2022/04/14 (Thu)
動画マーケティングを導入する意味とポイントを紹介

著者: Kaizen 編集部

動画マーケティングを導入する意味とポイント

近年、マーケティングに動画を活用するケースが増加しています。

事実、動画は文章や静止画に比べ訴求力が高く、情報をより直感的に伝達することができるので、マーケティングのツールとして有用です。

当記事では動画マーケティングを導入するメリットや、マーケティング動画を製作する際のポイントを紹介します。

動画広告におけるお役立ち資料をご覧いただけます

動画広告市場は一層の盛り上がりを見せ、もはや動画を作ればよい時代から、いかに動画で成果を出すかという時代に変化してきました。動画広告で成果をあげるためにも適切な設計と、クリエイティブの勝ちパターンを見つけるPDCAサイクルが大切です。

コンバージョン改善や売上UPの実現を目指したい方へ、これまでKaizen Platformが900社・50,000回以上の改善支援から得た知見や実績に基づいた『動画広告で成果を上げるノウハウガイド』をお届けします。

YouTube広告やTikTok広告、Facebook広告などの動画広告において、打ち手に悩んでいる、ノウハウがないとお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

お役立ち資料をダウンロードする

動画マーケティングが広まっている背景は?

動画によるマーケティングが広まっている背景には、時代の変化と共に動画が人々の生活に浸透してきたことがあります。

動画マーケティングが広まっている主な要因は、以下の通りです。

・4G環境の整備
・動画プラットフォームの普及
・動画制作の低コスト化

詳しく見ていきましょう。

4G環境の整備
光回線が誕生した頃を境に、インターネットの回線速度は徐々に高速化していき、データ容量の大きい動画も手軽に再生できるようになりました。
中でも4G環境の整備は、動画産業に大きな変革をもたらします。

4Gの普及によって、スマートフォンやタブレットで高画質な動画をストリーミング再生することができるようになりました。

結果、動画の視聴がスキマ時間でも手軽に行えるようになり、日常的なものになっています。

モバイルWi-Fiなどの普及も追い風となり、マーケティングの分野においても、より直感的に情報を伝達することができ、訴求力が高い動画を活用することが効果的になってきたのです。

動画プラットフォームの普及
YouTubeなどの動画プラットフォームは、我々の生活に凄まじいスピードで浸透していきました。

現代ではツールの発展により動画制作が昔よりも簡単に行えるようになっており、結果としてYouTuberと呼ばれる存在を生み出しています。

動画プラットフォームに一般人が動画を簡単に投稿できるようになった結果、ネット上にアップロードされる動画が爆発的に増加し、文章コンテンツと並ぶ情報媒体として需要が高まっているのです。

加えて、動画プラットフォームでは動画による広告も積極的に取り入れられています。結果的に、現代人は文章による広告よりも、動画による広告を観る機会が増えているのです。

今後は、文章よりも動画の方が、より効率的な宣伝効果を得ることが期待できます。

動画制作の低コスト化
ツールの発展によって、現代では誰でも比較的簡単に動画が制作できるようになりました。

結果、働き方の多様化が叫ばれていることもあり、動画制作を生業にしたフリーランスが年々増加しています。

動画制作の簡便化と制作者の増加により、動画制作のコストは徐々に低下しており、企業は動画を作りやすい状況となっているのです。

低コスト化の結果、動画でも他の広告のような効果測定が容易に行えるようになってきており、動画マーケティングがしやすい環境になってきています。

動画マーケティングを導入するメリットは?

下記の比較表でわかるように動画マーケティングを活用すると、他の手法にはないメリットがあります。

ツール別比較表 動画:ブランディング〇、訴求力◎、拡散力◎、効果測定◎ SNS:ブランディング△、訴求力〇、拡散力◎、効果測定〇 web:ブランディング〇、訴求力〇、拡散力〇、効果測定◎ メール:ブランディング✕、訴求力〇、拡散力✕、効果測定◎ DM:ブランディング✕、訴求力◎、拡散✕、効果測定〇 マス広告:ブランディング◎、訴求力〇、拡散力✕、効果測定✕

詳しく見ていきましょう。

ブランディングになる
動画によるマーケティングは、視聴者に宣伝物のブランドイメージを強く印象付けることができるメリットがあります。

ブランドイメージは概念的なものなので、文章や静止画では表現するのが困難です。

動画はアニメーションと実写をバランスよく使うことで、概念や数値を分かりやすく表現することが可能なので、ブランドイメージの表現を印象的に行うことができます。

さらに、動画のコンセプトや世界観を統一することで、宣伝物と動画の結びつきが強くなり、より高い宣伝効果を期待することが可能です。

宣伝物と動画の結びつきが強い高齢として挙げられるのは、auのCM動画でしょう。

「三太郎」という昔ながらの物語の登場人物をクロスオーバーさせる世界観は強烈で、「auといえば三太郎」という強烈なイメージを視聴者に植え付けました。

auのように、世界観やキャラクターを統一した動画を活用することで、印象的なブランディングを行うことができます。

訴求力が高い
2つ目のメリットは、訴求力の高さです。

動画は視覚と聴覚という2つの感覚を使って視聴することになるので、文章や静止画に比べ、より直感的に情報を受け取ることができます。

加えて、動画では先述の通り、概念や数値を表現することに長けているので、情報を整理して伝えることが可能です。

また、ストーリーやアニメーションなどをによって感情に訴えたり、強いインパクトを与えることができます。

以上のようなことから動画は訴求力が高く、従来の宣伝方法以上の効果を期待することが可能です。

拡散力がある
近年、SNSの発展によって、消費者同士の情報共有が盛んになりました。

実際に、気になる情報はSNSを介して急速に拡散され、大きな話題になることがしばしばあります。

しかし、タイムライン上に多数の情報が溢れかえるSNSでは、印象の浅い情報が取り上げられることはありません。

動画による広告はタイムライン上でも存在感をしっかりと示すことができるため、人々の目に止まりやすいです。

さらに、動画の内容が印象的であれば、急速な拡散によって大きな話題になる可能性があります。

SNSでの広報戦略を効果的にする意味でも、動画は有用なのです。

効果測定がしやすい
先述したように、近年では動画の制作コストが少なくなってきているので、効果測定のために複数の動画を制作することが容易になっています。

動画は文章や静止画といった他の広告媒体以上に多くの測定要素を持っており、より綿密な効果測定をすることが可能です。

例えば、サイト内の文章コンテンツの場合、ページの滞在時間や直帰率、CV率などから効果測定を行うことになります。

しかし、動画の場合は上記の要素に加え、動画自体のインプレッションや再生回数、視聴維持率などの要素も観ることが可能です。

多くの要素から効果測定を行うことができることから、動画マーケティングではより多次元的なPDCAサイクルを回すことができ、結果的に効果的な改善を行うことができます。

動画マーケティングをする際のポイント

ターゲット層を設定する
まず重要になってくるポイントが、ターゲット層をしっかりと定めることです。

宣伝したい年齢層や性別、地域や嗜好、動画の用途などを細かく設定し、設定したターゲット層に合わせた動画を制作することが重要になります。

ターゲッティングを綿密に設定しないと、動画内の情報が散漫になってしまい、本当に伝えたい情報を伝えることができません。

マーケティング用の動画を制作する際には、最初にしっかりとターゲッティングをするようにしましょう。

伝えたい情報を整理する
ターゲッティングが完了したら、伝えたい情報を整理しましょう。

動画は直感的に情報を伝えることができるため、ついつい情報を詰め込んでしまいがちですが、情報過多になると動画の時間が長くなったり、何が伝えたいのか分からない動画になってしまいます。

動画を制作する際には、ターゲット層に対してどのような情報を伝えるのが効果的かを考えた上で、情報の取捨選択をすることが重要です。

形式やストーリーを統一する
3つ目のポイントは、動画の形式やストーリーを統一することです。

情報の整理と同様、動画のストーリーや世界観などを統一しないと、何が伝えないのか分からない動画になってしまいます。

実写かアニメーションか、物語調かドキュメンタリー調かなど、動画をコンセプトを事前に設定することで、視聴者に違和感を覚えることなく、効率的に情報伝達を行うことが可能です。

定期的な効果測定をする
マーケティング用の動画は一度制作したら終わりではありません。

定期的に効果測定をし、PDCAサイクルを回し、動画の内容を改善していくことが重要です。

定期的な効果測定と改善をより短期で行うことが、効果的な動画マーケティングをする近道になります。

よって、動画マーケティングをする際には、月1回程度のペースで動画制作と効果測定を行っていくのが良いでしょう。

上記のようなペースで効果測定をするためにも、低コスト・短納期での動画制作が重要になってきます。

5G時代の到来で動画マーケティングの導入は必須に

2020年から、日本は本格的に5G時代に突入します。

5G時代ではよりデータ容量の大きな動画のストリーミング再生が可能になり、高解像度の動画だけでなく、視聴者が動画に直接アクションを起こすことができるインタラクティブ動画や、VR/ARなどの仮想現実がより身近になる可能性が高いです。

結果的に、上記のような技術を活用した動画マーケティングが可能となり、より効果的な宣伝ができるようになることが予想できます。

ツールの発展による動画制作コストの更なる低下も考えられることもあり、今後は今まで以上に動画マーケティングの重要性が増すことでしょう。

急速に変化する市場に対応するためにも、今のうちに動画マーケティングのノウハウを蓄積しておくことが重要です。

まとめ

動画マーケティングのメリットと、マーケティング動画を製作する際のポイント解説してきました。

動画を用いたマーケティングは訴求力が高く、宣伝物のブランドイメージをより濃く印象付けることができます。

動画を制作する際には、ユーザーのターゲッティングをしっかりと行い、伝えたい情報のみを伝えられるように仕上げることが重要です。

また、動画マーケティングで結果を出すためには、短期間での密な効果測定と改善が重要になってきます。

よって、動画制作は低コスト・短納期で行うことが重要です。

Kaizen Adでは、徹底的に手間を省いた発注システムと10,000人規模のクリエイターネットワークにより、お客様の労力とコストを大幅に削減しており、効果測定と改善が行いやすい条件が整っています。

今後5G時代が到来し、今まで以上に動画マーケティングの重要性が増すことでしょう。

マーケティング用動画を制作する際は、ぜひKaizen Adを活用してみてください。

動画広告の運用にお悩みではありませんか?

YouTubeを筆頭に動画市場が盛り上がりを見せる中、動画広告の需要はますます増えています。そこで重要となるのが、ただ動画を作るだけではなく、いかに成果へ繋がる動画を作るか、です。

しかし、いざ施策を打つとなると「自社にノウハウがない」「制作リソースがない」「すでに配信しているが成果が出ない」と悩まれる企業は少なくありません。

もしも現在動画広告の成果にお悩みを抱えていらっしゃるのであれば、Kaizen Platformの「KAIZEN AD」の活用をご検討ください。KAIZEN ADは、低コスト・短納期でクオリティーの高い動画を作り「広告の勝ちパターン」を確立できるクリエイティブサービスです。

「勝ちパターン」をベースに運用することで、無駄な動画を作ることなく効果を継続させられるようになります。

これまで累計1,000社以上、30,000本を超える動画制作で得た知見や実績をもとに、動画広告施策の勝ちパターンや成功事例を資料にまとめました。

CVR改善やCPA改善、売上UPを実現したい方、スピーディーで質の高い動画制作を継続したい方、施策の打ち手にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

サービス資料をダウンロード

関連記事

記事一覧へ戻る