2022/04/14 (Thu)
動画広告の制作費相場と費用をおさえる方法!

著者: Kaizen 編集部

動画広告の制作費相場と費用をおさえる方法!

動画広告を制作するうえで気になるのが制作費です。動画を検討しているけど、いきなり大きく予算をかけるのは心配...という方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、今回は動画広告を制作するうえでかかる費用と、相場感、制作費をおさえるポイントについてご紹介します。

動画広告におけるお役立ち資料をご覧いただけます

動画広告市場は一層の盛り上がりを見せ、もはや動画を作ればよい時代から、いかに動画で成果を出すかという時代に変化してきました。動画広告で成果をあげるためにも適切な設計と、クリエイティブの勝ちパターンを見つけるPDCAサイクルが大切です。

コンバージョン改善や売上UPの実現を目指したい方へ、これまでKaizen Platformが900社・50,000回以上の改善支援から得た知見や実績に基づいた『動画広告で成果を上げるノウハウガイド』をお届けします。

YouTube広告やTikTok広告、Facebook広告などの動画広告において、打ち手に悩んでいる、ノウハウがないとお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

お役立ち資料をダウンロードする

動画広告制作で発生する費用相場

動画広告の制作でかかる費用は、大きく分けて「人件費」と「機材費」です。
人件費は企画〜撮影〜編集と関わるすべての人材の費用で、機材費は撮影に使用されるカメラ・備品などになります。

それぞれの項目をご紹介します。

▼人件費
人件費は動画制作に必要な人材に応じて変わります。まずはそれぞれの項目において、どのようなことがおこなえるか、相場について解説します。企画構成:映像制作の企画・構成をおこなう。また、各ステークホルダーとの打ち合わせや、全体スケジュールの調整、撮影場所や日時の決定などをおこなう。相場は3∼15万円。 ディレクション:映像制作のディレクションをおこなう。役割は企画構成と同じ。相場は5~25万円。 撮影:撮影費はカメラマンや機材の運搬・セットの準備のスタッフの人件費が含まれる。遠方での撮影の場合、ここに出張費が加算される場合もある。撮影の下見や選定をおこなうロケハンは、屋外での撮影をする場合に別途必要となる。相場は8~35万円。 編集:撮影の編集データをもとにシナリオに沿って動画を編集する。BGMや効果音などを挿入するかどうかで音源の費用が別途加算される場合がある。相場は5~25万円。 台本作成:台本を構成作家が作成する場合にかかる費用。相場は5~10万円。 ナレーション:ナレーターの人件費や収録スタジオの利用料。ナレーターの認知度やナレーションの長さに応じて金額が変動する。相場は3~10万円。

制作自体を外注する場合は、プロデューサー、ディレクター、構成作家、カメラマン、編集スタッフの人件費は最低限でも必要になります。この他にも、出演者が必要な場合や、それに伴うヘアメイク・スタイリストの人材が追加される場合があります。
あくまで相場なので、どのような動画を作りたいか、目的に応じて最適な動画の制作方法を選択していくとよいです。
例えば、後述するように撮影自体を自社でおこなったり、撮影をせずにバナーやLPなどから動画へ編集を行ったりすることもできます。予算が限られている場合は、そのように費用を抑えた制作も検討してみてもよいでしょう。

▼機材費
機材費は撮影に用いるカメラや照明のことを指します。撮影に360°カメラやドローンなど特殊なものを用いる場合はより高額になります。
性能に応じて撮れる映像の質も変動するため、どのレベル感の動画を求めているのかをもとに決めるとよいでしょう。

動画の種類別の制作相場

動画の制作の内訳を確認しましたが、どのような動画をつくるかでも費用感は変わってきます。
動画種類別だとどれくらいの料金がかかるのか、相場を確認していきましょう。
インタビュー動画の相場は5万円~、セミナー・イベント動画の相場は15万円~、webムービーの相場は30万円~、会社紹介PR映像の相場は50万円~、テレビCMの相場は80万円~

(1)インタビュー動画
インタビュー動画は採用目的や自社サービス利用の事例紹介などに用いる場合が多いです。
スタジオで撮影することもないので、特別な機材が必要ない場合がほとんどです。5分程度で収まることが多く、その分編集にかかる時間も少ないです。
一般的な相場感としては5万円〜といわれています。

(2)セミナー・イベント動画
セミナー・イベント動画は、その開催中を撮影したものが多いため、ボリュームとしても60分程度と長めの動画になります。そのため、編集をおこなう時間も長くなり、インタビュー動画に比べても費用感が高くなっています。だいたい15万円〜が相場といわれています。

(3)Webムービー
Webムービーは幅広い活用の仕方がありますが、自社のサービスや商品の認知拡大や販促用の動画撮影が多いです。相場感は30万円〜です。

(4)会社紹介PR映像
会社紹介PRは自社の外観・内観の撮影に、社員のインタビュー動画など、多くのカットが必要です。費用感は50万円〜と他の動画と比べるとその分やや高めです。

(5)テレビCM
テレビCMは動画のクオリティを高い状態にしておいたほうがよいため、編集・撮影をしっかりとおこなう場合が多いです。費用感はピンきりですが80万円〜程度です。

動画広告制作費をおさえる方法

動画広告を制作するうえで、できるだけ費用感を抑えながら目的にあった動画を作りたいと思う方もいると思います。
その方のために、制作費用をおさえるポイントをいくつかご紹介します。

撮影データの準備を自社でおこなう
動画制作の撮影を外注すると先に説明したような費用感となるため、自社で映像のもととなるデータを準備したり、撮影のみおこなったりすると、大きく費用をおさえることができます。クオリティの担保を目的として、制作会社には編集や追加部分の撮影のみをお願いすると費用感を10万円〜とおさえることができます。
また、自社に撮影データがない場合は既存のバナーやLPから動画を制作することもできます。Kaizen Adの場合、撮影は行わずに元ある素材(バナー、チラシなど)から動画を作成します。そのため、低コストでの動画の制作が実現可能です。必ずしも動画をゼロから制作する必要もないので、このような制作会社をうまく活用してみてもよいでしょう。

台本を自社で作成する
台本の作成をおこなうのはハードルが高いと感じがちですが、撮影場所や構成をもとにシナリオにし、カット割と絵コンテを準備しておけば、制作会社に依頼したとしても予算をおさえて制作をおこなうことが可能です。Web上や本などでいろんな情報が出ているので、それらを参考に制作をしてみるとよいでしょう。

クラウドソーシングで外注する
クラウドソーシングは対個人への依頼となるため、制作会社に比べて低価格で動画制作を依頼できます。まとめて動画を依頼するよりも、企画、編集、撮影、ナレーションと人材を分けて、その分野でのスペシャリストに依頼すると、クオリティも担保しやすいです。自身でディレクションをおこなう必要があるため、一定知見がある状態で依頼するほうが良いです。

Kaizen Ad(カイゼンアド)
10,000人の大規模ネットワークにより、最短5分で発注、5営業日で納品、最安5万円で作成できることが強みの動画制作会社です。
バナー、チラシ、記事などの各種素材を動画化でき、既存資産の有効活用が可能なうえドキュメントで発注依頼が完了します。これにより依頼内容の意図が明確に伝わり、イメージ通りの動画作成が期待できます。

また、FacebookやInstagram、YouTubeの公式パートナーに認定されているので、動画の品質も保証されています。
さらには、動画広告のPDCA改善率が平均50%と、納品後のサポートもしっかりしています。動画メディアへの広告出稿をおこないたい、動画制作をおこないたいが、費用や時間がかかってしまいPDCAがうまく回らないといった悩みをお持ちの企業におすすめです。

全編アニメーションにする
撮影をおこなうとどうしても予算感があがってしまうため、目的によっては撮影をせずに全編アニメーションにしてしまうというのも一つの手です。実写でなくても伝わるものの場合は検討してみてはいかがでしょうか。


著作権フリーの音楽を使用する
音楽は有名なものを使用するとライセンス料だけでも10万円以上かかってしまうこともあります。著作権フリーのものを使用すると、その分コストカットが可能です。

制作会社間で相見積もりをとる
制作会社によっては、大きく価格差が出る場合があります。相場が分かりづらい動画制作に関しては、いくつかの会社に見積もりを依頼し、相見積もりをしてみましょう。見積もりを取る際は細かいオプションの内容を確認して、同じ内容で見積もることを注意しましょう。特定の制作会社にお願いしたいと決めている場合は、他社の見積もりを持参していくと、それと比較して値引きをおこなってもらえる場合もあります。

まとめ

今回の記事では、動画広告の制作にかかる費用の相場や、制作費用をおさえるポイントについてご紹介してきました。
動画制作には多額の料金がかかってしまうので、なかなか手を出せずにいた・・という方は、ぜひ予算感をおさえるポイントを参考にして動画制作を実現してみてはいかがでしょうか。

動画広告の運用にお悩みではありませんか?

YouTubeを筆頭に動画市場が盛り上がりを見せる中、動画広告の需要はますます増えています。そこで重要となるのが、ただ動画を作るだけではなく、いかに成果へ繋がる動画を作るか、です。

しかし、いざ施策を打つとなると「自社にノウハウがない」「制作リソースがない」「すでに配信しているが成果が出ない」と悩まれる企業は少なくありません。

もしも現在動画広告の成果にお悩みを抱えていらっしゃるのであれば、Kaizen Platformの「KAIZEN AD」の活用をご検討ください。KAIZEN ADは、低コスト・短納期でクオリティーの高い動画を作り「広告の勝ちパターン」を確立できるクリエイティブサービスです。

「勝ちパターン」をベースに運用することで、無駄な動画を作ることなく効果を継続させられるようになります。

これまで累計1,000社以上、30,000本を超える動画制作で得た知見や実績をもとに、動画広告施策の勝ちパターンや成功事例を資料にまとめました。

CVR改善やCPA改善、売上UPを実現したい方、スピーディーで質の高い動画制作を継続したい方、施策の打ち手にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

サービス資料をダウンロード

関連記事

記事一覧へ戻る