2021/07/14 (Wed)
アプリで動画広告を自社で配信する際の8つのステップを詳しく解説
Kaizen 編集部

著者: Kaizen 編集部

shutterstock_1680796507

アプリを開けば目にしない日はないほど広く普及してきたアプリ動画広告。

動画広告を採用する企業は増えていますが、アドテクノロジーの発達により仕組みも複雑化、配信事業者も増え、ますます理解が難解となっていっています。

仕組みの理解に苦しんだり、どの配信手法が良いのか分からなかったり、なかなか思うように進められず悩む方は非常に多いです。

ただし、動画広告市場は急成長を続け更に5Gに移行することでスピード感は増すことでしょう。また静止画広告と比べより多くの情報量を伝達できることはもちろん、アプリ動画広告には自由度の高い広告フォーマットやリーチの広さといった魅力があります。

さまざまな魅力のある動画広告に興味を持ち、「導入したい」「出稿までできるようになりたい」という方のために本記事ではアプリ動画広告の特徴から出稿までの流れを説明します。

▼ 目次

1.アプリ動画広告とは

2.アプリ動画広告の種類

3.アプリ動画広告を出稿する2つの方法

4.自社で配信を開始するまでの8つのステップ

5.動画クリエイティブ外注時の依頼先と注意点

6.まとめ|アプリ動画広告で効果を最大化する4つのポイント

アプリ動画広告とは

アプリ動画広告とは、アプリ内にさまざまなな形で出てくる動画広告を指します。YouTube広告やSNS広告、それ以外のアプリ内に出てくる広告など多岐にわたりますが、今回は後者のアプリ内に出てくる広告を詳しく見ていきます。

アプリ動画広告

以下のようなアプリを見ている際に、動画広告が出てきた経験がある方も多いのではないでしょうか?

  • マンガアプリ
  • ゲームアプリ
  • キュレーションアプリ

画面をスクロールした時、画面が切り替わる時、ポイントを貰う時など。一度操作を中止させてフルスクリーンで画面全体に出てくるものや、コンテンツに組み込まれ記事などの間に出てくるものなど、アプリ動画広告の形式はさまざまです。

動画広告というとYouTubeやSNSといった誰もが使っているような有名な広告媒体、いわゆる「メガ媒体」が目立ちますが、アプリ動画広告が使われるのはリーチの拡大のためです。

SNSユーザーが多いといっても、スマホを触っている時間はSNSだけではなく、ゲームをしたり記事を読んだり、見るコンテンツは人の趣味嗜好により様々です。

メガ媒体の動画広告を用いれば特定のユーザーに正確にリーチすることは可能ですが、それだけではリーチするユーザーが限られてしまいます。

「動画ネットワーク」を持つ配信事業者を利用して動画広告を出せば、先ほど述べたような幅広いアプリへ配信することができ、リーチの大幅な拡大と時間の占有の拡大が見込めるようになります。

「既存の顧客のみならず、さらに新規顧客を獲得していきたい」という企業はぜひ一度検討してみましょう。

アプリ動画広告の種類

動画広告にはさまざまなフォーマットがあり、それぞれに特徴があります。商材の内容、広告の目的に合ったフォーマットを選ぶことで広告の効果を最大化することができます。

事業者ごとに独自のフォーマットを出していることも多いため、全てを把握するというのは難しいです。

そこで今回は以下の代表的な4つを紹介します。

  • アウトストリーム動画広告
  • インタースティシャル動画広告
  • リワード動画広告
  • インタラクティブ動画広告

1)アウトストリーム動画広告

YouTube動画広告のように動画コンテンツ内で再生されるインストリーム広告に対し、動画コンテンツ外で再生される広告全般を「アウトストリーム動画広告」と言います。

簡単に言うと、静止画のバナー広告やフィード広告が本来流れる場所に動画も流せるフォーマットです。

アウトストリーム動画広告の内にもいくつか種類がありますますので、よく使われる「インバナー広告」と「インリード広告」を覚えておきましょう。

インバナー広告

インバナー広告は、ディスプレイ上に固定されたバナー広告枠に動画広告を流せるフォーマットです。

インリード広告

インリード広告は、コンテンツとコンテンツの間に表示されるインフィード広告枠に動画広告を流せるフォーマットです。スクロール時に動画が流せる広告枠のことです。

スクロールし画面に広告が表示されたタイミングで再生され始めます。上記のインバナー広告やインリード広告といったアウトストリーム広告には、以下のメリット、デメリットがあります。

<アウトストリーム動画広告のメリット>

  • リーチとターゲティングに比較的強い
  • 掲載面が多いため認知拡大目的などボリュームが必要となる配信にも対応できる
  • 他コンテンツを見ながらも視界に入るため、テレビCMのように認知拡大やブランディング目的で使いやすい
  • ユーザーの邪魔になりにくい

<アウトストリーム動画広告のデメリット>

  • ユーザーからすると「タップすると音が出るかも」と思われるため、クリック率は低い傾向がある。クリックが目的のプロモーションには向かない
  • 自動で流れ出すため通信環境に左右されて重くなってしまうことがある

「ターゲティングしたい」「多くの人の目に触れさせたい」という方にアウトストリーム広告は最適なフォーマットです。

2)インタースティシャル動画広告

インタースティシャル動画広告は、ページの移動時や画面の切り替わり時に出てくる、スキップ可能の動画広告フォーマットです。フルスクリーンで表示され、数秒すると画面端っこに出る “×” や “Skip” をタップすることで消せる広告のことを指します。

よくカジュアルゲームのアプリで、ホーム画面に戻る際やゲーム画面への移行時に突然動画広告が出てくることはありませんか?

フルスクリーンで表示されるため、ユーザーにほぼ確実に見てもらえます。なお、課金形態はCPV課金をとるものが多い傾向にあります。CPV課金とはCost per viewの略で、視聴されると課金が発生します。

サービスによって「画面に〇%映ったら課金」「視聴から△秒で課金」など決まっているものが多く、自分で設定できるサービスもあり様々です。

<インタースティシャル動画広告のメリット>

  • 最初の数秒に商品名や気を引くワードを使うことで、スキップされたとしても記憶に残すことができる
  • 興味のないユーザーはスキップできるため、ユーザーに煙たがれにくいとも考えられる

<インタースティシャル動画広告のデメリット>

  • 多くがスキップされてしまい、詳細まで訴求しにくいため、コンテンツと広告内容の親和性が重要になる
  • ユーザーの意思に反して広告が突然フルスクリーンで出てしまう場合、誤クリックが多くなる

「多くの人の目に触れさせたい」「フルスクリーンでインパクトを与えたい」という方に最適です。

リワード動画広告

リワード動画広告とはその名の通り、ユーザーに動画を見てもらう代わりにリワード(報酬)が与えられる広告です。

広告が表示される流れは以下になります。

  1. ユーザーが広告を見るか見ないかを選択
  2. 見ると選択した場合、30秒ほどの動画広告が表れる
  3. 見終わるとバナーが表示され、クリックするとLPへ遷移
  4. 広告の“×”を押してユーザーはゲームに戻り報酬をもらう

報酬を支払わなければならないと勘違いする方も多いですが、付与されるのはゲーム内での報酬であり広告出稿側が払うのは広告費のみです。

よく見るのがカジュアルゲームで「広告を見たらもう1ゲームできる」やコミックアプリでの「広告を見たらもう1話読める」などの内容です。

リワード動画広告では、CPCV課金のものが多い傾向にあります。CPCV課金とはCost per completed viewの略で、完全視聴型課金ですので、動画を最後まで視聴すると課金されます。

<リワード動画広告のメリット>

  • 最後までスキップせずに見てもらえるので訴求したい詳細まで伝えることができる
  • 動画を全部見た人にだけ課金が成されるのでコスパが良い
  • 見ると選択したユーザーにのみ表示されるため不快に思われにくい

<リワード動画広告のデメリット>

  • フルスクリーンで数十秒ユーザーを拘束することになるため、スマホ画面を見ていないことがある
  • リワード目的で見ているユーザーが多い

 しっかり商品のメリットや他との違いまで情報を届けるために「動画広告を最後まで見て欲しい」という場合に最適です。

インタラクティブ動画広告

※出典元:maio|【プレスリリース】動画アドネットワーク「maio」、インタラクティブ動画の提供を開始

インタラクティブ動画広告とは、interactive:相互に作用する という意味通り、一方的に見せるのではなくユーザー側のアクションにより動作が変わる動画広告を指します。

例えば

  • ゲームの広告:実際に操作ができ、試しにプレイできる
  • 不動産の広告:建物内をフリックして自由に見ることができる
  • マンガや雑誌の広告:実際にページをめくって見せられる
  • 化粧品の広告:アンケートに答えてもらい最後にその肌悩みにあった化粧品を見せる

などアイディア次第で前例のない広告を打ち出したり、バズる広告を出したりすることも可能です。

<インタラクティブ動画広告のメリット>

  • インタラクティブ性があることでユーザーが退屈せず、能動的に広告に接触させることができる
  • アイディア次第で他社と被らない広告や、バズることを狙った動画も作りやすい

<インタースティシャル動画広告のデメリット>

  • 製作費が高い傾向にある
  • サービスごとに作り方が違うことがあるため、動画素材の横展がしにくく配信ボリュームが懸念点

制作費はややかかってしまいますが、その分注目を集めることができたり、コンバージョン後の動きもよくなったりといった傾向があると言われています。

アプリ動画広告を出稿する2つの方法

出稿の経路は広告代理店に任せる場合と自分で配信事業者に問い合わせて出稿を進める場合とで大きく分け2パターンあります。

①広告代理店にお願いして出稿を進めてもらう場合

手数料等は発生しますがその分の手間が省けるほか、プロに任せることで効果も最大化しやすいため時間に余裕はない方におすすめです。

②自分で配信事業者に問い合わせて出稿を進める場合

①と比べ難しいと思われがちですが、事業者側にも担当がついてサポートしてもらうことができます。事業者とのやり取りなどで工数や時間はかかるものの、ノウハウを蓄積することができるので時間に余裕がある方におすすめです。

①広告代理店を通して出稿する

ネット広告を専門とする広告代理店が近年増えてきています。サイバーエージェントやDAC、オプトなどよく名前を聞くネット代理店もありますが、一定の大きな予算を持った広告主様に限られることが多いです。

上記の他にも、知見があり少額からでも出稿・運用の代行をしてくれる代理店も多くあります。

選ぶポイントとしては大きく以下5点です。

  1. 実績として過去にどのような商材を取り扱ってきたか
  2. メインで取り扱っている広告媒体は何か
  3. 料金形態・契約期間
  4. レポートやクリエイティブ制作等のサービスに含まれるもの
  5. 担当のやり取りのしやすさや相性

HPで比較検討し、いくつかに絞り、問い合わせて一度話を聞いてみると決めやすいでしょう。

出稿時は自社の要望などを代理店に伝えることでどこへ配信すべきかの提案をもらうことができるほか、すでに出稿したい配信サービスがある場合は指定してお願いすることも可能です。

<メリット>

  • 蓄積してきた代理店のノウハウ・ナレッジを利用することができる
  • 出稿から運用、クリエイティブなど丸ごと任せられて時間を節約できる
  • 代理店を通して出稿している過程で自分の知識も徐々に蓄積されていくこともある

<デメリット>

  • 広告費にプラスして代理店に支払うマージンが発生する
  • 代理店や意思疎通によっては思っていたのと違う方向で広告配信やクリエイティブ作成が進行してしまうことがある。
  • 代理店からの情報が十分に渡されない場合、ノウハウも貯まらず内製化は進まない

自分で配信するとなると工数がかかるため、時間がない方やプロに任せて短期間で確実に成果を出したい方は代理店を通して出稿するのが良いでしょう。

②自社で直接出稿する

「代理店に頼った方がいいだろうか。うまく自社でできるか不安だ」と思う方もいらっしゃることでしょう。しかし、配信サービス側に担当者が付いてくれる場合が多いため、自社で直接出稿するのも可能です。

商品・サービスの状況に合わせて適切な配信構造を提案してもらえたり、準備すべき動画クリエイティブのアドバイスをくれたりと都度、相談に乗ってくれます。入稿作業や運用を手伝ってくれるところも多いので、もし自社で配信する場合は担当者にどこまでフォローしてもらえるかも確認すると良いでしょう。

<メリット>

  • 不要な代理店マージン費用が広告費に使える
  • 担当者とやり取りしていくうちに知見が貯まっていく
  • 自分の思った方向で出稿、広告クリエイティブの準備ができる

<デメリット>

  • 複数の広告サービスのディレクション考えるのが難しい。
  • 各サービス担当者とのやり取りや作業で時間がとられる。
  • 情報のキャッチアップを能動的にやらなければならない。

自分で配信する場合やりとりでコストはかかりますが、長い目で見たとき配信の内製化も可能となり必ずプラスになるでしょう。

自社で配信を開始するまでの8つのステップ

自社で配信する場合、全体の流れはおおよそ以下のようになるでしょう。

  1. 配信の目的を整理する
  2. 配信事業者の比較検討
  3. 検討中のサービスに問合せ詳細を聞く
  4. 契約書締結、申込み
  5. クリエイティブ、LPの準備
  6. 入稿、審査
  7. タグの設置等の計測準備
  8. 配信開始

※利用する配信事業者にもよりますので要確認。

ステップ1.配信の目的を整理する

配信事業者を選ぶ前に、広告配信の目的を整理しましょう。

ゴールを決めておくことで無駄のないしっかりとした配信構造を組むことができます。

具体的には以下の3点を改めて思案してみると良いでしょう。

配信KPI

動画広告に限らず、配信設計の基礎となる重要な項目です。

課題からKPIを明確にし、店舗への集客なのか、アプリのDL数を増やすことなのか、ECサイトへの流入数を増やすことなのか、配信する目標を明確にしましょう。

KPIを設定することで以下のような事項が一貫性のあるものにすることができます。

  • 配信設計
  • 予算配分
  • 広告クリエイティブの制作
  • 配信期間の設定

また相談されるサービス担当者側も明確な提案がしやすくなるため、効果の最大化に近づけます。

② 開始時期と動画クリエイティブの納期

申込みから実際の配信開始までどのぐらいの時間を要するかはサービスによっても異なってきます。特に動画クリエイティブを外注する際は納期の確認も必須です。

また、ネット広告は連休や長期休暇に大幅にインプレッションが増えるためその点も考慮、逆算して計画的に進めていくことをおすすめします。

時期を踏まえてサービス担当者に相談することで、よりリアルなシミュレーションも出してもらいやすくなります。

③予算

だいたいどのくらいの予算を使えるのかを事前に見積もっておきましょう。サービスによって課金形態、配信ボリューム、シミュレーションが異なるため、予算感を決めたうえで各担当に相談すれば、よりよい回答が得られます。

④ターゲット層

アプリ動画広告のほとんどのターゲティング機能が オーディエンス配信(データを用いた興味関心があると思われるユーザーへの配信) ホワイトリスト配信(ターゲット層が多くいるであろうアプリをリスト化しそのアプリのみへ配信)の2つになります。

どのような属性・デモグラフィックの人に当てたいか決めておくことで、オーディエンス配信もホワイトリスト配信の設計も考えるうえでスムーズになります。

この4点を整理したうえで、配信サービスの比較検討へ移りましょう。

ステップ2.配信事業者の比較検討

アプリに動画広告を出稿できるサービスを検索すると、さまざまな事業者が出てきます。特に主要な事業者は以下6つです。

  • Facebook Audience Network
  • mopub
  • FIVE
  • LODEO
  • maio
  • nend
事業者名 対応フォーマット 特徴
Facebook Audience Network
  • インタースティシャル動画広告
  • 動画リワード広告
  • Facebookのユーザーデータを利用可能
  • toB向け
  • 初心者向け
mopub
  • インタースティシャル動画広告
  • 動画リワード広告
  • Twitterのユーザーデータを利用可能
  • エンターテイメント性の高い広告と相性が良い
  • 初心者向け

FIVE

(LINE)

  • アウトストリーム型
  • インタースティシャル型
  • インスクロール型動画広告
  • 動画素材がある場合は予算に応じて制作可能
  • ユーザーが多く、年齢層も偏りがない配信先(MAU8,200万人)
  • 幅広い年齢層がターゲットの商材向け
AMoAd
  • 動画オーバーレイ広告
  • アウトストリーム動画広告
  • リワード広告
  • サイバーエージェント直下の事業者
  • エンタメ商品との相性が良い
  • CPI保証メニューあり
maio
  • リワード動画広告
  • プレイアブル動画広告
  • インタースティシャル動画広告
  • 配信先が豊富で低単価で配信可能
  • 最低出稿金額10万円
  • ターゲティングの精度より安く広く広告を出したい場合におすすめ
nend
  • アウトストリーム動画広告
  • リワード広告
  • インタースティシャル広告
  • ゲーム向けサイトとの提携数は国内トップクラス
  • 最低出稿金額の規定がなく少額から試しやすい
  • 担当もついてくれる

気になる企業があれば、媒体資料を請求して詳細を見てみてください。媒体資料はその企業の問い合わせフォームからや、企業によってはメディアレーダーからダウンロードすることもできます。

動画アドネットワークについて詳しく知りたい方は「動画アドネットワークとは?配信サービスの特徴から選び方まで解説」をご覧ください。

ステップ3.検討中の配信事業者に問い合わせ詳細を聞く

媒体資料には大まかな仕様や価格の記載はあります。こちらの状況を伝えて話を聞くことで、資料には書いていない具体的な情報を貰えたり配信設計の提案などしてもらうことができます。

ですので、ステップ2. 配信事業者の比較検討で完全に絞らず幾つか候補を残しておきましょう。それぞれ候補の事業者に問い合わせ、詳細を聞くことをおすすめします。

「詳細と言われても何を聞いたらいいの?」となるかもしれません。以下のような質問を切り口にいろいろと聞いてみましょう。

配信フォーマットと課金形態

媒体資料にも記載があるかと思いますが、配信フォーマットごとの課金形態を聞いて整理します。併せてメリットも聞き、KPIに合わせて最適なフォーマットがどれか考えます。また担当にもどれが良いと思うか相談してみましょう。

最低出稿金額や手数料

最低出稿金額は0円のところもあれば数万円、数十万円のところもあります。「予算は数万円で考えていたのに、いざ出稿しようとすると最低出稿金額は数十万円でした」ということにならぬよう、なるべく早めに聞いておくべき項目です。

手数料(マージン)もかかるところ、かからないところことがあるため確認必須です。

必要なクリエイティブ

だいたいの会社は外注になりますが、制作サービスがついている事業者もあります。その場合は制作費や二次利用の可否、また素材の準備について確認しましょう。

また、外注が必要な場合は必要なサイズや尺、ファイル形式、どのような内容の動画が他社で効果が出ているかなども聞いてみましょう。

配信ボリューム・シミュレーション

配信サービスによって提携先メディアの数や配信量、また課金の単価も大きく異なります。この予算感でどのくらいの配信が可能か?どのくらいのクリックが見込めるか?など、必要に応じてシミュレーションを出してもらいましょう。

運用のサポート

アプリ動画広告にも他のネット広告同様に運用が必要です。
それぞれサービスによっても運用ロジックが異なるため、運用担当がつくことがあります。
予算によるところもあるのでサポートの有無、またどのくらいしっかりサポートしてくれるか頻度等も聞いておきましょう。
運用をサポートしてもらえ、週明けに毎週結果を報告してもらえるサービスがついているとかなりスムーズにPDCAを回せます。

ステップ4.契約書締結、申込み

契約書の締結方法、案件申し込み方法も事業者によってさまざまです。また支払いがクレジットで手軽にできるところもあれば先払い(デポジット)の入金が必要なところもあります。

特に支払い方法に関するルールは事前に口頭で確認しておくと良いでしょう。

ステップ5.クリエイティブ、LPの準備

動画クリエイティブやランディングページ(LP)といった入稿物は、レギュレーションが分かり、ディレクションが決まり次第なるべく早目に準備しましょう。

早めの準備にはさまざまなメリットがありますが、特に審査に関わる点が大きいです。

配信事業者ごとに審査規定があり、配信できない表現等があります。配信の約2週間前に準備完了しておくと配信事業者に確認し修正するといった対応もやりやすくなります。

ステップ6.入稿、審査

基本的に審査には以下2つのポイントで見られることが一般的です。

①案件そのものが法や規定に触れないか
②クリエイティブやLPに適切でない表現がないか

事業者によって審査基準は異なりますが、①の審査は出稿前に確認してくれる企業が多いです。ただし②に関しては事前審査ができる会社と入稿してからでないとできない会社があります。

もし審査で弾かれた場合は修正等の対応が必要になります。

配信までのスケジュール感を乱さないためにもこの審査にかかる時間、修正にかかる時間も頭の片隅においておきましょう。

ステップ7.タグの設置等の計測準備

計測方法に関してですが、リンク先をどこにするかで細かく変わってきます。担当の指示に従って計測環境を整えましょう。整えばまた指示に従い、計測テストを行い正常に広告が機能するかを確認します。

ステップ8.配信開始

ここまで準備が整えば、あとは予算を設定し配信開始です。

開始後数日は1日最低3回管理画面を見て状況を確認しましょう。

管理画面の確認頻度は、運用の自動化もありますがすぐに最適化がかかるわけではありません。開始後すぐは思ったようなペースで予算が使われないということがよく起こります。
最初のうちはペースの調整をしたり、担当者に状況を問い合わせたりとまめにチェックしましょう。

動画クリエイティブ外注時の依頼先と注意点

配信サービス先で何本か制作可能な場合でも、長期的に動画広告の出稿を考える場合はそれ以外でも動画クリエイティブを制作できるようにしておく必要があります。

同じ動画をずっと同じ人やアプリに出していると、だんだんその動画が刺さるユーザーがいなくなってきてコンバージョンが上がりにくい状況になるためです。
そのような場合、違うアプリへの配信を検討するのも大事ですが、PDCAを回し、訴求内容の異なる動画を作り続けることで長期間でもコンバージョンを起こし続けることが可能となります。

効果的な動画広告を作成するにあたり、外注先の選定は非常に重要です。本章では、3つのポイントに絞り選定をする際の注意点についてお伝えします。

制作会社の得意領域とマッチするかどうか

制作会社にはそれぞれの得意領域があります。そのため、自社で目指す広告クリエイティブのイメージと合うかどうかが非常に重要です。

どのような分類があるか特徴も一通り知ったうえで制作会社の得意領域とすり合わせるために、分類を見ていきましょう。

目的別の分類

「どういったことをユーザーに伝えたいか」という動画の目的によってどの分類が適当なのか検討をつけましょう。

  • ドキュメンタリー映像
    →商品そのものの詳細を伝えることができる
    その商品ができる経緯などをドキュメンタリー風に説明することで、よりリアルに商品の良さが伝わります。

  • ブランド広告動画 イメージ広告動画
    →その商品の認知拡大や、イメージの向上できる
    商品のメリットや値段をキーワードとして出すのではなく、見る人の感覚に訴えかけるような視覚的なものです。採用などに使う動画もこのようなイメージです。

  • ハウツー動画
    →実際にその商品をどのように使うのか、そのような効果があるのかを紹介できる
    購入後のイメージもできるためより購入へのアクションも促せます。

  • ストーリー動画
    →ストーリーのなかに商品をしのばせて、その良さを伝えられる
    架空のストーリーと登場人物でつくるドラマ・アニメ風な映像です。

動画の分類

目的別の分類にプラスし、それをどのように表現するかで動画が分類されます。
ユーザーにどのような印象を与えたいかを考え検討をつけましょう。

  • 実写
    実在する人と場所を写すことになるので共感してもらいやすいというメリットがあります。商品のターゲットによって対応できるかが大事です。
  • モーショングラフィックス
    アニメのように動かして作るのではなく、ロゴやスクリーンショットの画像などの素材を組み合わせモーショングラフィック技術により動かします。見る側の心理的ハードルを下げることができると言われています。
  • アニメ
    ストーリー仕立てのものが多く、ターゲットに合わせて作ることが重要となります。
    先が気になる構成で作れれば動画も最後まで見てもらいやすいです。

得意領域に関しては、Webサイト上に実績とともに記載がある場合が多いようです。映像実績を確認して、どのレベル感の動画制作ができるのか、想定していたものと食い違っていないかなどをチェックしましょう。

サイト上に具体的な事例の記載がない場合は、問い合わせて実績を送ってもらうなどして確認してみるとよいでしょう。

PDCAが回せるか

制作会社に依頼する上で重要なことの一つにPDCAサイクルの改善があります。

イメージに合った動画広告が納品されて終わりではなく、その動画広告による結果分析までのフォローがしっかりしてくれる会社を選びましょう。

特にアプリ動画広告の出稿ですから、配信から早くて一週間、遅くて一か月くらいで効果の良いクリエイティブが分かってきます。それを元にPDCAを回す必要があります。

また、ずっと同じ広告クリエイティブを回していても、そのクリエイティブが刺さるのは特定の層です。テイストや訴求ワードを変えるなど違うクリエイティブを作って入れ替えることで広告に興味関心を持つ幅を広げる必要があるのです。

そのためには発注から納品までのサイクルが早いことも重要です。

費用感に合うか

動画広告を制作するうえでネックとなるのが、やはり費用ではないでしょうか。

制作費用の確認タイミングは企画内容のヒアリングの後となることが多いようです。見積もりに関しては、数社から相見積もりという形が相場も分かりやすくおすすめです。

注意するポイントは、見積もりの項目を同じ内容にしてもらうということです。各社でオプション内容や名前が異なると比較するうえで分かりづらいので、プランに含まれる内容が何になるかを打ち合わせの際に細かく確認しておきましょう。

まとめ|アプリ動画広告で効果を最大化する4つのポイント

アプリ動画広告の特徴や選び方について説明させて頂きました。以下4つを押さえ、配信を進めることが大切です。

  • 目的・ターゲットを明確にすることが大切。すべての基礎になる
  • 配信フォーマットと課金型を比較検討したうえで配信サービスを選ぶ
  • サービスの担当者からしっかり話を聞く
  • 動画クリエイティブの発注も同様に検討する

アプリ動画広告を用いることでより広い層へ、より多くの商材の情報を届けることができます。
これからの動画広告の時代になくてはならない広告です。実際に利用することで更に理解を深めていきましょう。

動画広告で成果をあげてきた企業の成功事例とは?

動画広告に着手しはじめたけど「なかなか成果があがらない……」とお困りではありませんか? 昨今のWeb広告市場で盛り上がりを見せる動画広告ですが、1本の動画を制作するには意外にも手間や時間がかかります。自社に十分なノウハウや制作リソースがないと、スピーディにA/Bテストを実施し、PDCAを回すのはなかなか困難です。 これまで独自のプラットフォームと1万人超のクリエイターネットワークを活用し、8,000本以上の動画を制作してきましたが、同時に社内のリソースやノウハウ不足といった動画広告における企業課題も多く目にしてきました。 そんな動画広告の成果に伸び悩む方々の課題解決になればと思い、これまで手がけてきた動画広告の成功事例と、数々の取り組みから見えてきた動画広告のベストプラクティスをまとめた資料をご用意しました。

  • 動画広告の特性とこれからの動画戦略
  • クリエイティブ課題の解決策
  • CVRが260%改善した、旅行業界の取り組み事例

これから動画広告を始めたい方、動画広告のパフォーマンスを改善したいと考える方は、ぜひご一読ください。資料は以下より無料でご覧いただけます。

thum_B

まずは無料資料をダウンロード

Kaizen Platformのコラムを定期購読する(月1回)

関連記事

記事一覧へ戻る