2021/08/24 (Tue)
動画広告で集客がさらに進化する!成功のカギを握る3つのコツを解説
Kaizen 編集部

著者: Kaizen 編集部

動画集客

YouTubeなど動画コンテンツの視聴が生活の一部となりつつある今、多くの企業が動画を活用した集客を始めています。

株式会社サイカが発表した「動画広告の活用実態調査2020年版」では、約8割以上の広告宣伝担当者が「過去1年間で広告予算全体の中で動画広告への投資割合を増加させた」と回答しています。

動画広告への投資

※引用:動画広告の活用実態調査2020年版

また同調査内にて、今後1年間で動画広告への投資見込みを確認したところ「広告費を増加する見込み」と回答した人数が48.6%と半分の割合を占めることがわかりました。

調査結果からも分かるとおり、企業の動画広告を活用する流れは今後もますます加速していくことが予想されます。

特にこの記事をご覧の方の多くは、動画を使って集客を強化したいとお考えの方なのではないでしょうか。

結論として、動画による集客は非常に有効な手段です。

なぜなら、Supership社が発表した調査結果でわかるように、動画は「認知、理解、意欲」3つの分野で、静止画よりも効果が高いことが証明されているからです。

動画広告の活用方法

※引用:SuperMagazine|動画広告の効果的な活用方法 ~最新事例から見る動画広告をターゲティングに活かすには〜 #Japan IT Week 関西 講演レポート

そこで本記事では、なぜ動画による集客が効果的である理由を解説していくと共に、動画の集客で企業が得られるメリットや成功するための3つのコツについて解説していきます。

▼ 目次

1.動画による集客は動画広告がおすすめ

2.動画の集客で達成できる3つのこと

3.動画による集客で企業が得られる3つのメリット

4.動画による集客を成功させる3つのコツ

5.まとめ|動画による集客でマーケティングを成功に導く

動画による集客は動画広告がおすすめ

動画による集客といってもその方法は多岐にわたりますが、中でも効果的なのが動画広告です。

通信技術の発展やYouTube、SNSの普及により、現在動画はユーザーにとってとても身近なものになっています。

例えば、SNS上での動画を用いた集客効果について考えてみましょう。総務省が2017年に公表した情報通信白書では「スマートフォンによるSNSの利用率が20~60代の全年代で上昇している」と報告されました。

TwitterやInstagramなど、多くのSNSでは動画広告の出稿が可能です。幅広い年代の利用者が増加しているプラットフォームでPRができるため、高い集客効果が期待できます。

すでに多くの企業が動画広告の将来性に注目しています。株式会社サイバーエージェントは「2019年国内動画広告の市場調査」において、市場が拡大する動画広告の中でも特にスマートフォンの市場拡大傾向が強いと予想しています。

動画広告市場規模

※引用:株式会社サイバーエージェント|2019年国内動画広告の市場調査

スマートフォンで表示できるフォーマットで動画を配信することによって、大きな集客効果を得られるのです。

※別記事「動画広告が「効果の高い施策」として注目を集めているその理由を解説」では、動画広告が効果が高い施策である理由を詳しく解説しています。

 

もしもこの記事をお読みの方の中に動画による集客を最大化したい、とお考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひ「動画を活用したWeb広告改善のご提案」の資料をご覧ください。この資料では8,000本以上の動画を制作してきたKaizen Platformがご提供する動画広告プランニング・制作・効果測定パッケージや、これまでに手掛けた動画広告改善事例についてご紹介しています。資料は無料です。ぜひご検討ください。


資料をダウンロードする >>

 

動画の集客で達成できる3つのこと

動画による集客はまだまだ成長過程であり、今後さらなる拡大が期待されています。

昨今、集客を動画で行う企業が多くなってきている理由は、以下のような目的が達成できるためです。

  • サービスや商品の認知度が向上する
  • 効果的にサービスや商品理解を深められる
  • 実際に利用している動画でサービスや商品の購入意欲を刺激する

本章では、企業が動画を活用することで達成できることについて解説します。

サービスや商品の認知度が向上する

自社で提供するサービスや商品がいかに優れていたとしても、ユーザーに知ってもらえなければ売上げには繋がりません。

最終的に売上げを拡大するために、まずはサービスや商品の認知度を向上させることが重要です。これらを達成する手段として動画での集客を試みると良いでしょう。

その理由をニールセンデジタル株式会社が発表した「スマートフォンの動画視聴時間に関する調査結果」を参考に解説します。

動画視聴時間

※引用:ニールセンデジタル株式会社|Digital Trends 2019上半期

この調査結果から、スマートフォンでの動画視聴時間が5年で約4倍にも成長したことが読み取れます。

自社の商品をアピールするYouTubeチャンネルを作ることで、動画を見てもらえる可能性は4年前より格段に高くなっていると考えられるでしょう。

また、動画を視聴する時間が増えるということは、自ずとそれに比例して間に差し込まれる動画広告への接触時間も増えます。

このことから、ユーザーの目に触れる機会が増加している動画での集客は、サービスや商品の認知度を高めるための施策の一つとして有効です。

効果的にサービスや商品への理解を深められる

動画での集客はテキストや静止画とは違い、多くの情報量を届けられるため、ユーザーの商品への理解を深めてくれます。

動画の「文字」「音」「映像」が与える情報はテキストの5,000倍、静止画の7倍にもなると言われており、動画の活用によってテキストでは伝わりにくい自社サービスや商品の魅力を十分に伝えることが可能です。

また、「人がコミュニケーションをとる時に、どのような情報に基づいて印象が決定されるのか」という根拠としてメラビアンの法則があります。

この法則によると視覚情報55%、聴覚情報38%、言語情報7%となり、視覚情報と聴覚情報だけで93%を占めていることがわかります。

そのため、視覚と聴覚情報の両方を使って訴えかける動画は、理解度を深めるために効果的なことが科学的にも証明されているのです。

集客の手段として動画を使うことで、多くの情報量で明確な印象を与え、サービスや商品の理解度を高めることができるでしょう。

実際に利用している動画でサービスや商品の購入意欲を刺激する

動画は、単なるサービスや商品の紹介だけでなく、実際に利用している映像を配信することもできます。そのため、ユーザーが利用する際のイメージが掴みやすくなり、購入意欲を高めることができます

株式会社スプレッドオーバーが発表した「動画に関する意識調査」では、「どのような動画が参考になりますか?」という問いに対して59.9%が「YouTuberや一般の人が商品に関して紹介している動画」と答えました。

動画意識調査

※出典元:株式会社スプレッドオーバー会社概要│「動画」に関する意識調査

企業の多くは使用イメージ動画の重要性をすでに認識しており、有名YouTuberやWebメディアに自社商品の宣伝を依頼する「企業案件」という宣伝手法を導入しています。

「企業案件」はインフルエンサーの影響力によるものの、あくまで一例ですが1回の依頼に数百万円もの報酬を支払っているとも言われており、それだけ宣伝効果が高いことがわかります。

ただし、YouTubeなどの動画とWebメディアの記事広告には明確に違う点が1つあります。それは、動画だと商品やサービスを使用している風景を「動いている状態」で配信できることです。

その結果、購入後に使用しているイメージが沸きやすくなり購入意欲の刺激につなげることができるのです。

動画広告のプロのノウハウを詰め込んだ資料を無料で提供中です。「動画を活用したWeb広告改善のご提案」の資料を今すぐご覧ください。効果改善を目指し8,000本以上の動画を制作してきたKaizen Platformがこれまでに手掛けた動画広告改善事例などについてご紹介しています。静止画と比較してトータルCV数260%改善の事例もご覧いただけます。資料は無料です。動画による集客でビジネスを成長させたい方は、ぜひご検討ください。

 

資料をダウンロードする >>

 

動画による集客で企業が得られる3つのメリット

動画による集客は、3つの目的を達成できることがお分かりいただけたと思います。

続いて、動画が企業にもたらす以下3つのメリットについて解説していきます。

  • 既存広告の活用で制作コストを抑えられる
  • 効果測定を行うことでクオリティを高められる
  • 動画の拡散で予想外の効果を生み出す可能性がある

※別記事「動画広告の3つのメリットと成果を出すために知っておきたい広告制作ポイントを解説」では、動画広告のメリットについて詳しく解説しています。併せてご覧ください。

既存広告の活用で制作コストを抑えられる

動画による宣伝は、既存広告をうまく活用することで制作コストを抑えることができます。

例えば、5G時代の動画制作プラットフォーム「KAIZEN VIDEO」は、「今お手持ちの素材から動画制作 5分で発注、5日で納品、8万円から」というコンセプトを掲げています。

自社で保有しているLPやチラシなどの広告素材から低価格かつ短期間で納品できるシステムを実現し、さまざまな企業の動画を制作してきました。

多くの企業には、これまで集客に使用していた広告素材があるのではないでしょうか。

動画は、必ずしも動きのある映像で制作する必要はなく、複数の静止画を組み合わせて制作する企業も少なくありません。

実際に楽天証券はもともと使っていた静止画のバナー広告動画化することで、資料請求の数を大きく伸ばすことに成功しています。

引用:楽天証券 広告

既存の広告を活用できるメリットがあるため、今までの企業努力を無駄にせず、さらにクオリティの高いクリエイティブを低コストで制作することが可能です。

効果測定を行うことでクオリティを高められる

動画で配信した宣伝はインプレッション数(広告の表示回数)、再生時間、クリック回数など、出稿先の媒体で視聴したユーザーの行動を定量的に計測することができます。

例えば、配信した動画の実績を見て、ユーザーの多くが同じ視聴時間で離脱していることがわかったとします。この場合、離脱箇所に何らかの原因があると考えられるため、その部分に修正を施すことで、ユーザーが離脱しにくい動画へと改善していくことができます。

自社サービスや商品の集客につなげるため、出稿後に効果的なPDCAサイクルを回すことで、離脱率が低く、反響の高いクオリティの動画へと仕上げていくことができます。

動画の拡散で予想外の効果を生み出す可能性がある

YouTubeやTwitter、Instagramなどで目に入った動画をつい最後まで見てしまったという経験があるという方も少なくないでしょう。

この延長線上にあるのが動画の爆発的な拡散、いわゆる「バズる」という現象です。

株式会社hashoutは「動画・画像投稿の平均エンゲージメント数調査」を実施し、250万ものInstagram投稿を対象としてエンゲージメント率を分析しました。

Instagramエンゲージメント

※引用:株式会社hashout│動画・画像投稿の平均エンゲージメント数調査

その結果、動画の方が静止画よりも約3倍「いいね」を獲得していたことがわかっています。動画に興味を持つ方が多いということは、その分バズりやすい(拡散されやすい)ということにも繋がります。

動画がユーザーの心に刺さる内容であれば、自社が予想していた集客効果を凌駕する拡散力で、爆発的な効果を発揮する可能性があるのです。

バズった事例として、資生堂が配信したメイクの動画広告があります。

引用:High School Girl? メーク女子高生のヒミツ (The Secret of High School Girls)

放課後の女子高生の様子を映したものでしたが、女子高生として出演していた方達が全て男性であることが最後に知らされます。

この動画は、視聴者の想像を超える衝撃を与えたことで、爆発的に拡散されインターネットでも「バズった動画」として紹介されています。

このように意外性の高い動画や心に訴えかけるようなストーリーの動画は、予想を上回る拡散を生む可能性があるのです。

動画による集客を成功させる3つのコツ

動画は集客に有効な手段ですが、ただ作るだけでは本来の効果やメリットを得ることはできません。

本章では、動画による集客を成功させるための3つのコツを紹介します。

  • ターゲットを明確化し出稿先のプラットフォームを見極める
  • 中長期的な目線で集客を見込む
  • ノウハウを蓄積した動画広告制作会社に依頼する

※別記事「動画広告の作り方|はじめての動画制作で抑えておきたい5つのステップ」では、はじめての動画制作を経験するという担当者の方に向けた内容を詳しく解説しています。併せてご覧ください。

ターゲットを明確化し配信先のプラットフォームを見極める

動画による集客で最も大事なのが、ターゲットの明確化と配信先プラットフォームの選定です。

プラットフォームの選定

自社の動画を誰に対して発信し、どのプラットフォームに配信するかによって、効果は大きく異なります。

例えば、若い女性がターゲットであれば、20〜30代女性のユーザー割合が比較的高いInstagramが見込み顧客に動画を見てもらうために有効な配信先だと仮説を立てられるでしょう。

プラットフォームごとに動画の長さや縦横比などフォーマットが異なるため、あらかじめ配信先を決めておくことでスムーズに動画制作に入ることができます。

また、動画広告を出稿するのであれば、ターゲティングの方法もチェックすべきです。YouTubeなら、登録情報や検索履歴をもとにした「オーディエンスターゲティング」や広告の表示場所を指定する「コンテンツターゲティング」という技術を使用できます。

自社商品のユーザーにおいて10代と20代が80%を占めることを踏まえて「YouTubeに20代の男性に向けた広告を配信したいという戦略」がある場合、これがターゲットとプラットフォームの両方からアプローチできるため、有効な戦略であることがわかります。

今回はとても単純なターゲティングを例として挙げましたが、ターゲットの明確化とプラットフォームの選定で、フォーマットに適した動画を制作することが集客に繋がります。

中長期的な目線で集客を見込む

動画による集客は中長期的な目線で成果を評価することが重要です。世界的に盛り上がりを見せていることや成功事例をよく目にすることから、効果の即効性を期待して導入する企業も少なくありません。

もちろん、動画で得られる成果が現れるスピードはクオリティやターゲティングなどの多くの要素によって異なります。

一方で興味関心のあるユーザーを広く集め、動画からのコンバージョンを実現させるのは、簡単なことではありません。

メリットの章でもお伝えしたように、動画は配信先の媒体でユーザーの動向を定量的に計測することができます。そのため、最初は成果が上がらなかった動画であっても、クリエイティブの改善によってクオリティと成果を高めることが可能です。

短期的な評価だけで「動画による集客が失敗した」と誤認することがないように、あらかじめ中長期的な戦略を持って挑みましょう。

ノウハウを蓄積した動画制作会社に依頼する

初めて動画を制作しようと考えている企業担当者の方は、正直どのような動画が成果を上げることができるのか、わからないのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、これまで数多くの動画を手掛けてノウハウを蓄積してきた、動画制作会社への依頼です。プロに制作を依頼することで、高いクオリティとマーケティング効果が期待できます。

また、出稿後の効果測定もパッケージ化して販売している会社もあることから、制作だけではなく、より一層クオリティの高い動画へと改善していくことが可能です。

※別記事「動画広告を制作会社に依頼するべき4つの理由と企業の選び方について解説」では動画を制作会社に依頼することについて詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

 

もしもこの記事をお読みの方の中に動画クリエイティブの勝ちパターンを知りたい方がいらっしゃいましたら、ぜひ「動画を活用したWeb広告改善のご提案」の資料をご覧ください。この資料では、8,000本以上の動画を制作してきたKaizen Platformが提供する動画広告クリエイティブでの勝ちパターンを決める3要素について解説しています。資料は無料です。ぜひクリエイティブ向上のヒントにしてください。


資料をダウンロードする >>

 

まとめ|動画による集客でマーケティングを成功に導く

今回は、動画による集客について詳しく解説しました。結論として動画の活用は、市場規模の拡大や潜在的な印象の高さから、効果的な集客効果が認められます。

効果やメリットを踏まえ自社を宣伝する方法の1つとして、動画に興味が沸いてきたという広告宣伝担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事が、これから動画による集客を導入するきっかけとなれば幸いです。

動画制作のノウハウや経験がないという方は、1万人以上のクリエイターのネットワークで、クオリティの高いクリエイティブを制作できる、「KAIZEN VIDEO」の活用をご検討ください。

広告動画クリエイティブ制作プラットフォーム「KAIZEN Ad」

動画広告を検討しはじめたけど自社にノウハウがない…また動画を作りたいけど制作のリソースがない…とお困りではありませんか?そのような時はぜひ「KAIZEN Ad」の活用をご検討ください。

「KAIZEN Ad」とは、デジタルを活用した『顧客体験(UX)の改善』により、クライアントの事業成長を支援するKaizen Platformが提供する、広告動画クリエイティブ制作プラットフォームです。

「KAIZEN Ad」には以下の特徴があります。

  • Facebook、Instagram、YouTube、Amazonの公式パートナーとして世界的に高い評価を獲得
  • 制作から効果測定までを一気通貫して行うため、構成、コピー、表現の勝ちパターンをすぐに見つけることができる
  • 事業グロース支援を出自とするKaizen Platformだからこそ、「成果のカイゼン」に向けた動画活用の提案が可能
  • 独自のプラットフォームと1万人以上のクリエイターのネットワークを活用し、これまでに8,000本以上の動画を制作

まずは、「勝てる動画広告制作に向けた広告運用の課題とソリューション」がわかる資料を無料で読んでみましょう。

thum_B


まずは無料資料をダウンロード

 

Kaizen Platformのコラムを定期購読する(月1回)

関連記事

記事一覧へ戻る