AppleのiOS14.5が普及してきた今、広告主・代理店がすべき対策とは!?
2021/07/16 (Fri)
AppleのiOS14.5が普及してきた今、広告主・代理店がすべき対策とは!?
Kaizen 編集部

著者: Kaizen 編集部

ios-software-engineer-vector

Appleが現地時間4月26日、iOS14.5をリリースして以降、日本でも全体の63%以上がiOS14.5のアップデートを済ませたと言われています(6月20日時点)。そんな状況において広告業界が今どのように変化しているのか、また今後の対策として何をすればいいのかをご紹介します。

”Webサイト改善”にお悩みはありませんか?

サイト改善に取り組みたいけど「自社にノウハウやリソースがない……」「DXってなにから始めれば良いの……?」といったお悩みはありませんか?そんなときは、WebサイトのUX改善を実現できる「KAIZEN ENGINE」の活用をご検討ください。特徴は以下のとおり。

    • タグを1行挿入するだけで導入可能。開発コストを大幅に削減
    • 既存システムに影響することなく分析・改善施策を実行でき、CVR(コンバージョンレート)の改善に貢献
    • DMPやCRMデータと柔軟に接続。より深い顧客理解が可能

これからDXに取り組まれる方や、Webサイト改善による事業成長を実現したい方へ、「KAIZEN ENGINE」の概要やこれまでの導入事例を掲載した資料をご用意しました。ぜひご一読ください。

まずは無料資料をダウンロード

▼目次

1. iOSのアップデート内容

2. 広告業界への影響

3. 今後広告主、代理店に求められること

4. Kaizen Platformのご紹介

1. iOSのアップデート内容

AppleはiOS 14.5でApp Tracking Transparency(ATT)というプライバシー機能を導入し「アプリが広告表示のためにユーザーの行動を追跡すること」が、ユーザーの許可制になりました。

↓Appleが公開しているプライバシーに関するCM

 

2018年、EUでGDPR(一般データ保護規則)が施行されたように、近年ユーザーのデータ取得に対する厳しい取り締まりが進んでいます。Google、Facebook等のターゲティング広告は今後さらに難しくなっていくことが予想されます。

2. 広告業界への影響

今回のiOS14.5がリリースされたことによって広告業界に実際にどうのような影響がでているのでしょうか。


iOSに対する広告費の減少

Singularのデータによると、ATTの導入により、iOSに対する企業の広告費は減少し続けているとのことです。

モバイル広告にて、2021年2月の1週目では、Androidに対する広告費は全体の56.16%、iOSに対する広告費は43.84%でほぼ半々でした。しかし、6月14日から20日までの1週間では、Androidに対する広告費が70.29%でiOSに対する広告費が29.71%となっています。

ios01

 

2021年2月1日時点でのiOSへの総広告費をベースに考えると、6月14日時点のiOSへの総広告費は「0.6(60%)」まで減少しています。

ios02

計測にも影響あり

ユーザーへのトラッキング(アプリ内での行動やエンゲージメントの取得)ができなることで、ターゲティングの精度が落ちることに加え、コンバージョンの計測も正確にできなくなると言われています。GoogleやFacebook広告にて正確なCPAでの運用が困難になること、さらには「成果を正しく計測する」ことが不可欠なアフィリエイト広告でも大きな影響が出てきています。

アフィリエイトへも影響か

アフィリエイト広告の多くが、3rd Party Cookieを利用してインターネットユーザーの行動を追跡しているため、3rd Party Cookieを全てブロックする機能が、アフィリエイトに深刻な影響をもたらすと言われています。

また、Safariに限らず多くのブラウザがプライバシー強化を徹底しており、現行のブラウザで最もメジャーといっても良いGoogle Chromeも3rd Party Cookieのサポートを打ち切ると公表しました。アフィリエイト広告を利用する方々は、今後の展開を注視し、新たな選択肢を模索する必要があるかもしれません。

 

3. 今後広告主、代理店に求められること

これまでマーケターにとって展開しやすかったリマーケティング広告など、CPAがコントロールしやすい方法で、上がり続ける売上目標を追うことが難しくなっています。その中で、 今後広告主、代理店に求められることをご紹介します。


クリエイティブへの投資

媒体でのターゲティング配信ができなくなくなる中で、広告配信において重要になってくるのが「クリエイティブ」です。

ios03クリエイティブに注力することで、ターゲティングができなくとも、ユーザーに対して高い反応率を維持することができます。そして、特に動画に注力することが今後さらに重要になってきます。

 

ios04

近年youtubeやtiktokなどの動画メディアが盛り上がりを見せる中、今後さらに動画広告市場が拡大されることが予想されます。静止画だけでは伝わらないものを、15秒程度の動画で伝えることでユーザーの反応率が大幅に改善されます。拡大していく動画広告の攻略を今から始めておくほうがいいでしょう。

サイト改善

Webサイトはデジタル施策の『ハブ』になります。広告/SEO/メルマガでも、流入後の
アクションはWebサイトで実施、つまり Webサイトの底上げは『施策全体』に効果を発揮します。

ios05加えて、リスティングやアフィリエイト等のフローの広告施策と違い、Webサイト強化は一度実施すれば効果は継続します。早期に最適化することで、以降その他施策の効果も底上げし続けます。

ios06

「灯台もと暗し」になりがちなサイト改善でCVRを上げておくことは今後さらに重要になるでしょう。

既存顧客のCRM強化

新規の獲得が困難になっていく中で「既存ユーザーをいかに離脱させないか」も大事になってきます。特にサブスクモデルのサービスの場合はいかにユーザーを解約させないかに最も注力し、売り上げを維持しているケースが増えてきています。

ios07ToB向けの商材であれば、既存顧客へのコンテンツを拡充させることも重要です。既存顧客に適したコンテンツを「作る」そしてちゃんと「届ける」仕組みを構築するだけで、大きく売上は飛躍します。

4. Kaizen Platformのご紹介

Kaizen Platformでは、今後のこの状況下で重要になってくる動画クリエイティブ、 UI/UX改善、DX推進全てをご支援しております。

 

動画クリエイティブ

動画広告を攻略するために必要な、効果改善を目指し1万本超を制作してきたノウハウ/主要媒体の公認パートナーとしてのナレッジ/1万人超のネットワークによりクリエイターのリソースを提供致します。

ios08Kaizen Platformではただ動画を制作するだけではなく、成果を出すことを目的とした提案が可能です。

ios09

 

UI/UX改善

サイトのUI/UX改善を実施する際によくある課題として以下3点が挙げられます。

①レガシーシステムの影響でWebサイトに触れない

②新たな取り組みに人が割けない

③知見不足で、正しい課題分析 & 施策実行ができない

ios10

Kaizen Platformではそれらを解決するべく専門家チームとマーケティングクラウドツールをご提供しております。

ios11

様々な企業様と取り組み、各社様に応じた最適な改善施策でプロジェクトを成功に導いています。

 

picture_pc_cb0cb9e8694757d8e0918dc5f6ea8e75Kaizen TEAMを活用して開発期間が1〜2ヶ月に!?「安全」「スピーディ」にサイト改修を実現した「セゾン自動車火災保険」のサイト施策を聞く

 

picture_pc_bb20c4e47d8aeb9801fea911c384b47a「『圧倒的データ量』『目利き力』『第三者の目』が決め手だった」。エン・ジャパンがKAIZENチームと組む理由

 

picture_pc_b20ff45fda5a51b34b4b3dc01131f2c7地道な検証サイクルが成果に繋がる。電子書籍ストアならではの作品との出合いを届ける「BookLive!」

 

営業DX

会社のトップセールスを動画化/コンテンツ化することで、提案レベルの標準化、顧客への一斉配信、さらには顧客社内での動画拡散が期待できます。

ios12

また、ただ動画を送るだけではなく、動画にヒアリングを装着 → 簡単配信 → 『視聴有無や顧客反応』をデータ把握できるツールをご提供致します。

ios13

まずは、Kaizen Platformのソリューション・活用メリットがわかる資料を無料で読んでみましょう。

 

Kaizen Platformのソリューション・活用メリットがわかる資料

banner-1  20210621_banner_800× 400-1

 

Kaizen Platformのコラムを定期購読する(月1回)

関連記事

記事一覧へ戻る