会社紹介動画を制作するポイントを目的別に3つの動画の型から解説
2021/07/07 (Wed)
会社紹介動画を制作するポイントを目的別に3つの動画の型から解説
Kaizen 編集部

著者: Kaizen 編集部

見出し画像

昨今、オンラインで会社説明を行う機会が拡大し、会社の紹介動画を制作する企業も増加しています。

動画で会社紹介を行うことで、パンフレットよりも会社の魅力が分かりやすく伝えられるようになります。

また、ターゲットユーザーに「かっこいい」と感じてもらえる演出や構成の工夫も可能です。

t本記事では会社の紹介動画の作り方をはじめ、制作するうえでのポイントやメリットについてご紹介いたします。これから会社の紹介動画を制作する方は、参考にしてみてください。

会社の紹介動画を活用するメリット

会社紹介動画の種類

会社の紹介動画の作り方とポイント

ブランディングや販売促進が目的ならPR動画がおすすめ

会社紹介以外で動画を活用すべきシーン

高クオリティの会社紹介動画を作るなら制作会社へ!

会社紹介動画を活用するメリット

画像6

会社の事業内容や理念、社会への提供価値などを伝えるには、動画を活用するのがおすすめです。動画で伝えると、取引先や従業員、入社を希望している人に会社のことを理解してもらいやすくなります。

さらに、会社の紹介を動画にすることで以下6つのメリットを得ることができます。

  • 抽象的な内容を明確に伝えることができる
  • 会社のバーチャル見学を実現できる
  • 短時間で情報を届けることができる
  • 多くの人に知ってもらえる
  • さまざまな場面で活用できる
  • ユーザーの心に届きやすい

上記6点は、動画ならではのメリットです。

抽象的な内容を明確に伝えることができる

会社の紹介動画では、会社の理念やブランドイメージなど抽象的な内容を明確に伝えることが可能です。

動画にすることで企業の概要やサービスはもちろん、口頭や紙媒体では伝わりづらい内容も届きやすくなります。

アニメーションやCGを使用すると、より分かりやすく表現できます。

会社のバーチャル見学を実現できる

会社のイメージ映像は、業界や企業の理解度を高めることができます。例えば、一般人の立ち入りを禁止している工場の製造や執務室を、映像にして伝えるとしましょう。

映像にすることで、社内のリアルな雰囲気を届けられます。バーチャル見学のため、紙媒体よりも親近感や信頼感も与えることができ、イメージもしやすくなります。

さらに、直接会社へ見学に訪れる人の対応をする必要がなく、人件費がかからないのも嬉しいポイントです。

短時間で情報を届けることができる

動画は、テキストや画像に比べて約5,000倍の情報量を持っているといわれています。そのため、伝えたい情報量が同じでも、映像の方が早く伝えることができます。

例えば、パンフレットで会社の雰囲気を説明する場合、写真にテキストを添えて相手に伝えなければいけません。

動画であれば、5秒程度のワンカットの社内映像だけで、会社の雰囲気を感じてもらえます。

多くの人に知ってもらえる

会社の紹介動画は、場所や時間の制約を受けず自分のタイミングで視聴可能です。そのため、以下の理由で会社の説明会に参加できない人にもアピールできます。

  • 時間が取れない
  • 遠方に住んでいる

採用のための会社説明会やクライアントに向けたプレゼンテーションを会場を設けて対面でしなくても、多くの人たちに会社のことを知ってもらえます。

また、テキストや静止画のみのパンフレットやWebコンテンツでは伝わりづらい事業内容もイメージしやすくなることから、理解度が格段にアップします。

ユーザーの心に届きやすい

会社紹介を動画にする最大のメリットともいえるのが「ユーザーの心に届きやすいこと」です。社長自らが会社の経営理念やビジョンを熱く語るような動画は、見る人の感情に訴えかけることができます。

人に行動を起こしてもらうためには、心を動かすことが重要です。

動画は、人の心に大きな影響を与える「3Vの法則」と深い関わりがあります。3Vとは「Verbal(言語)」「Vocal(聴覚)」「Visual(視覚)」を表したもので、それぞれのVが与える影響の割合は以下の通りです。

  • Verbal(言語):7%
  • Vocal(聴覚):38%
  • Visual(視覚):55%

文字や音、映像が含まれている動画には、上記の3Vが与える情報がすべて入っています。動画を通して熱量や考え方を伝えることで、テキストよりも確実に良い反応を得られるでしょう。

さまざまな場面で活用できる

会社の紹介動画は、オフライン・オンライン問わずさまざまな場面で活用できます。

一度作成してしまえば、以下のような場面で何度でも使い続けることが可能です。

さまざまな場面で活用できる

繰り返し使えるため、資料の作成費や時間短縮などさまざまなコストも削減できるメリットもあります。

会社紹介動画の種類

画像1

会社の紹介動画は、大きく以下3つに分類されます。

  • 事業紹介型

  • コンセプト紹介型(ブランドメッセージ)

  • インタビュー説明型

それぞれ特徴が異なるため、目的に合わせて活用することが大切です。

事業紹介型

事業紹介型とは、その名の通り事業の紹介がメインとなる動画です。

  • 企業の概要や会社の歴史
  • 業界の説明
  • 代表的な商品やサービス
  • 代表者メッセージ
  • 従業員インタビュー

主に、上記5点のような内容を紹介する際に、活用されることが多いです。入社希望者の意欲向上や取引先からの信頼度アップにつながります。

尺は5〜10分程度で、会社に関する情報を網羅的に紹介していきます。理念など抽象的なものは、アニメーションやCGを使用して表現することが可能です。

下記に記載した伊藤忠商事社の紹介動画は、グラフィックを駆使して分かりやすい構成となっています。

例:伊藤忠商事株式会社 会社紹介「Brand-new Deal 2020~いざ、次世代商人へ~」

 

キャプチャ1

出典:YouTube|伊藤忠商事

コンセプト紹介型(ブランドメッセージ)

コンセプト紹介型は、事業の内容よりも企業が重視している理念やコンセプトに焦点を当てた動画です。会社の歴史や思いを一つのストーリーにして紹介することで、視聴者の心に刺さるようにします。

制作の際は、事前にコンセプトをしっかり定義しておきましょう。コンセプトがブレると、「結局何を伝えたいのかが分からない」ような動画になってしまいます。

ソフトバンク社のコンセプト紹介動画では「私たちは今、大きな転換点に入っている」という問いかけから始まるユニークな作りになっています。

技術革新が起きた世界観を描き、序盤から視聴者の心を引き込むような構成です。気になる方は、チェックしてみてください。

例:ソフトバンク株式会社 ブランドムービー

 

キャプチャ2

出典:YouTube|ソフトバンク株式会社

インタビュー説明型

インタビュー説明型は、社員の声を中心として設計した会社紹介動画です。社員の様子や会社の雰囲気を伝えるうえでは非常に効果的です。社員が自身の言葉で語ることで、リアルな会社の雰囲気を伝えることができます。

見せ方としては、会社が重視している理念について社員が語り継いでいるテイストが多いです。
エン・ジャパン社のインタビュー動画であれば、「ひとりひとりの正義が、日本を、世界を変えていく。」というコピーを出し、社員自身がサービスを通して何の正義をもとに仕事に向き合っているのかという構成にしています。

例:エン・ジャパン採用ムービー/en-japan inc. RECRUITING MOVIE

 

キャプチャ3

出典:YouTube|エン・ジャパン株式会社

会社の紹介動画の作り方とポイント

ここからは、実際に会社を紹介する動画の作り方とポイントを紹介します。

目的を明確化する

はじめに、動画の目的を明確化しましょう。目的を決めずに動画を作り始めると、内容に一貫性持たせることが難しくなったり、、効果検証がやりにくなることがあります。。

動画を制作のよくある目的として、以下の4つがあります。

  • ブランドイメージを向上させたい
  • 社員のモチベーションアップを図りたい
  • 採用力を上げたい
  • 商談を効率化したい

目的を決めたら「どの指標を追うのか」についてもセットで考えましょう。

例えば、目標を「採用力を上げたい」とした場合、新卒採用における応募者数を指標の一つとして考えることができます。指標を明確化しておくことで、最終的な効果計測がしやすくなります。

  • 目的に対して動画がよい影響を与えたのかどうか
  • 改善して継続するかどうかの判断基準

上記2点は、あらかじめ設定しておきましょう。

ターゲットを決める

目的が確定したら、ターゲットを決めましょう。ターゲットを決めずに動画を制作すると、ユーザーの心に届きにくくなってしまいます。

また、万人受けを狙った動画は、印象が残らなかったりメッセージ性が弱くなったりすることがあります。ターゲットを絞り込むために、以下3つの属性をもとにして決めるとよいでしょう。

一番訴求したい内容を決める

ターゲットが決まったら、一番訴求したい内容を明確にします。訴求内容によって、動画の内容や構成が大きく変わってしまうこともあります。

「ターゲットがどんな情報を求めているのか?」を考えながら、訴求したい内容を決めましょう。

さらに、会社の紹介動画は、入社希望者のみならず取引先などあらゆる人たちが閲覧することが考えられます。伝えたい内容を明確にしておかないと、付け焼き刃のメッセージやブランドコピーを作成しても、リアリティがない・動画に一貫性がないと見抜かれます。

最悪の場合、会社の信頼を失いかねません。日頃から重視している企業理念や社風、商品のコンセプトをもとに考えてみるとよいでしょう。

会社や商品のブランドイメージと突き合わせる

訴求内容が決まったら、改めて既にある会社の商品のブランドイメージと食い違いがないか確認します。

会社の紹介動画と商品・サービスのブランドイメージに差異がある場合は、もう一度問題がないか考え直してみましょう。

構成を考えて動画制作を開始する

動画の構成は、目的・ターゲット・訴求内容をもとに考えていきます。動画の流れを書き出したら、各シーンごとの映像イメージや挿入するテロップ、ナレーションの文章を細かく書き出しましょう。

構成を考える際はストーリーボードなどを活用すると、よりイメージが湧きやすくなります。

ちなみに、事業紹介型の動画を制作する場合は、以下の流れにしてみるのがおすすめ。伝わりやすい王道の流れのため、参考にしてみてください。

「メッセージ」→「社史」→「事業まとめ」→「事業詳細」→「社員インタビュー」→「今後のビジョン(社長インタビュー)」

ブランディングや販売促進が目的ならPR動画がおすすめ

企業の活動や商品・サービスを多くの人に知ってもらいたい場合は、PR動画の制作がおすすめです。PR動画とは、企業がブランディングやサービスの販売促進を目的に制作するプロモーション動画を指します。

PR動画を制作する上で大切なのは、新規の顧客を得るために必要な「認知・共感・理解」の3つの要素を構築することです。

さらに、PR動画を通して共感や理解を深め会社のファンになってくれれば、商品やサービスをリピートしてもらえる効果もあります。

PR動画の制作に関して「目的・ターゲット・訴求内容を決める」というポイントは、会社の紹介動画を制作するときと同じです。大きく異なる点は「話題性を意識して制作すること」です。

話題性があればSNSなどで拡散されやすくなり、高い宣伝効果が期待できます。

というのも、近年SNS利用率が高まっており、娯楽だけでなくビジネス目線でも情報収集を目的としてSNSを活用している人が増加中だからです。

総務省が平成30年に発表した通信利用動向調査によれば、SNS利用者の割合は国民全体の60%であるという結果が出ています。

SNSで思わず拡散したくなるようなPR動画を制作すれば、多くの人に自社の商品・サービスを認知してもらえます。

拡散されやすいPR動画の作り方やポイントについて詳しく知りたい方は「拡散されやすいPR動画の作り方のポイントとは?」をご覧ください。 

会社紹介以外で動画を活用すべきシーン

動画は、会社の紹介やPR以外でもさまざまな活用方法があります。以下のようなコンテンツを今まで静止画やテキストのみで制作していた方は、ぜひ動画の活用を検討してみてください。

  • SNS投稿
  • Webサイト
  • メール
  • 営業資料

目を引きやすいのは、テキストや画像よりも動画です。上記4つのコンテンツに動画を入れることで、集客や商品の認知度をアップさせることが可能です。

例えば、文字が多いメールやWebサイトに内容を要約した動画を入れるだけで、目に留まりやすくなったり、興味を持ってもらいやすくなったりします。

結果的に最後まで見てもらえる確率が高まるため、動画の活用をおすすめします。

会社の紹介以外でも動画を活用していきたい方は「動画で紙よりもウェブよりも効率よく伝える。動画を活用する8つの方法」も併せてご覧ください。

高クオリティの会社紹介動画を作るなら制作会社へ!

ここまで、会社の紹介動画のメリットや作り方のポイントを紹介してきました。

世の中には、無料の動画編集ソフトやツールが多数あります。そのため、自社で動画制作ができる環境が作りやすくなりました。とはいえ、自身で初めて動画制作をする場合は、注意が必要です。

先にも挙げましたが、会社の紹介動画は取引先や入社の希望者など、さまざまな人たちが閲覧する動画。クオリティ次第では、会社の信用を落としてしまうことも想定できます。

初めて動画制作を行う方が「高いクオリティの動画を作ろう」と思ったら、それなりの時間を要します。そもそも「高いクオリティが出せない」という方もいることでしょう。

動画の制作は、思い切って制作会社に任せることをおすすめします。KAIZEN VIDEOは、「効果を向上する」動画を作れる動画制作プラットフォームです。納品は最短で5営業日とスピード重視の方にも最適です。

さらに、すでにお持ちのコーポレートサイトや商品・サービスに関するLP、パンフレットをもとにした動画制作も対応しています。統一したブランドイメージを保つことができるため、安心して任せることができます。

会社の紹介動画の制作に対して不安を抱えているのであれば、ぜひ一度KAIZEN VIDEOにお問い合わせください。

動画クリエイティブ制作プラットフォーム「KAIZEN VIDEO」

 

「動画活用を検討しはじめたけど自社にノウハウがない」また、「動画を作りたいけど制作のリソースがない」とお困りではありませんか?そのような時はぜひ「KAIZEN VIDEO」の活用をご検討ください。

「KAIZEN VIDEO」とは、デジタルを活用した『顧客体験(UX)の改善』により、クライアントの事業成長を支援するKaizen Platformが提供する、動画クリエイティブ制作プラットフォームです。

「KAIZEN VIDEO」には以下の特徴があります。

 

  • Facebook、Instagram、YouTube、Amazonの公式パートナーとして世界的に高い評価を獲得
  • 1万人以上のクリエイターと1万本以上の動画制作をしてきた実績をデータで保有
  • 貴社ニーズに合わせた最適なクリエイターのアサインが可能に
  • 事業グロース支援を出自とするKaizen Platformだからこそ、「成果のカイゼン」に向けた動画活用の提案が可能

 

まずは、「動画活用による成功事例」がわかる資料を無料で読んでみましょう。

thum_20210326

まずは無料資料をダウンロード

Kaizen Platformのコラムを定期購読する(月1回)

関連記事

記事一覧へ戻る