては、画像やテキストだけでは限界があります。

動画を活用することで、商品が動いているシーンや、実際に使われているところを音声と動きで表現できるため、商品の特徴や長所が直感的に伝わりやすいです。

最近では営業資料として利用されることも多く、商品・サービス紹介動画だけでなく、デモンストレーション動画なども用いることがあります。

営業に動画を活用の詳細は「営業に動画を活用するメリットや導入時のポイント」で紹介してますので、あわせてご覧ください。

ブランディングにつながる

動画は表現の幅が広く、自社やサービスのブランディングを行うのにおすすめです。企業のイメージは文章で伝わりづらい内容ですが、動画を使うことでストーリー性やインパクトを持たせられます。

音や人物の表情の変化、人間関係の描写など幅広い表現を取り入れ、直感的にユーザーに伝えられるためブランディングを訴求するのに適しています。

また、動画はテキストに比べ、2倍以上記憶に残りやすいといわれています。アメリカ国立訓練研究所が提唱する「ラーニングピラミッド」では、学習方法の記憶の定着率は下記の図のようになると言われています。

ラーニングピラミッド

テキストを読んだ際の記憶の定着率は10%であるのに対し、動画を視聴した場合は20%と言われており、ユーザーの記憶に残りやすい特徴があります。

特に自社のブランディングなどをする際はストーリー形式で制作するなど工夫をし、SNSやYouTubeなど各プラットフォームで配信することで、訴求力が高まり、企業の認知獲得に加えイメージ向上に期待できます。

動画を活用して自社ブランディングを行っている企業も多く、「動画を活用した採用活動(新卒・中途)で効果を高めるコツとポイントは?」で紹介してますのであわせてご覧ください。

コスト削減

動画を活用することでコストの削減にも繋がることがあります。特にマニュアル資料において、動画は非常に効果的です。

紙媒体でマニュアルを作成する場合は印刷代や紙代が必要で、配布人数が多ければ多いほどコストがかさみます。その点動画であれば、どれだけ規模が大きくてもコストを増やさずに共有ができ、編集を加えない場合は維持コストも必要ありません。

もちろん動画は制作時は制作費用のコストがかかりますが、長年利用するマニュアルであれば、むしろ安く済む場合もあります。

また、紙媒体でマニュアルを作成する場合、1つの商品でも製品開発に従事した人などの人材確保も必要であり、時間もかかるため、人的・時間的コストがかかります。

一方動画であれば、作業工程を撮影し、編集するだけで終わるため、紙に比べ完成までの時間を縮めることが可能です。そのため、動画を用いることで多くのコストを削減できます。

マニュアルへの動画活用の詳細は「マニュアルへの動画活用はメリットが多い?特徴から作り方のポイントまでご紹介!」で紹介してますので、あわせてご覧ください。

動画化で効果・効率アップできる9つのプロモーション手段

プロモーション方法

動画を活用しプロモーションする方法は主に9つあります。
  • 静止画広告
  • 紙のチラシ
  • SNS投稿
  • サイト内コンテンツ
  • メール内コンテンツ
  • 営業資料
  • 店頭設置、デジタルサイネージ
  • 採用広告・会社紹介
  • タクシー広告

①動画広告

YouTubeやYahoo、FacebookやInstagramなどのSNSで配信する広告は、以前は静止画が主流でしたが、現在では動画広告が増えつつあります。

動画広告について詳しく知りたい方は「5つの方法で効果を11倍に!効果のある動画広告の作り方」をご覧ください。

②紙のチラシ

新聞もWebで読むことが増え、紙の広告を目にする機会も少なくなってきていますが、紙のチラシは様々な商品が魅力的に並んでいて、つい欲しくなってしまいますよね。

Kaizen Adでは紙のチラシの魅力はそのままに、動きをつけることでわかりやすさやインパクトを加えたチラシ動画を制作しています。

 

③SNS投稿

TwitterやInstagramで目をひきやすいのは、やはり静止画より動画です。

SNSのフォロワーを増やしたり、商品の認知度を上げたり、つい保存したくなるようなまとめ動画や商品紹介動画を活用することで高いインプレッションを期待できます。

④サイト内埋め込み動画

記事のダイジェスト版
記事を簡単にまとめた動画を記事の冒頭に置くことで、
記事に興味を持たせたり、記事を最後まで読んでもらえる効果があります。

 

サイトの使い方
サイト内の操作方法を簡単なマニュアル動画にしてサイト内に設置することで、ユーザーが迷わずに操作することができます。

また、問い合わせやお客様対応の時間を削減する効果も期待できます。

⑤メール内コンテンツ

文字だけのメルマガや営業メールは、ほとんど読むこともなく削除されがちです。

メール内に動きのある簡単な動画を埋め込むことで、目に止まりやすくなります。

以下の例では、PDFやパワーポイントで資料を添付していた際よりもアポ獲得率が3倍になり、お客様の満足度も高くなりました。

⑥営業資料

今までパワーポイントで作成したファイルを営業先に持ち込んで説明をしたり、
容量の大きいパワーポイントのファイルを送付したりと営業資料の取り扱いは大変でした。

営業資料を丸ごと動画化しURLを送付するだけで、営業先に簡単に送ることができます。

また、ナレーションをつけることで説明する必要もなく、人件費や時間の節約もできます。

⑦店頭設置、デジタルサイネージ用動画

レストランスーパーなどの店舗での商品紹介や、展示会での商品、会社紹介によく利用されています。

紙のパンフレットのように手に取る手間もなく、魅力的にわかりやすく商品を紹介できるので、視聴率を上げることができます。

⑧採用広告・会社紹介動画

採用広告や会社の紹介動画は、会社の雰囲気を魅力的に伝えることで、応募数を増やすだけでなく、人材のマッチ率も高めます。

Kaizen Platformでは、新しく素材の撮影をせずとも、既存の採用ページやインタビュー動画から高品質な動画を制作することができます。

⑨タクシー広告

タクシーの動画広告とは、タクシーの座席に設置したタブレットを用いて、乗客に動画を視聴してもらう形式の広告です。タクシーの利用者に多い経営者や富裕層へ動画広告を配信できます。

また、タクシーという落ち着いた空間のため、ゆっくりと動画を視聴してもらえるメリットがあります。

タクシーの動画広告の詳細は「タクシーの動画広告とは?メリット・デメリットや活用事例を解説」で紹介していますので、あわせてご覧ください。

効果的な動画を作るポイントとは?

ここまで記事を読み、実際に動画を制作したいと思われた方もいるのではないでしょうか。
そこで本章では動画制作時にポイントとなる点を紹介します。

ターゲット層を設定する

まず、どのような人物に対して動画を作るのかということが重要です。

動画を見てほしいユーザーの年齢層や性別、地域や嗜好、動画の用途などを細かいところまで設定しましょう。

ターゲッティングを綿密に設定することで、動画の軸が安定し、伝えたい情報を適切に伝えることができます。

必要情報の整理

ターゲット層が設定できたら、伝えたい情報を整理しましょう。

動画は表現が自由なため、多くの情報を詰め込んでしまいがちです。情報を多く入れすぎると動画の時間が長くなり、ユーザーが動画を最後まで視聴してくれない可能性があります。

そのため、認知やブランディングなど動画を活用する目的を明確にし、ユーザーに訴求したい軸を決めシンプルな動画を制作することがおすすめです。

構成を考える

次に動画全体の構成を決めます。構成を考えるにあたって参考となる3つの型を紹介します。

  • 問題提起型
  • プロダクトデモ型
  • ストレートオファー型

「問題提起型」は、冒頭にユーザーが抱えやすい問題を提起して、「このサービスならこのように解決できます!」といった解決策を直後に提示する方法です。

「プロダクトデモ型」は、ストーリー性を持たず、商品の特徴を魅力的に紹介していく方法です。

「ストレートオファー型」は「今月末まで50%OFF!!」などのような、キャンペーン情報などのオファーを強みとして伝えたいときにおすすめの構成です。

目的に沿った構成で動画を制作するようにしましょう。

PDCAサイクルを回す

動画は一度製作したら終わりではありません。定期的に効果測定をし、PDCAサイクルを回し、動画の内容を改善していくことが重要です。

定期的な効果測定と改善をより短期で行うことが、より効果的動画となります。具体的には月一程度のペースで動画を制作、効果測定を行うのがおすすめです。

動画マーケティングのポイントと動画制作の詳細は「動画マーケティングを導入する意味とポイントを紹介」、「動画広告の作り方|はじめての動画制作で押さえておきたい5つのステップ」で紹介していますのであわせてお読みください。

既存コンテンツをパワーアップさせるなら動画活用がおすすめ

一度汎用的な動画を作っておくと、Youtubeなどの広告配信にはもちろん、SNSなどのコンテンツとしても使用できますし、Webサイトに設置することでサイト全体をグレードアップさせることもできます。

まずは最初の一本をKaizen Videoで制作しませんか?

特別な知識がなくても大丈夫です、最高の一本のために、私たちがサポートします!

 

動画クリエイティブ制作プラットフォーム「KAIZEN VIDEO」

 

「動画活用を検討しはじめたけど自社にノウハウがない」また、「動画を作りたいけど制作のリソースがない」とお困りではありませんか?そのような時はぜひ「KAIZEN VIDEO」の活用をご検討ください。

「KAIZEN VIDEO」とは、デジタルを活用した『顧客体験(UX)の改善』により、クライアントの事業成長を支援するKaizen Platformが提供する、動画クリエイティブ制作プラットフォームです。

「KAIZEN VIDEO」には以下の特徴があります。

 

  • Facebook、Instagram、YouTube、Amazonの公式パートナーとして世界的に高い評価を獲得
  • 1万人以上のクリエイターと1万本以上の動画制作をしてきた実績をデータで保有
  • 貴社ニーズに合わせた最適なクリエイターのアサインが可能に
  • 事業グロース支援を出自とするKaizen Platformだからこそ、「成果のカイゼン」に向けた動画活用の提案が可能

 

まずは、「動画活用による成功事例」がわかる資料を無料で読んでみましょう。

thum_20210326

まずは無料資料をダウンロード

Kaizen Platformのコラムを定期購読する(月1回)

関連記事

記事一覧へ戻る