プレロール広告の効果的な活用方法とは
2020/01/27 (Mon)
プレロール広告の効果的な活用方法とは
Kaizen 編集部

著者: Kaizen 編集部

rectangle_large_type_2_06bd1c53b854ff3785d60182381fd9e6

YouTubeを筆頭に動画広告プラットフォームは非常に盛り上がっています。その動画広告の中でも主流となっているのが「プレロール広告」です。プレロール広告の活用のコツを知ることで、よりマーケティングの成果も出やすくなります。

これから動画広告を運用し始める方や、運用しはじめたばかりという方は、ぜひ参考にしてみてください。

プレロール広告とは

picture_pc_cacf5fa91299ea101b6e01ca916e72c5

プレロール広告の概要
プレロール広告とは、動画が再生される前に挿入される動画広告の種類の一つです。イメージしやすいものでいうと、YouTubeで動画を観る時に差し込まれる動画広告があります。

同様に動画広告の再生時に差し込まれるものとしては、動画の再生途中に再生されるミッドロール広告、動画視聴完了時に再生されるポストロール広告があります。
動画サイトで使用されている種類の割合としては、プレロール広告が8割程度で主流な広告手法とされています。

プレロール広告の種類
プレロール広告には、「スキッパブル広告」「完全視聴型広告」「バンパー広告」の3種類があります。

スキッパブル広告
スキッパブル広告は、ユーザーが一定時間(5秒以上が一般的)視聴すると、スキップすることができる動画広告です。動画広告の長さは15〜30秒程度が一般的です。
課金形態は、ユーザーが動画広告を30秒視聴した場合や、最後まで視聴完了した場合、ユーザーによるタイトルクリックがおこなわれた場合があります。

完全視聴型広告
完全視聴型広告は、ユーザーが動画をスキップすることができない動画広告です。完全視聴型広告の動画広告の長さは15秒以内が一般的です。ユーザーがスキップできないため、他の動画広告に比べて比較的短い長さが推奨されています。
課金形態は、ユーザーが動画を完全視聴した場合があります。

バンパー広告
バンパー広告は、完全視聴型広告と同様でユーザーが動画をスキップすることができない動画広告で、再生時間が6秒間と短いのが特徴です。スマートフォンなどのモバイル向けに特化した動画広告の形態です。
課金形態は、インプレッション課金で1,000回表示するたびに費用が発生する仕組みとなっています。

プレロール広告の活用のコツ

picture_pc_4e2fdc67c44084c37d945d07246be9df

プレロール広告のコツについていくつかご紹介していきます。

ターゲティングをおこなう
プレロール広告のうち、スキッパブル広告はその名の通り動画の途中でスキップがおこなえます。動画広告はおよそ6割以上の視聴者が動画をスキップをするといわれています。残りの4割の視聴者がスキップしない理由はの一つに「自分の趣味や趣向に合っている」という回答があり、ターゲティングをおこなうことで興味を持って動画を見続けてもらうことができます。
例えばYouTubeで動画広告を配信する場合、下記のようなターゲティングを設定することができます。できるだけ詳細に設定をおこなうことで、より効果の高い動画広告を運用することができます。

picture_pc_19b7e9f2556d86fd0c8bccba9e78e13b

最初の5秒で興味を引く
プレロール広告でスキップできる動画広告は、最初の5秒で視聴者の興味をひいて、動画を見続けてもらうことが重要です。

動画を見続けてもらう手法は、「違和感を感じさせる」「自分に向けられた動画と感じさせる」「早い展開にする」「ストーリー性をもたせる」など、実にさまざま。
例えば「自分に向けられた動画と感じさせる」ためには、「年齢肌にお困りのあなたへ」「子育て中のママ必見」などのフレーズを冒頭に入れてあげることで、その属性の視聴者は自分に向けられた動画と感じることができます。

ユーザーに広告を見るかどうかが委ねられているので、なるべく早くアテンションを取る必要があるといえます。

音を最大限に活用する
動画配信プラットフォームでない場合は無音での再生が想定されますが、YouTubeの場合は動画を見ようと思っている視聴者が再生しているため基本的に音がある状態での再生となります。そのため、音を最大限に活用した演出にするとよいでしょう。
字幕を入れている動画の場合はそれに合わせてナレーションを入れることで、視覚的と聴覚的にアプローチできるため、より記憶に残りやすくなります。
また、映像の切り替えの早い動画であればアップテンポにすることで、視聴者もぐっと引き込まれて最後まで視聴してもらえる可能性が高まります。

最適なCTAを設置する
YouTubeのCTA表示オプションでは、動画再生中の画面や終了画面に次の行動を促すCTAを設置することができます。CTAのフレーズは「見積もり」「今すぐ予約」「登録」など目的に合わせてコピーをカスタマイズすることができます。
視聴者がCTAをクリックすると、設定した遷移先(ウェブサイトやアプリのダウンロード画面など)に遷移させることができます。視聴者のニーズに合わせたコピーと遷移先を設定することで効果を最大化できます。

複数のクリエイティブでテストをおこなう
動画広告をおこなううえで動画のクリエイティブを制作しますが、できるだけ複数のクリエイティブを用意してテストをおこなうようにしましょう。クリエイティブを変えるだけで、完全視聴率やCTAのクリック率が上がる場合があります。
複数のクリエイティブを制作する場合は、訴求別やキャッチコピー別に動画を制作するなど何かしらの仮説を持って制作をするようにしましょう。仮説を持たずにただクリエイティブを制作してしまうと、検証をおこなう際に何が良かったのかを振り返るのが難しくなってしまいます。

複数のクリエイティブを用意するにはコストや時間もかかってしまうと思われがちです。しかし、Kaizen Adであれば速く、安く、簡単に動画を制作することができます。
例えばチラシやLPなどがあれば、それを基に動画を制作することができるので、コストを低めに制作することが可能です。

まとめ

picture_pc_b19d5c162ad490548a936e61380db639

プレロール広告には、スキップが可能な「スキッパブル広告」とスキップができない「完全視聴型広告」「バンパー広告」があります。それぞれの動画の長さや課金形態も異なるので、注意が必要です。
それぞれの広告形態に最適な工夫をおこなうことで、動画広告の効果を最大化していきましょう。

広告動画クリエイティブ制作プラットフォーム「KAIZEN Ad」

動画広告を検討しはじめたけど自社にノウハウがない…また動画を作りたいけど制作のリソースがない…とお困りではありませんか?そのような時はぜひ「KAIZEN Ad」の活用をご検討ください。

「KAIZEN Ad」とは、デジタルを活用した『顧客体験(UX)の改善』により、クライアントの事業成長を支援するKaizen Platformが提供する、広告動画クリエイティブ制作プラットフォームです。

「KAIZEN Ad」には以下の特徴があります。

  • Facebook、Instagram、YouTube、Amazonの公式パートナーとして世界的に高い評価を獲得
  • 制作から効果測定までを一気通貫して行うため、構成、コピー、表現の勝ちパターンをすぐに見つけることができる
  • 事業グロース支援を出自とするKaizen Platformだからこそ、「成果のカイゼン」に向けた動画活用の提案が可能
  • 独自のプラットフォームと1万人以上のクリエイターのネットワークを活用し、これまでに8,000本以上の動画を制作

まずは、「勝てる動画広告制作に向けた広告運用の課題とソリューション」がわかる資料を無料で読んでみましょう。

thum_B


まずは無料資料をダウンロード

 

Kaizen Platformのコラムを定期購読する(月1回)

関連記事

記事一覧へ戻る