WEBサイト更新に時間がかかりすぎる問題の解決策とは?
2021/05/20 (Thu)
WEBサイト更新に時間がかかりすぎる問題の解決策とは?
Kaizen 編集部

著者: Kaizen 編集部

UX

website-under-construction-illustration-vector

企業におけるWEBサイトはが単なる情報発信の場ではなく、対面営業に置き換わると言っても過言では無いリアルに比する重要な顧客獲得営業の場になりつつあります。今回は、スピーディにWEBサイト改善やリニューアルを実施するにあたり、ハードルとなる事象とその解決法、の更新に関する時短術について解説します。

 

▼ 目次

コンテンツの更新に時間がかかり、機会損失が発生してしまう現実

社内に優秀な人材がいることがベストだが…

最適なWEB構築と更新を実現するために

コンテンツの更新に時間がかかり、機会損失が発生してしまう現実

現在、市場環境の変化は速度を増しています。コロナ禍の影響もありますが、これほどテレワークの導入が進むことが二年前に予想できたでしょうか。それに伴って購買行動も変化し、従来、店に行く、あるいは担当者が企業を訪問していたものが、通信販売、ネットを介したオンラインでのコミュニケーションに置き換わってきています。

 

オンラインでのコミュニケーションの中心となるのは、紛れもなくWEBサイトです。特にコロナ禍の昨今、WEBサイトの重要性が飛躍的に増しています。しかも、顧客の要望、市場の変化、自社のサービスや製品の売上状況などに応じて、常にWEBサイトを最適化していかなければならないのです。

 

しかしながら、実際はWEBサイトの更新、改善においては、ノウハウの有無、リソースの問題、組織間の壁、そしてこれまで継ぎ足しで積み上げてきたレガシーシステムが大きな壁となり、思ったようには進みません。大規模な更新、あるいは全く新しいサイトの構築であれば、まるごと外注してしまうことも可能ですが、それ相応の時間はかかってしまいます。また、現状のサイトの更新、新サイトの更新では、すべて外注していると、担当者への連絡、スケジュール作成、更新内容の発注など、その手間隙は少なくありませんし、コンテンツを一つ追加するだけでも数週間以上かかっってしまうケースも少なくありません。

 

しかし、市場の変化の高速化、顧客サービスの充実、つまりUXの改善も高速化しなければ、顧客においていかれかねません。課題があれば一日でもはやく修正することが望まれます。ではどうすれば、WEB更新にかかる時間とリソースを節約できるのでしょうか。

社内に優秀な人材がいることがベストだが…

そこで考えられる対応策の一つが「WEBの内製化」です。たしかに外注先という関係者がいなくなるので、更新速度が速まる可能性はあります。しかし、それまで外注先が行っていた業務を社内で実行するには、「それが可能な人材」が必要です。社内にいれば問題はないのですが、いない場合は新たに採用するか、社内の人材を育成する必要があります。そこにかかる時間とコストも課題になってしまいます。そのためには、専門知識、ノウハウ、スキルが専門家レベルに達していなくても、必要十分なWEBサイトの管理、更新ができるようなツールの導入も必要になるでしょう。

 

そこで、優秀な人材がまるで社内にいるかのような、そのときに応じた最適の人材を確保する事が出きればどうでしょう。一人、専門人材を採用するよりも、効率的で状況に応じた技能を持った人材を確保できるとすれば、大きく社内のリソースを節約し、スピーディなWEBの更新、回収を可能にするでしょう。

それを実現するのが、KAIZEN TEAMです。KAIZEN TEAMでは10000人以上のスペシャリストのネットワークを有し、ニーズに応じた人材を活用したチームを構成、御社のWEBサイトの構築、改修、更新を担っていきます。その時時のニーズに合わせた人材を用意することが可能なので、一人の優秀な人材を採用するよりも、効率的に最適な人材の確保が可能です。

最適なWEB構築と更新を実現するために

人材の問題以外に、WEBの最適化に時間がかかる要因としてあげられるのは、「正解がわからない」ことも挙げられます。どう改修すればいいのか、どのように更新していけばいいのか、実際に作業を行い、顧客の行動を確認するまではわからないのです。WEBサイトのKPIとしてCVR、CVを設定することは多いのですが、WACULテクノロジー&マーケティングラボの調査では、WEBサイト改善を行った企業のうち、70%もの企業が「CVR/CVの何れも改善しなかった」と回答しています。さらに効果が見られた企業と見られなかった企業を比較した結果、表層的な改善にとどまった企業のほとんどは改善が見られず、構造的な改善を行った企業では改善の効果が見られたそうです。場当たり的にデザインを変更するなどの改修は効果がないといえます。

 img3

※出典:https://wacul.co.jp/lab/renewal-improvement/

 

また、サイト改善にあたってはレガシーシステムとの連携も欠かせません。一方でレガシーシステムの変更は工数もかかるうえに、変更してしまうともとに戻すことも困難です。つまり、失敗のリスクが高まります。容易に試行錯誤ができないと言えます。

 

例えば、KAIZEN ENGINEを活用すれば、高速でA/Bテストを行い、その結果をWEBの改修、更新に反映することができます。そのおかげで、的はずれな更新をして時間とリソースを無駄にすることはなくなるでしょう。またKAIZEN ENGINEではタグを埋め込んだWEBサイトを容易に更新できます。日常的にWEBサイトのアクセス状況、KPIの管理も可能なので、変化が早い市場に対しても適切に対応できるでしょう。

 

新たな人材採用、また既存の人的リソースに負荷をかけて、これらの課題を一時的に解決することはできるかもしれません。しかし、それは属人化を招きます。さらに言えば、離職リスクを高めることにもなりかねません。省力化して、WEBの管理更新を高速化するためには、さまざまなサービスを活用することが重要です。さらには、社内体制の変化も求められる可能性があります。そのためには、経営陣の意識変革が必要なのかもしれません。

 

UX向上における、「よくある課題と対策」について、下記「UXに関するおすすめ記事」にまとめています。合わせてご覧ください。

UXに関するおすすめ記事

4047230_m

いまさら聞けない「DX」の本当の意味。DX成功の鍵は「UX」にある!

 

free-flat-website-template-vector-background

非対面顧客獲得に欠かせないWEBサイト、何をどこから改善すればいいのかわからない!優先順位の決め方とは?

事業成長の手詰まりをUXカイゼンで解決「KAIZEN TEAM×KAIZEN ENGINE」

 

  • 施策を打ちたくても、システム部の調整に時間がかかりすぎる
  • コンテンツをたくさん用意した自社サイトが、あまり見られていない
  • CVRを上げるためにリニューアルしたが、むしろ下がった

この様なお悩みはありませんか?

デジタルを活用した『顧客体験(UX)の改善』により、クライアントの事業成長を支援するKaizen Platformが提供す「KAIZEN TEAM」と「KAIZEN ENGINE」はサイト改善の壁である「レガシーシステム・人材不足」を解消するソリューションです。

まずは、「Webサイト改善を阻む3つの『壁』とKaizen Platformのソリューション・活用メリット」がわかる資料を無料で読んでみましょう。

まずは無料資料をダウンロード

 

Kaizen Platformのコラムを定期購読する(月1回)

関連記事

記事一覧へ戻る