5G時代到来で動画ビジネス・動画マーケティング・動画広告はどう変わる?
2020/02/15 (Sat)
5G時代到来で動画ビジネス・動画マーケティング・動画広告はどう変わる?
Kaizen 編集部

著者: Kaizen 編集部

rectangle_large_type_2_d4f1d4d840bb93526070088bde8afc49

 スマートフォンと4G(LTE)の普及により、現代は日常的に動画を視聴できる時代になりました。動画の普及は娯楽や宣伝広告、情報伝達の面で大きなメリットがあり、様々な場面で活用されています。

 

そんな中、2020年には、ついに次世代の移動通信システムである5Gのサービスが開始される予定です。
今回は5Gが到来した世界で、

  1. 動画ビジネス
  2. 動画マーケティング
  3. 動画広告

の3つの動画事業がどのように変化していくのかついてお話しします。

動画をビジネスに活かす方法

5G(第5世代移動通信システム)とは?導入の背景は?

5Gの特徴は?

5Gで動画ビジネスはどう変わる?

今後のトレンドとなる動画ビジネスとは?

5G時代の未来を見据えたKaizen Adで動画活用を

動画をビジネスに活かす方法

5Gについて解説する前に、そもそも動画をビジネスに活用するにはどのような手段があるのでしょうか?

まずは、動画をビジネスで活かす手段として、下記3つを紹介します。

  • 動画広告
  • 商品紹介動画
  • 動画LP

動画広告

最近では見ない日がないと言っても過言ではないほど普及している動画広告。市場の伸びも著しく、サイバーエージェントが発表した、「2020年国内動画広告の市場調査」では、2020年の動画広告市場は2,954億円、2021年に3,889億円、2024年には6,856億円に達すると予測しています。

引用:サイバーエージェント社:「 動画広告市場推計・予測 <デバイス別>(2019年-2024年)

動画広告をビジネスで活用することにによる4つのメリットを紹介します。

1)多くの情報量を伝達可能

動画は、テキストや写真に比べると約5,000倍の情報量を持つといわれています。また、動画は音声も使って情報を伝達することが可能なため、他の広告に比べ非常に多くの情報量を伝えることができます。

2)短時間で情報を伝えられる

テキストや写真に比べ、動画は短時間での情報の伝達が可能です。ForresterResearchの「Dr.James McQuivey」によると、1分間の動画を文字で書き起こすと180万字相当必要とされており、これはWebページ3,600枚分に当たります。

広告は娯楽として自発的に見られるものではないため、長時間の閲覧が期待できません。動画であれば短時間で情報を伝えられるため、プロモーション手段として優れているといえます。

3)コンバージョンに繋がりやすい

Wamdaの「Ignoring video marketing? These 11 stats reveal why you shouldn't」の調査では、動画広告を用いることで下記のような効果があると発表しています。

  • 動画を観た46%の人は、それに関係する何らかのアクションを取る
  • 動画を見た64%の人が製品を購入する可能性が高くなる
  • 動画広告は、印刷物などよりも6倍の効果がある

これらの結果を見ても、動画は従来の手法と比較して、コンバージョンが高いアプローチ手法といえるでしょう。

4)SNSとの親和性が高い

SNSでは動画が盛んに投稿され、動画広告のネットワークサービスも増えているため、SNSと動画は非常に親和性が高いです。ユーザーの興味をひく動画を作成するとSNS上でシェアされ、広告であってもより多くのユーザーに動画を届けることができます。

▼関連記事

動画広告について詳しく知りたいという方は「動画市場の現状と動画広告を活用するべき理由とは?」にて併せてご覧ください。

商品紹介動画

商品紹介動画とは、サービスや商品をアニメーションや実演などのさまざまな形式を用いて紹介する動画のことを指します。

商品紹介に動画を用いれば、機能や仕組みが複雑なサービスやWebサービスなど無形商材でもわかりやすく紹介することが可能です。

商品紹介動画に動画を活用するメリットは下記が挙げられます。

  • サービスを疑似体験できる
  • 他媒体への二次利用ができる
  • 購入後の期待値のズレを減らすことができる

このように商品紹介動画を用いることでさまざまなメリットがあるので、活用することをおすすめします。

▼関連記事

商品紹介動画を詳しく知りたいという方は、「サービス紹介に動画を活用するメリットやポイントとは?」にて併せてご覧ください。

動画LP(ランディングページ)

LPに動画を導入することにも大きく分けて2つのメリットがあります。

  • ページ滞在時間が長くなる
  • 訪問ユーザーの行動を促す

1)ページ滞在時間が長くなる

ユーザーに動画を視聴してもらえれば、滞在時間が長くなり、商品についてより深い理解を促せます。

動画内で商品やサービスについて過不足なく解説し、興味・関心を喚起できれば、動画視聴後にLPの文章が読まれる可能性が高くなり、更なるページ滞在時間の増加が期待できます。

2)訪問ユーザーの行動を促す

AIMultipleの発表で、ユーザーの58%はLPに動画が挿入されているページを信頼する傾向にあり、ユーザーの59%はLP内にあるビデオを視聴します。

さらに、動画を視聴したユーザーは視聴していないユーザーに比べコンバージョンに至る可能性が1.7倍高くなるとのことです。

もし、現状のLPでコンバージョンが取れていないとお悩みであれば、動画を挿入してみることをおすすめします。

▼関連記事

動画LPについて詳しく知りたいという方は、「動画マーケティングのメリットから見る動画LPの導入とポイント」を併せてご覧ください。

5G(第5世代移動通信システム)とは?導入の背景は?

picture_pc_955c6d50407bfcb16e5cf0e8f9ccf4e9

5G(第5世代移動通信システム)とは、携帯電話などに用いられる最新の通信規格です。

4Gの段階で、移動通信システムの通信速度は50Mbps~1Gbpsにまで達し、スマートフォンによる動画視聴やゲームプレイをストレスなく行うことが可能になりました。

5Gでは、通信速度の更なる高速化のみならず、IoT ( Internet of Things )への対応を想定した低遅延化と多接続への対応を実現しています。

2010年代はIoT技術が急速に普及し、電子機器の遠隔操作や車の自動運転などの実現が目前にまで迫ってきました。

また、4K/8K動画などの超大容量データも扱われるようになったため、IoTに対応しつつ4Gを超える通信速度を誇る通信システムが必要となってきたのです。

5Gの導入検討は2015年より行われており、2020年、ついに一般での使用が始まります。

5Gの特徴は?

picture_pc_cd624e052b3f6b0d4b8df23509e2df20

通信速度が早い

5世代目となる通信システムである5G最大の特徴は、なんといっても通信速度の速さでしょう。

5Gの最大通信速度は20Gbpsと、4Gの最大速度の20倍を誇ります。

圧倒的な通信速度により、今までは困難だった大容量データの送受信が可能となるため、特に容量の大きなデータを扱っていた動画産業やゲーム業界の更なる発展が期待できるでしょう。

さらに、動画を活用している産業においても、以下のような大きなメリットがあります。

・防犯:監視カメラの高解像度化による犯人の特定
・自動運転:運転以外の機能の追加
・医療:より高度な診断や遠隔での在宅治療

ストレスを感じない超低遅延

5Gでは通信の遅延がほぼなくなるのも大きな特徴です。

4Gでは最大で10msの遅延が発生していましたが、5Gでは最大1msと、10分の1にまで改善されています。

結果的にほぼリアルタイムの通信ができるようになり、自動運転や電子機器の遠隔操作における制御系などは大きな恩恵を受けることが可能です。

多数同時接続が可能

4Gでは、1㎢あたり10万デバイスの接続が限界だったのですが、5Gでは100万デバイスまで接続が可能です。

100万単位の多数同時接続が可能になったことにより、地域全体をEMSによって接続し、エコかつ便利な都市を目指すスマートシティ構想の実現がさらに近づきます。

スマートシティでは、ビッグデータの収集による電気供給の制御や、信号の操作などによる渋滞の緩和、救急への応用などが構想されており、より高度文明的な社会の実現のため5Gの技術が不可欠なのです。

5G時代の到来により、より高度文明的な社会がさらに近づくことでしょう。

5Gで動画ビジネスはどう変わる?

picture_pc_760618e349b3dd10d3b5db82c95f732a

スマホ動画はどう変わる?

5G時代の到来により、スマートフォンではより高解像度な動画の視聴ができるようになります。

4Gでは、HD画質の動画であればスムーズに視聴することができますが、4Kなどのデータが大容量の動画を視聴するのは困難です。

5Gのサービスが開始されることにより、4K/8Kのような高解像度の動画のストリーミング再生もスムーズに行えるようになり、より高次元な動画視聴が可能になることが期待できます。

また、動画視聴の際の使用電力量や通信コストが緩和されるため、通信制限の制約やバッテリーの消耗などに敏感になる必要がなくなり、より手軽に動画視聴が行うことが可能です。

動画のクオリティは格段に上がる?

5G時代の到来は動画のクオリティそのものにも大きな影響を及ぼします。

4K/8Kといった超高解像度かつ大容量の動画が、今までの何倍もの速さでダウンロードすることができるようになるため、より高画質な動画を日常的に楽しむことが可能です。

また、今までは60FPSだったフレーム数がさらに細かくなることも予想されており、想像を絶するほど滑らかな動画が制作可能になることが期待できます。

視聴者が動画に対してアクションを行うことができるインタラクティブ動画においても、今までのような遅延が解消され、よりストレスなく視聴することができるでしょう。

5GでSNSはどうなる?

TikTokやInstagram Storiesをはじめ、昨今ではSNSでも動画の利用が一般的になってきています。

5G時代が到来すると、非Wi-Fi環境での動画視聴が一般的に行われるようになることが期待できるため、SNSでのLIVE配信などがより日常的に行われるようになる可能性が高いです。

結果的に、より動画配信に特化した新世代のSNSが登場する可能性も充分に考えられ、新たなコミュニケーション手法が確立されることが予測できます。

今後のトレンドとなる動画ビジネスとは?

5Gの普及により動画広告の市場が拡大を続けるなか、動画ビジネス自体のトレンドに変化があります。

今後どのような動画広告がトレンドとなるかを紹介していきます。

1)短い動画広告

5Gにより動画広告がさらに普及すると考えられますが、ユーザーが動画広告に慣れてきたため、すぐにスキップしたり、広告をブロックしたりと自分たちの関心がある広告だけしか視聴しなくなる傾向になります

また、長い動画広告はユーザーにストレスを与える可能性が高く、短い動画広告の方が効果的と言われています。

International Advertising Bureau(IAB)の「Multiscreen Video Best Practices」では、10秒以下の動画が若い世代に効果的であると発表しました。

今後は、YouTubeのバンパー広告のように広告の長さが6秒以下に定められるような短い広告フォーマットが主流となることでしょう。

2)OTT広告

OTTとは「Over The Top(オーバー・ザ・トップ)」の頭文字をとったもので、インターネットを通じてコンテンツを届けるサービスです。

OTTの代表的なサービスとしては、Netflix(ネットフリックス)やHulu(フールー)、Amazonプライム(Prime)、YouTubeなど動画配信サイトを指します。

5Gの普及により、今までデータ量への懸念から限られた環境での利用になっていたOTTがさらに身近になり、利用者増加の後押しになると言われています。

OTTの視聴者が増えれば、その分動画広告の配信量が増えるため、今後のトレンドの1つと言われています。

3)360度動画

VR・ARを駆使した360度動画を用いることで、アクションを身近に感じる没入感をユーザーに体験させることができます。

360度動画は従来の形式の同じ動画よりも視聴する可能性が高く、magnifyre社の「360-Degree Video Case Study」によると、360度動画の方が平均視聴率が28.81%高いという結果になりました。

▼関連記事

別の動画ビジネスのトレンドを知りたいという方は、「【2020最新】動画広告のトレンド予測」で紹介してますので併せてご覧ください。

5G時代の未来を見据えたKaizen Adで動画活用を

画像7

5G時代の到来による動画ビジネス・動画マーケテイング・動画広告はの変化についてお話ししてきました。

5Gのサービスが開始されることで、動画はより身近なものとなり、事業での活用も当たり前のものとなることが予想されます。
特に動画広告については、低コスト・短納期で動画を量産し、PDCAを回すことが重要になるでしょう。

Kaizen Adでは、徹底的に手間を省いた発注システムと10,000人規模のクリエイターネットワークにより、低コスト・低短期での動画制作を実現しています。

広告動画クリエイティブ制作プラットフォーム「KAIZEN Ad」

動画広告を検討しはじめたけど自社にノウハウがない…また動画を作りたいけど制作のリソースがない…とお困りではありませんか?そのような時はぜひ「KAIZEN Ad」の活用をご検討ください。

「KAIZEN Ad」とは、デジタルを活用した『顧客体験(UX)の改善』により、クライアントの事業成長を支援するKaizen Platformが提供する、広告動画クリエイティブ制作プラットフォームです。

「KAIZEN Ad」には以下の特徴があります。

  • Facebook、Instagram、YouTube、Amazonの公式パートナーとして世界的に高い評価を獲得
  • 制作から効果測定までを一気通貫して行うため、構成、コピー、表現の勝ちパターンをすぐに見つけることができる
  • 事業グロース支援を出自とするKaizen Platformだからこそ、「成果のカイゼン」に向けた動画活用の提案が可能
  • 独自のプラットフォームと1万人以上のクリエイターのネットワークを活用し、これまでに8,000本以上の動画を制作

まずは、「勝てる動画広告制作に向けた広告運用の課題とソリューション」がわかる資料を無料で読んでみましょう。

thum_B


まずは無料資料をダウンロード

 

Kaizen Platformのコラムを定期購読する(月1回)

関連記事

記事一覧へ戻る