動画広告を制作会社に依頼するべき4つの理由と企業の選び方について解説
2021/02/19 (Fri)
動画広告を制作会社に依頼するべき4つの理由と企業の選び方について解説
Kaizen 編集部

著者: Kaizen 編集部

shutterstock_1472743202

あなたや家族、友人、職場の同僚は、普段の生活でどれくらい動画を視聴しているでしょうか。

スマートフォン動画視聴
※引用:
ニールセンデジタル株式会社

ニールセンデジタル株式会社が実施した『スマートフォンでの「ビデオ/映画」カテゴリー1人あたり月間利用時間』調査では、利用時間が5年間で4倍に成長するなど、子供から高齢者まで、多くの人が日常的に動画を視聴しさまざまな情報を得ていることがわかります。

また、上記のような社会背景も後押しし、多くの人が気になる商品やサービスを調べる際に動画を活用するのが一般的となってきました。今や企業のマーケティング活動において動画広告はなくてはならない手法の一つとなっているのです。

ただ、自社の動画広告の制作を依頼したいと思っていても、「費用が高そう」「制作に時間がかかりそう」などの理由で、なかなか踏み出すことができないという企業担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、これから動画広告を制作したいと考えているマーケティング担当者のために、動画広告を制作会社に依頼する利点やおすすめの制作会社について詳しく解説します。

1.動画広告を制作会社に依頼すべき4つの理由

2.動画広告制作会社を選ぶ際に確認すべき3つのポイント

3.動画広告の事例多数。動画制作プラットフォーム「KAIZEN Ad」

4.5つのステップで動画広告を制作会社に依頼

まとめ|動画広告は制作会社への依頼がおすすめ!マーケティングで勝てる広告を制作しよう

1.動画広告を制作会社に依頼すべき4つの理由

動画広告は、制作や編集を専門で行っている制作会社に依頼するのが最も効果的です。

企業によっては、広告を自社制作している場合もあるかもしれませんが、動画広告を専門で取り扱う制作会社のクオリティやマーケティング効果に敵いません。

また、ノウハウが不足している状態で、付け焼き刃的に作成した動画広告は、自社商品やサービスのイメージ低下を招いてしまう場合もあるので注意が必要です。

1)クオリティの高い動画広告を制作してくれる

制作会社に外注すべき1つ目の理由は、クオリティの高い動画広告を制作してくれることです。

一概に質の高い動画といっても、視聴者の心を掴む演出が優れいているだけでは意味がなく、マーケティング効果が期待できてはじめてクオリティの高い動画広告と呼ぶことができます。

動画広告制作会社は、目標を達成するためのノウハウを熟知していることから、訴求したいポイント、企業好感度の醸成、商品・サービスの購入へと導く動画広告を作り出すことができるのです。

PDCAサイクルなどの広告最適化をサポートしてくれる

PCDAリサイクル動画広告は出稿後に効果測定を行い、クリエイティブの改善をはかることによって、さらに高いマーケティング効果を発揮することができます。制作会社に外注した動画広告なら、広告最適化サポートの対象となるため、自社制作よりも効果的に動画広告を運用していくことが可能です。

動画広告は出稿して終わりではなく、継続的な分析によって成功体験を蓄積し改善していくことが必要です。

動画広告制作会社では、積み重ねたノウハウに基づいた分析を行い、自社広告がさらに高いパフォーマンスを発揮するようサポートしてくれます。

2)人員や機材などリソース整備が必要ない

動画広告を外注することによって、自社制作で必要となる機材やソフトの整備、人員の整理が必要ありません。

自社制作する場合は、台本の制作や撮影、編集などの作業をするのに発生する人件費や人員整理、機材やソフトの整備が必要となりますが、これらにかかる費用を製作費として当てることで、よりクオリティの高い広告を依頼することができます。

3)費用対効果が高い

動画広告を外注する際には、制作費のみにだけ目が行きがちです。各制作会社では、動画の制作~出稿後のサポートまでパッケージ化されたサービスが数万円~数百万円で提供されています。

自社制作では、人件費や最新の機材購入などリソースへの投資が必要になります。

リソースへの投資は動画制作の一部に過ぎず、制作した動画広告がもたらす効果や出稿後のサポートを勘案すると、制作会社への依頼は、より高い費用対効果が期待できます。

動画の規模やクオリティによってかかる費用は異なりますが、動画広告の外注は高いコストパフォーマンスを発揮する可能性が高いと言えるでしょう。

2.動画広告制作会社を選ぶ際に確認すべき3つのポイント

動画広告の外注で、制作会社を選ぶ際に確認してほしいポイントは以下の3つです。

  • 制作会社の実績・制作事例
  • アフターフォロー・サポート内容
  • 費用とクオリティ、予想される費用対効果

自社の広告を一緒に制作するパートナーとしてふさわしいかを見極めるため、外注先の制作会社で失敗しないためにも、これらの項目について慎重に検討しましょう。

1)制作会社の実績・制作事例

「どのような実績・事例があり、どれくらい積極的に取り組んでいるか」は、外注先を決定するうえで最も重要な要素です。

動画広告需要の高まりから、今では数多くの企業が動画制作サービスを提供しています。

ただし、全ての企業が広告で効果を向上するための動画を制作できるわけではなく、得意不得意分野がある場合や制作する動画のイメージが担当者のイメージと異なることも少なくありません。

例えば、FacebookやInstagramなどさまざまなSNSから公式パートナーとして高い評価を得ているKaizen Adは、既存の動画広告やバナーを基にして広告効果の高い新たなクリエイティブを制作した実績を定量的な数値とともに公開しています。

サービスページ にて実際の動画広告と共に「転職意向度の高い層の含有率が130%上昇」、「CTR(クリック率)が検索広告に比べて約2倍に上昇」と記載されていることにより「動画広告における実績」の確認となります。

制作会社の実績・制作事例

外注先の選択で失敗しないためにも、Webサイトで実績・事例を確認したり、制作会社の担当者とのミーティングで熱意を感じ取ることを心がけましょう。

2)アフターフォロー・サポート内容

2つ目は、動画広告制作後のアフターフォローとサポート内容の確認です。

先ほどもお伝えした通り、動画広告は出稿して終わりではありません。出稿後は、制作した広告でさらに高い効果を発揮するために、効果測定に基づき最適化をはかる必要があります。

効果的なアフターフォローをしてくれる制作会社ほど、最終目標である広告効果の向上が見込めるので充実したアフターフォローがあるか否かは成功要因の1つです。

制作会社が提案するアフターフォローには以下のようなものがあります。

  • 動画広告の運用全般
  • 出稿後の効果測定・分析
  • 効果的な運用の提案
  • 動画の無料修正

この中でも、動画広告の運用全般をフォローしてくれる制作会社は広告効果を最大限発揮することに繋がるのでおすすめです。

このような制作会社は、高いノウハウと出稿後の数値の定点観測により最適な動画広告を制作する手助けをしてくれます。

自社の広告制作予算が許すなら、制作から運用まで一貫してサポートしてくれる企業を選ぶといいでしょう。

3)費用とサービス内容から予想される費用対効果

3つ目は、制作会社が提示する費用とサービス内容から予想される費用対効果の確認です。

これまで確認した、実績や事例、アフターフォローなどのサービス全体の内容と提示される費用を比較し、自社が希望する内容であるかや予想される費用対効果は適切かを判断します。

例えば、いくら格安でクオリティの高い動画広告を制作したとしても、出稿後のサポートや最適化がはかられないと、広告効果を向上することができません。

動画広告の制作を依頼するときの費用は、単に広告を作るだけではなく、徐々に効果的な広告に編集していくという観点からサービス全体を見ることが必要です。

目標達成するまでの過程を見据えた費用対効果の確認は必須事項と言えるでしょう。

次の項目では、本記事が厳選した動画広告制作会社を紹介します。

ここで紹介する企業は、制作~運用まで一貫してサポートしてくれるパッケージを販売しているので、これまで広告制作をあまり経験したことがない担当者の方でも、マーケテイングで成功するための動画広告を制作することができるはずです。

3.動画広告の事例多数。動画制作プラットフォーム「KAIZEN Ad」

動画広告の事例多数。動画制作プラットフォーム「KAIZEN Ad」

※参照元:Kaizen Ad │ KAIZEN PLATFORM

KAIZEN AdはKAIZEN PLATFORMが手掛ける事業の1つで、「早い・安い・高品質」を掲げた動画制作プラットフォームです。

10,000人ものクリエイターネットワークをもとに、スピーディーかつ安価な動画広告を制作しています。

YouTube│楽天証券広告

※引用:YouTube│楽天証券広告

動画広告制作実績も多く、大手証券会社の「楽天証券」や家電量販店チェーン「株式会社ノジマ」など、実際に効果を上げている企業も豊富です。

【特徴】

  • Facebook、Instagram、YouTubeなど、さまざまなSNSからパートナー企業に認定
  • KAIZEN Adならではのスピーディーな制作と高速PDCAサイクル
  • バナーやチラシ、記事など既存の広告を有効活用して動画広告を作成可能

【料金・納期】

  • 通常の動画制作5万円~
  • ナレーション付き動画制作7万5千円~
  • 通常依頼から5営業日で納品

初心者におすすめしたい動画広告制作サービス「KAIZEN Ad

動画広告の制作は私たちKAIZEN PLATFORMにお任せください。動画制作は5万円~最短5営業日に納品させていただきます。制作に関するお見積もりやご相談などお気軽にお問い合わせください。

KAIZEN Adに問い合わせる >>

4.5つのステップで動画広告を制作会社に依頼

最後に動画広告を制作会社に依頼する準備~広告配信までの流れを確認していきます。

あらかじめ制作フローを知っておくだけで、余裕を持って進めることができるだけでなく、制作会社ともスムーズなやり取りが可能となるはずです。

以下の5つのステップに沿って制作していくことになりますので、自社広告依頼時の参考にしてください。

  • ステップ1:依頼前に必要な情報を整理する
  • ステップ2:ヒアリング・制作指示書の提出
  • ステップ3:動画制作会社からの提案・見積
  • ステップ4:広告制作・修正
  • ステップ5:希望する配信先へ発信

ステップ1:依頼前に必要な情報を整理する

依頼前に必要な情報を整理する広告を打ち出したい商品やサービスを一番良く知っているのは、担当者自身です。依頼前には、必要な情報を整理して制作会社に共有することで、より効率的に動画制作に移ることができます。

「誰に、何を伝えることで、何を成し遂げたいか」という考えを基に、依頼前に必要な情報として最低限以下の6点をまとめておきましょう。

  • 広告の目的
  • ターゲット
  • 伝えたいメッセージ
  • 配信先の媒体
  • 予算
  • 納期

ステップ2:ヒアリング・制作指示書の提出

ヒアリング広告依頼の準備が完了し、制作会社への申し込みが完了したら、事前に準備した情報や基本方針、細かな要望などを制作会社に伝えることになります。制作会社とのヒアリングや制作指示書の提出によって、お互いのイメージを深くすり合わせましょう。

ステップ3:動画制作会社からの提案・見積

提案・見積制作会社とのヒアリングや制作指示書の内容を基に、制作会社から動画のイメージや見積、納期の提示がなされます。

ここでは、提案された内容に固執することなく、自分の動画イメージとの相違や制作会社側が意図したマーケティング上の視点など、広い考えを持って積極的に議論しましょう。

また、この時点で全体像を見た費用対効果を判断する必要があります。

ステップ4:広告制作・修正

制作会社からの提案に同意し契約を結ぶことによって、動画広告の制作・編集ターンへ移行します。

動画の内容やクオリティによって納期は異なるので、動画広告が完成するまで待ちましょう。

広告が完成すると、配信前のチェックに入ります。誤字脱字はもちろん、ナレーションやBGMなど細かな点を確認し、修正点があれば制作会社に伝えてください。

ステップ5:希望する配信媒体への発信

配信媒体へ発信完成した動画広告が納品されると、希望する配信媒体へ広告を発信することができます。

広告の配信先は、「YouTube」「Facebook」「Instagram」「Twitter」「LINE」などさまざまです。

制作会社への依頼ステップをご理解いただけたでしょうか。とはいえ、実際に動画広告を制作しようとすると、依頼準備や制作指示だけで多くの時間と労力を要します。

動画広告で大変な『発注』『配信』『運営』を一手に引き受けてくれるサービスが「KAIZEN Ad」です。

KAIZEN Adなら、従来の発注という大変な業務を管理画面から容易に実行することができます。効果的なクリエイティブを制作するアイデアも全世界10,000人規模のクリエイターがサポートしてくれるので安心です。

KAIZEN Adに問い合わせる >>

 

まとめ|動画広告は制作会社への依頼がおすすめ!マーケティングで勝てる広告を制作しよう

これから動画広告を制作するなら、広告制作のプロに依頼するのがおすすめです。

動画広告を制作会社に依頼する利点について、もう一度確認します。

  • 高いクオリティの動画広告を制作してくれる
  • PDCAサイクルなどの広告最適化をサポートしてくれる
  • 人員や機材の整備が必要ない
  • 費用対効果が高い

今後、動画広告市場が伸びていくことは明らかです。マーケティングで成功を収めるためにも、費用対効果の高いプロへの依頼を考えてみてはいかがでしょうか。

広告動画クリエイティブ制作プラットフォーム「KAIZEN Ad」

動画広告を検討しはじめたけど自社にノウハウがない…また動画を作りたいけど制作のリソースがない…とお困りではありませんか?そのような時はぜひ「KAIZEN Ad」の活用をご検討ください。

「KAIZEN Ad」とは、デジタルを活用した『顧客体験(UX)の改善』により、クライアントの事業成長を支援するKaizen Platformが提供する、広告動画クリエイティブ制作プラットフォームです。

「KAIZEN Ad」には以下の特徴があります。

  • Facebook、Instagram、YouTube、Amazonの公式パートナーとして世界的に高い評価を獲得
  • 制作から効果測定までを一気通貫して行うため、構成、コピー、表現の勝ちパターンをすぐに見つけることができる
  • 事業グロース支援を出自とするKaizen Platformだからこそ、「成果のカイゼン」に向けた動画活用の提案が可能
  • 独自のプラットフォームと1万人以上のクリエイターのネットワークを活用し、これまでに8,000本以上の動画を制作

まずは、「勝てる動画広告制作に向けた広告運用の課題とソリューション」がわかる資料を無料で読んでみましょう。

thum_B


まずは無料資料をダウンロード

 

Kaizen Platformのコラムを定期購読する(月1回)

関連記事

記事一覧へ戻る