ECサイト事例有!商品紹介動画のメリットと動画制作のコツとは
2020/02/18 (Tue)
ECサイト事例有!商品紹介動画のメリットと動画制作のコツとは
Kaizen 編集部

著者: Kaizen 編集部

ECサイト自社の商品やサービスを売るうえで、商品の価値やサービスのメリットをもっと分かりやすく伝えたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

自社の商品・サービスの魅力や価値をユーザーに的確に伝えるのは、マーケティングにおいて非常に重要です。

商品紹介動画は、商品やサービスの特徴をよりリアルに伝えることができたり、商品を使用した時のイメージを疑似体験させることが可能です。

本記事では商品紹介動画の概要から活用するメリット、活用事例についてご紹介していきます。商品紹介動画をこれから活用していきたいという方はぜひ参考にしてみてください。

1.商品紹介動画の概要

2.商品紹介動画のパターン

3.商品紹介動画を活用できるシーン

4.商品説明に動画を活用するメリット

5.効果的な商品紹介動画を制作するポイント

6.商品動画の活用事例

7.商品紹介の動画広告は最初の5秒が大切

8.まとめ|商品動画の活用で効果的なマーケティングを

商品紹介動画の概要

商品紹介

商品紹介動画が普及している理由

普段WebサイトやSNSを見ていると動画広告を目にする機会も多いのではないでしょうか。

動画広告の市場は年々拡大を続けており、株式会社サイバーエージェントが公表した『動画広告市場規模推計・予測(デバイス別)[2017-2024年]』によると、2019年の動画広告の市場規模は2,312億円です。昨年対比では125%の成長をしています。

また、2020年には2,900億円、2024年には4,957億円に達する見込みとされており、大きく市場が拡大していることが分かります。

動画広告市場規模引用:サイバーエージェント|2019年国内動画広告の市場調査

ここまで動画広告市場が拡大している背景には、「インターネット回線の高速化」と「安価に動画制作が可能になったこと」の2つが挙げられます。

この動画広告市場の拡大に伴い、商品紹介動画の活用も増加傾向にあります。安価に動画制作ができるようになったことでより多くの方が動画を活用するようになったのです。

KAIZEN VIDEOでは最低5万円から動画制作の依頼が可能で、低価格で高品質の動画を納品可能です。

Kaizen Platformでの動画制作の詳細はこちらよりご確認いただけます。

商品紹介動画のパターン

商品紹介動画はいくつかのパターンに分けることができます。

使い方の説明動画(ハウツー動画 /マニュアル動画)

使い方の説明動画は、商品の具体的な使用方法に伝えることを目的としています。

ハウツー動画は、使用しているシーンをメインコンテンツとして撮るため、視聴者は実際に使用する際のイメージがを湧きやすくなります。

また、使用するシーンに合わせてテロップやナレーションを入れて、使用するメリットや特徴についても併せて伝えることで、よりユーザーへ印象づけることができるでしょう。

マニュアル動画は、商品やサービスを購入した方に、取り扱い方法をより深く理解してもらうことを目的としています。

従来の紙の取り扱い説明書では伝わりにくかった、使用法を伝えることができます。また、紙はじっくり読み込む必要がありますが、動画だと他の作業をしながら視聴できるため、心理的ハードルが低くなります。

海外の事例でいうと、家庭用品のメーカーであるOXOは、Amazonの商品詳細ページにハウツー動画を入れています。下記はコーヒーメーカーの事例ですが、動きのある動画でコーヒーの作り方の説明を紹介しています。

画面の切り替えを上下左右と交互にしたり、動画の中にポイントでテキストを入れることで、視聴者を飽きさせない工夫をしています。

▼商品動画

https://www.youtube.com/watch?v=4txhQclGH_g

▼Amazonの商品詳細ページ

https://www.amazon.com/OXO-Barista-Brain-Coffee-Maker/dp/B00YEYKK8U

仕様・性能の説明動画

説明動画は、商品の仕様やスペックに関しての理解を得ることを目的としています。よくある手法としては、従来の商品や他社製品と比較して、何が優れているのかの差別化ポイントを訴求し、視聴者にメリットを感じてもらいやすくします。

SONYはスピーカーの仕様や性能に関する説明動画を米国版Amazonの商品紹介ページに入れています。

動画の中では、スピーカーを購入する上で気になる性能面に焦点を当てて、持ち運びやすさやバッテリーが長持ちすること、防水性などのポイントを紹介しています。性能面にもスポットを当てることで使用イメージが湧きやすい動画構成となっています。

▼商品動画
https://youtu.be/R8Wr9VIm8bc

▼Amazonの商品詳細ページ
https://www.amazon.com/Sony-SRS-XB12-Portable-Bluetooth-Speaker/dp/B07P85CDHG

商品紹介動画を活用できるシーン

商品紹介動画はさまざまなシーンで活用されています。

イベント・商談で商品説明に活用する

イベントでは、複数のブランドが出店している場合も多いため、限られた時間で商品の魅力を伝える必要があります。また、商談の際も同様に、効率よく相手に正確にその商品やサービスについて伝える必要があるでしょう。

商品の特徴や使い方を複数枚の紙の資料やプレゼンテーションで説明するよりも、動画で伝えたほうがより短時間で多くの情報を伝えることができます。

店頭で広告として配信する

店頭でデジタルサイネージに商品の紹介動画を流しているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。デジタルサイネージは、商品のブランドイメージや仕様や性能についての訴求に多用されています。

また、店頭に陳列されている商品の近くにタブレットを置いて商品の具体的な使い方を分かりやすく説明するといった動画活用法もあります。

店頭のデジタルサイネージで商品についての動画を見て魅力を感じた消費者が、店内に入り、陳列されている商品を手にとりながらハウツー動画を見るという動線をつくります。そうすることで、「興味を持つ」→「具体的な使用イメージが湧く」→「購入する」といった流れをつくることができます。

SNSやWebサイト上で広告として配信する

商品紹介動画は店頭のみでなく、Webサイトやプロモーション動画での広告としても活用されています。ECサイトを運営している場合は、そのまま購入につながるため、多くのEC運営者が活用しています。

商品紹介動画をSNS広告に出稿した場合は、興味を持った方や共感してくれた方がその動画をシェアし、拡散されることも期待できます。

動画広告には大きく分けて「インストリーム広告」と「アウトストリーム広告」の2種類があります。「インストリーム広告」は動画配信媒体の動画枠内で配信される広告のことで、YouTubeの動画広告などはこれにあたります。一方「アウトストリーム広告」はWebバナーやアプリのフィードなどに配信される広告のことです。

それぞれの広告はさらにまたいくつかの種類に分かれ、いずれにも特徴があります。どの種類を選ぶのかは「認知の獲得」や「コンバージョンの獲得」など目的で最適なものを選ぶようにしましょう。

動画広告の種類やそれぞれのメリット、成功事例まで詳しく知りたい方は「動画広告の種類|インストリーム広告とアウトストリーム広告の違いとは」も併せてご覧ください。

ブランドサイトの背景動画に利用する

ブランドサイトでは、よくトップページの背景にブランドイメージとなる動画を流している場合があります。Webサイトの背景を動画にすることで、よりインパクトのあるページにすることが可能です。

背景でなくとも、商品の動画はどこかに入れることで、Webサイトを訪れたユーザーの商品理解度は深まるでしょう。

YouTubeチャンネルにハウツー動画として投稿する

商品のハウツー動画をYouTubeチャンネルに投稿することで、検索エンジンやYouTube内の検索にヒットさせることができます。

また、YouTubeでは関連動画の設定ができるため、関連商品のハウツー動画を次に見る動画として促すとよいでしょう。特定の商品を検索し、動画を視聴している方に、「こんな商品もあるんだ。一緒に買ってみると良さそう。」と関連商品の購入意欲を高めることができます。

商品説明に動画を活用するメリット

動画のメリット

商品説明に動画を活用すると複数のメリットがあります。

情報量が多いため商品の魅力が伝わりやすい

画像やテキストに比べ、動画は約5,000倍の情報量を持っているといわれており、動画で商品を紹介すると多くの情報を伝えることができます。

動画は視覚的情報に併せ、効果音やナレーションなどの聴覚的情報も持たせることができるので、うまく活用することで商品の魅力をより深く伝えることができます。

商品の疑似体験ができ購買意欲が高まる

商品の使い方の動画は、実際にユーザー自身が使用したような感覚を与えることができます。ユーザーは商品の疑似体験をすることで購買意欲が高まり、購入促進へとつながります。

店頭であればテスターなどで使用感を確かめることもできますが、ECサイトであれば、事前に商品の使用感や使用手順を伝えることが重要です。こういったケースでは、画像やテキストよりも動画のほうがより伝えやすく、短時間でユーザーの理解を得ることができます。

特に化粧品業界やアパレル業界は、使用感や商品の紹介を動画で伝える成功事例が多くあります。実際にメイクをしたり洋服を着たりなど、ユーザーが商品を使用した際の擬似体験を提供しやすいためです。

商品紹介の動画は、ユーザーが実際に使用した後どうなるのか、という体験価値をより具体的で明確に提示してくれる効果的な営業ツールと言えるでしょう。

コスメ関係の動画活用のメリットや事例を詳しく知りたい方は「【化粧品・コスメのプロモーション戦略を考える方必見!】動画活用のメリットや事例をご紹介」も併せてご覧ください。

アパレル業界での事例はアパレル業界の動画広告・成功事例を紹介! インスタとの連携で効果は上がる?」で解説しています。

他媒体への二次利用ができる

商品動画は前にも説明した通り、さまざまなシーンで活用できます。例えば店頭で流している動画をWebサイトやSNS用の動画へ流用できます。

広告に流用する場合は、動画の最後に遷移させたいページやアプリへの動線紹介を加えたり、媒体に合ったサイズや構成へ変更したりと広告用にカスタマイズする必要があります。

KAIZEN Adではこのように他で使用していた動画をもとに、動画広告の制作が可能です。現在店頭の動画やサイネージ動画などを運用しており、これから動画広告の配信もおこないたいという方はぜひ一度お問い合わせください。

効果的な商品紹介動画を制作するポイント

商品説明に動画を活用するメリットからもわかるように、効果的なマーケティングを実施する上で動画を活用しない手はありません。しかしながら効果的な動画を制作するためには以下の5つのポイントを押さえる事が重要となります。

  1. ペルソナを考える
  2. 伝えたいメッセージ(訴求軸)を決める
  3. 構成を考える
  4. KPIに合った表現方法を取り入れる
  5. BGM/ナレーションをつける

これらは10,000本以上の動画広告制作、効果検証を行ってきたKaizen Platformによって検証された、効果的な動画制作のポイントです。はじめて動画制作を行う、あるいは動画制作による効果があまり出ていないという方はこの5つのポイントを意識してみることをおすすめします。自社で制作をすることが難しい場合には動画制作会社に依頼してみるのも良いでしょう。

効果を出すための動画制作の5つのポイントについてもっと詳しく知りたい方は関連記事「5つの方法で効果を11倍に!効果のある動画広告の作り方」も併せてご覧ください。

商品動画の活用事例

動画活用事例

商品動画の活用事例をご紹介します。

ファッションブランド|ANAP社

ファッションブランドを展開しているANAP社は、認知拡大を目的としてYouTubeにてTrueViewインストリーム広告の動画運用をおこないました。

もともとの課題感としては、実店舗は7〜8割が新規の顧客であるのに対し、ECでは7〜8割が既存の顧客で、新規の顧客の獲得がうまくいっていないという点です。

そこで、ターゲットユーザーが多いYouTubeの動画広告を運用することにしました。

自社には動画の制作リソースがなかったため、手厚いサポートがあり、納品スピードが早いことを理由にKAIZEN Adに動画の制作を依頼しました。

訴求ポイントで工夫した点は、2点あります。

まず1点目は、TrueViewインストリーム広告は5秒でスキップできるため、最初に伝えたいメッセージを出し、その後は取扱商品やプライスがしっかりと分かる構成にしたという点です。ファーストインプレッションで、「ANAP」のようにわかりやすい文字を出すことを意識しています。

2点目は、画面の切り替え頻度を多くするという点です。ANAPは商品点数が多く、数多くのコーディネートを出しているため、ユーザーが飽きずに視聴できる視聴工夫をしています。

認知拡大の広告は購入までの効果を出すことが難しい傾向にありますが、結果として新規会員録者数は120〜130%ほど上昇し、新規購入者数の平均は15%から約20%へ増加しました。

また、直近のブランド効果のレポートでは自然検索率が640%増加と、動画広告を活用したことで非常に高い効果を得られています。

動画広告の運用期間は1か月間で、コストは約500万円のため、非常に費用対効果の高い施策であるといえます。

天然サプリメントメーカー|Naturelo

高品質な天然サプリメントを売りとしているNatureloは、Amazonでの広告リーチとパフォーマンスの改善を目指して動画広告を運用しました。

低コストで高品質のモーショングラフィックスビデオ制作のために意識された点がバージョンごとに異なります。

ビデオバージョンAにおいては、「植物ベースのカルシウムで骨の健康を改善する」など、最初の数秒が商品のメリットに注目した文言から始まる形になっています。またビデオバージョンBにおいては「植物ベース、100%ナチュラル」など、他社製品との差別化を図ることのできるリストを最初の数秒で示しました。

結果としては、CTR率の38%向上とクリック単価率は75%の低下が見られました。これまでにNatureloが行ってきた全てのキャンペーンを上回り、最高のCTRと最低のCPCを達成したのです。

またビデオバージョンの比較におけるビジネスのさらなる成長も見込めたため、非常に効果の高い施策であったと言えるでしょう。

この事例の施策効果や過程についてもっと詳しく知りたい方はこちらNatureloは検索中のAmazonのビデオでの広告リーチとパフォーマンスを改善しますも併せてご覧ください。

AthleticGreens

AthleticGreensはオリジナルのライフスタイルビデオとの比較のために、モバイル向けに最適化された新しい製品に注目した動画を制作し、検証しました。

そこで以下2つのバージョンの動画広告を制作します。

  • 質問型:視聴者へ問いを投げかける形で動画が始まり、次に製品と独自のセールスポイントやメリットについて紹介
  • アニメーション:他社との差別化を図れるユニークなセールスポイントと画像アニメーションを利用して製品を紹介することに焦点をおく

この新しく制作された動画の掲載期間は8週間で、どちらも視聴回数とクリック率は向上しました。さらに14日間の総売上高が最も高く、既存のオリジナルビデオよりも80%高い売り上げを記録したのです。

このクリエイティブテストも動画をさらに有効に活用するための施策として参考にしたい運用事例となっています。

この事例の施策効果や過程についてもっと詳しく知りたい方はこちらAthleticGreensはKaizenAdと提携して、AmazonのVideo inSearchでクリエイティブテストを実行します」も併せてご覧ください。

商品紹介の動画広告は最初の5秒が大切

商品紹介の動画はファーストビューである最初の5秒が重要です。

たとえ商品の魅力を明確にした内容の商品紹介動画でも、最初の5秒でユーザーが不要と判断してしまえば、その先は見てもらえません。

動画の内容はもちろんですが、ファーストビューでいかにユーザーに見てもらえるかは商品の販売数や利益にも直結します。

ユーザーにスキップされないための動画には以下の3つのポイントがあります。

  • インパクトを与える
  • ストーリー性を持たせる
  • 再生時間を1分以内にする

上記は商品紹介のファーストビューを考える際におさえておきたい基本です。商品紹介動画を作る際は、まずは動画の冒頭のクリエイティブをインパクトやストーリー性を意識して作り込みましょう。

また、再生時間が長いこともスキップされる可能性を高める要因です。伝えたいメッセージは盛り込みつつ、ユーザーが見る時間を最小限にした動画作りを意識しなければいけません。再生時間は1分以内を目安にして制作するのがおすすめです。

スキップされない動画のポイントや事例についてもっと詳しく知りたい方はこちら「動画広告は最初の5秒が大事!スキップされない動画の作り方とは?」も併せてご覧ください。

まとめ|商品動画の活用で効果的なマーケティングを

マーケティング

ここまで商品動画についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

商品動画の利用は大きく広がっており、さまざまなシーンで活用することが可能です。

商品の紹介に動画を活用することでより商品の魅力が伝わりやすくなり、商品の認知拡大や販促にも効果が期待できます。

動画広告の制作は、既にあるバナーやWebサイト、他で活用している動画をもとに制作することが可能なため、これから運用を考えている方はぜひKAIZEN Adでの動画広告制作をご検討ください。

動画クリエイティブ制作プラットフォーム「KAIZEN VIDEO」

 

「動画活用を検討しはじめたけど自社にノウハウがない」また、「動画を作りたいけど制作のリソースがない」とお困りではありませんか?そのような時はぜひ「KAIZEN VIDEO」の活用をご検討ください。

「KAIZEN VIDEO」とは、デジタルを活用した『顧客体験(UX)の改善』により、クライアントの事業成長を支援するKaizen Platformが提供する、動画クリエイティブ制作プラットフォームです。

「KAIZEN VIDEO」には以下の特徴があります。

 

  • Facebook、Instagram、YouTube、Amazonの公式パートナーとして世界的に高い評価を獲得
  • 1万人以上のクリエイターと1万本以上の動画制作をしてきた実績をデータで保有
  • 貴社ニーズに合わせた最適なクリエイターのアサインが可能に
  • 事業グロース支援を出自とするKaizen Platformだからこそ、「成果のカイゼン」に向けた動画活用の提案が可能

 

まずは、「動画活用による成功事例」がわかる資料を無料で読んでみましょう。

thum_20210326

まずは無料資料をダウンロード

Kaizen Platformのコラムを定期購読する(月1回)

関連記事

記事一覧へ戻る