2021/02/04 (Thu)
動画広告の導入を検討する前に読みたい、企業の成功事例10選
Kaizen 編集部

著者: Kaizen 編集部

全世界の月間利用者数が20億人を突破し今もなお爆発的にユーザーを増やし続けているYouTubeを筆頭に、動画広告市場は急速な成長をし続けています。

2023年には市場規模が5,065億円にものぼると予測されている他、5Gの普及により通信速度が4Gの20倍になるなど、動画の視聴は私たちの生活とより一層密接になることが予想されます。

企業のマーケティング活動において「動画の活用」が無くてはならない存在となる日もそう遠くない未来でしょう。

一方で、そうは言われても何からはじめて良いのかが分からない...そもそも成果が出るのかどうか...、と悩んでいる方も多くいらっしゃるはずです。

そのため今回の記事では、実際に動画広告の運用に成功した企業事例をご紹介していきたいと思います。

事業課題に対してどのような施策を実行し成果を出してきたのか、をわかりやすく解説します。ぜひ本記事を参考にし動画広告を検討してみてください。

▼目次

1.New Balance|動画広告の活用でブランドリフトの向上に寄与。SNSに特化した動画広告をより低コストで実現。

2.楽天証券|静止画バナーを動画にすることで資料請求を大きく伸ばした好事例

3.Shop Japan|商品画像を動画広告に再編集することで、新規顧客獲得にかかるコストを130%改善

4.macaroni|記事を動画化したことでPV数は約2倍に。ページ滞在時間も15秒UP。

5.楽天トラベル|動画の活用前後で、Facebook広告のCV獲得が2倍に。

6.ワールド・ファミリー|Facebookの特性を活かし、Webサイト訪問率・CVともに増加。

7.イオントップバリュ|Twitterユーザーの年齢層に注目・活用したことで、新規顧客の獲得に成功

8.FURLA|Instagramの活用でメインターゲットであるファッションに興味のある女性から高いブランド想起率を獲得

9.フジボウアパレル|訴求内容を変えた4つの動画を用意し効果を検証。CPA削減やCV率増加に寄与

10.シャウエッセン|ツイートに動画広告を活用することで2万を超えるRTを獲得し、売上につながった好事例

まとめ|成功事例を参考に動画広告の導入を検討しよう

1.New Balance|動画広告の活用でブランドリフトの向上に寄与。SNSに特化した動画広告をより低コストで実現。

New Balance

※出典:New Balance

施策概要

株式会社ニューバランスジャパンは1988年に創立され、シューズからトレーニングウェア、ソックス、バッグなど様々な商品を売り出しており、あらゆる世代から支持されているメーカーです。

SNSなど媒体に合わせて動画の表示方法を最適化することで、ブランドリフトの向上に寄与しました。Instagramでは、Storiesの縦型フォーマットに最適化する画面分割などのテクニックを施しました。また、次のコンテンツに遷移されないようにカット割りを早くし動画をしっかりと視聴してもらうための工夫がされています。

ブランドリフトの向上につながった他、SNSに特化した動画制作を低コストで実現できた好事例です。

課題

・テレビCMやプロモーション用とは違う、SNSに特化した動画広告がない
・制作にかかるコストと時間をおさえたい

施策

・SNSの縦型フォーマットに最適化できるよう、画面分割やカット割りを工夫した

結果

・ブランドリフトの向上に寄与

動画URL

 

2.楽天証券|静止画バナーを動画にすることで資料請求を大きく伸ばした好事例

楽天証券

※出典:楽天証券

施策概要

楽天証券株式会社は、楽天グループのネット証券会社です。幅広い年齢層から支持されており、投資未経験の方にも充実したサポートを提供することで多くの人に利用されています。

もともと静止画のバナー広告を利用していましたが、その内容を動画化することで資料請求数を大きく伸ばした好事例です。文字の大きさや動きでユーザーの目に止まる工夫を施し、結果として、スマートニュースでの配信結果を300%、LINE広告での配信結果を200%を実現しました。

課題

・静止画バナー広告を利用していたが、思うように成果が上がらなかった

施策

・静止画を動画化することで、よりユーザーの目に止まりやすくなるように工夫した

結果

・資料請求数がUP
・スマートニュース、LINE広告での配信結果がそれぞれ300%、200%と増加

動画URL

 

3.Shop Japan|商品画像を動画広告に再編集することで、新規顧客獲得にかかるコストを130%改善

Shop Japan

※出典:Shop Japan

施策概要

商品画像を動画広告として再編集したことで、動画を最後まで視聴してもらえる割合が120%増加、新規顧客獲得にかかるコストを130%改善できました。

動画内では、同社の商品を活用して調理をすることで「簡単に料理ができる」ことをしっかりとアピールできています。

課題

・新規顧客の獲得
・広告にかかるコストをおさえたい

施策

・商品画像を動画化し、最後まで視聴してもらえるよう再編集

結果

・視聴完了の割合が120%増加
・新規顧客獲得にかかるコストを130%改善

動画URL

 

4.macaroni|記事を動画化したことでPV数は約2倍に。ページ滞在時間も15秒UP。

macaroni

※出典:macaroni

施策概要

通常の記事を動画化したことによりPV数が約2倍に。ユーザーのページ滞在時間は15秒も伸びました。さらに動画記事へのリアクションは通常の2倍となりました。

記事の重要なポイントを、あえて写真やテロップのみで表示することにより、ユーザー理解を深められた好事例と言えます。

課題

・通常の記事ではPV数に伸び悩みがあった

施策

・記事の内容を写真やテロップなどを利用して動画化

結果

・PV数、動画記事へのリアクションが通常の2倍
・ユーザーのページ滞在時間15秒増加

動画URL

 

5.楽天トラベル|動画の活用前後で、Facebook広告のCV獲得が2倍に。

楽天トラベル

※出典:楽天トラベル

施策概要

同社は、Facebook広告の配信量とCV獲得に伸び悩んでいました。季節に合わせた旅行の観光地紹介を画面分割やズームインなどのテクニックを活用することでユーザーに訴求したい内容をポイントを抑えて分かりやすく伝えることに成功。広告の配信前後でCV数が2倍となりました。

課題

・Facebook広告の配信量とCV数の伸び悩み

施策

・画面分割、ズームインなどのテクニックを活用し、訴求ポイントを適切に抑えた動画制作を実施

結果

・CV数が2倍

動画URL

6.ワールド・ファミリー|Facebookの特性を活かし、Webサイト訪問率・CVともに増加。

ワールド・ファミリー株式会社

※出典:ワールド・ファミリー株式会社

施策概要

ワールド・ファミリー株式会社は子供が楽しみながら英語を身に付けられることを目標に、子供向けの英語教材・サービスを提供している会社です。

新規顧客獲得を目的に、英語教材が当たるキャンペーンを実施。応募したユーザーにより高い興味関心を持ってもらえるよう、静止画と動画で商品の魅力を発信しました。その結果、Webサイトへの訪問増加率は19%増、WebサイトでのCVは2.4倍となりました。

課題

・新規顧客の獲得
・ブランド認知の向上

施策

・既存顧客の特徴を考え、類似ユーザーへの広告配信を実施。キャンペーンページへ誘導。

結果

・Webサイト訪問増加率は19%増加、CV数2.4倍に

参考URL

https://www.facebook.com/business/success/world-family

7.イオントップバリュ|Twitterユーザーの年齢層に注目・活用したことで、新規顧客の獲得に成功

イオントップバリュ

施策概要

既存客層の多くが、結婚や出産を終えた比較的高年齢の方でしたが、接点の少ない20代〜30代の若年層へのアプローチが必要だと考えていました。そこでターゲットへの最も適切なコミュニケーションツールとしてTwitterを選択し、キャンペーンツイートのRTによって商品が当たる仕掛けを施しました。

価格や売上を訴求ポイントの軸とした動画広告を制作し成果を上げた好事例といえます。

課題

・新規顧客の中でも若年層へのアプローチが必要

施策

・ターゲットとする年齢層から配信媒体としてTwitterを選択、動画広告を配信

結果

・新規顧客の獲得
・若年層への認知向上

参考URL

https://marketing.twitter.com/ja/success-stories/aeon

8.FURLA|Instagramの活用でメインターゲットであるファッションに興味のある女性から高いブランド想起率を獲得

FURLA

出典:FURLA

施策概要

18〜34歳の高級品やファッションに興味のある女性をターゲットとして定めていたため、広告を配信するツールとしてInstagramを採用しました。

スマホで見ることを想定した縦型フォーマットの使用や、強い印象を残すためにブランディングを前面に押し出すなどの工夫を施しました。これらの仕掛けにより、ターゲット層での広告想起率が19ポイント上昇させることに成功しました。

課題

・ターゲット層へ効果的なアプローチをしたい

施策

・SNSに特化させるため縦型フォーマットを使用し、ブランディングを前面に押し出した動画広告を制作

結果

・ターゲット層での広告想起率が19ポイント上昇
・好感度が3ポイント上昇

参考URL

https://business.instagram.com/success/furla/

9.フジボウアパレル|訴求内容を変えた4つの動画を用意し効果を検証。CPA削減やCV率増加に寄与

株式会社フジボウアパレル

施策概要

最も効果の高い訴求ポイントを探るために、4つの異なる訴求ポイントを据えた動画広告を制作し、その効果を検証しました。

その結果、CPAの削減やCV率増加につながり、どの訴求ポイントで最も成果を出すことができるのかを判断できています。また、Facebookの利点を活かしたランディングページへの誘導も工夫されています。

課題

・広告パフォーマンスの最大化

施策

・訴求ポイントの異なる4つの動画広告を制作、検証し、効果最大の動画クリエイティブを判断

結果

・CPAの削減
・CV率が増加

参考URL

https://ja-jp.facebook.com/1319742961447503/videos/637545057041752/

10.シャウエッセン|ツイートに動画広告を活用することで2万を超えるRTを獲得し、売上につながった好事例

シャウエッセン

施策概要

工食品、乳製品、健康食品など食に関するあらゆる分野で事業を展開している会社です。「購入者の高齢化」が課題となっていたため、若年層への効果的なアプローチの手段としてTwitterを選択しました。

ツイートに動画広告として長短編Webドラマを活用することで2万を超えるRT数で話題を呼びました。その結果、売り上げが約10%増加しました。

課題

・購入者の高齢化に伴って若年層へのアプローチが必要になった

施策

・若年層へのアプローチ手段としてTwitterを選択、RT機能を活用してバズを起こす長短編ドラマを制作

結果

・実際の売り上げが約10%増加

参考URL

https://marketing.twitter.com/ja/success-stories/nipponham

まとめ|成功事例を参考に動画広告の導入を検討しよう

今回の記事では、実際に動画広告の運用に成功した企業事例についてご紹介してきました。

それぞれの企業が動画広告導入時に、どのような課題を抱え、それをどう解決しようと試みたのか、また成果をあげた要因が何かなど、より明確にお分かりいただけたかと思います。

動画広告の成功事例を参考に、自社の課題解決にはどのような施策が必要になるのかを考えてみてください。以下5つを媒体資料を参考とし、掲載させていただきました。もしも2〜4の事例のURLがありましたらご共有をいただけますと幸いです。

 

広告動画クリエイティブ制作プラットフォーム「KAIZEN Ad」

動画広告を検討しはじめたけど自社にノウハウがない…また動画を作りたいけど制作のリソースがない…とお困りではありませんか?そのような時はぜひ「KAIZEN Ad」の活用をご検討ください。

「KAIZEN Ad」とは、デジタルを活用した『顧客体験(UX)の改善』により、クライアントの事業成長を支援するKaizen Platformが提供する、広告動画クリエイティブ制作プラットフォームです。

「KAIZEN Ad」には以下の特徴があります。

  • Facebook、Instagram、YouTube、Amazonの公式パートナーとして世界的に高い評価を獲得
  • 制作から効果測定までを一気通貫して行うため、構成、コピー、表現の勝ちパターンをすぐに見つけることができる
  • 事業グロース支援を出自とするKaizen Platformだからこそ、「成果のカイゼン」に向けた動画活用の提案が可能
  • 独自のプラットフォームと1万人以上のクリエイターのネットワークを活用し、これまでに8,000本以上の動画を制作

まずは、「勝てる動画広告制作に向けた広告運用の課題とソリューション」がわかる資料を無料で読んでみましょう。

thum_B


まずは無料資料をダウンロード

 

Kaizen Platformのコラムを定期購読する(月1回)

関連記事

記事一覧へ戻る