2022/04/14 (Thu)
動画広告の作り方!成果につながる動画制作のためのポイントとは?

著者: Kaizen 編集部

動画広告の作り方!成果につながる動画制作のためのポイントとは?

動画広告を検討されているマーケティング担当者であれば、成果が出やすいクリイエティブを制作したいはずです。
しかし、成果を出すためには何をすればいいのか迷うのではないかと思います。
この記事では動画制作の上で確認するべきこと、作成する際に重要なことについて解説します。

動画広告におけるお役立ち資料をご覧いただけます

動画広告市場は一層の盛り上がりを見せ、もはや動画を作ればよい時代から、いかに動画で成果を出すかという時代に変化してきました。動画広告で成果をあげるためにも適切な設計と、クリエイティブの勝ちパターンを見つけるPDCAサイクルが大切です。

コンバージョン改善や売上UPの実現を目指したい方へ、これまでKaizen Platformが900社・50,000回以上の改善支援から得た知見や実績に基づいた『動画広告で成果を上げるノウハウガイド』をお届けします。

YouTube広告やTikTok広告、Facebook広告などの動画広告において、打ち手に悩んでいる、ノウハウがないとお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

お役立ち資料をダウンロードする

動画広告を制作する上で確認するべきポイント

動画広告制作は、ユーザーに対して情報を分かりやすく、魅力的に伝えることが重要になります。
ここでは動画広告制作の上でのポイントをご紹介します。

必要情報の整理

必要情報の整理の図

・現状の施策
現状どの様な施策を行なっているのかを確認することは重要です。
検索広告やバナー広告は出稿しているのか、どの面に対して出しているのかなどを整理することで、動画広告をブランディングで使用するのか、認知拡大で使用するのか、CV獲得に使用するのかなど、どの様な目的で使用するかなどの方向性を確認することができます。

・サービス/訴求軸
広告を始める前に自社の商品・サービスのことについて確認することは当然ですが大事なことです。
市場の大きさ、商品・サービスの強み、競合、訴求したいポイントなどを整理することで、動画広告の目標、つまりKPIを考えることができます。

・ペルソナ
自社の商品・サービスを誰に何を伝えたいのかを決めましょう。
ターゲットを明確にすることで、誰に、何を、どの様に伝えるべきかのといった動画の具体的な方向性を決めることが可能になります。
例えば、20代女性をターゲットに認知拡大を目標とした時、20代女性に人気のある芸能人をキャスティングした動画を見せることで自社と商品・サービスの名前を覚えてもらうといった形になります。
動画広告は各媒体で、ターゲットを設定することが可能です。そのため、年齢・性別・趣味嗜好などを決めておくと、配信時にもスムーズに設定できます。

・勝ちクリエイティブ
動画広告以外にも広告施策などを行なっている場合、成功事例がいくつかあるはずです。
成果につながった広告などがあるのか、それはどのなターゲットに対してどの様な訴求をしていたのかを確認することで動画の具体的な内容を考えることができます。
特にバナー広告は動画広告と親和性があるので、積極的に活用するのがおすすめです。

評価のためのKPI設計

評価のためのKPI設計の図

動画広告の成果の比較をするために、事業達成のための目標の設定、つまりKPIを設定して検証をおこないます。
しかし、訴求する軸によってKPIは異なってきます。
例えば、CV獲得訴求ではCVRなどの指標を重視しますが、認知拡大訴求では広告の目的が違うため重視されません。
また、同じフォーマット同士の成果比較なのか、違うフォーマットでの比較なのか、によっても見る数値を変える場合があります。
以下では広告訴求軸 x 比較する対象別のKPIについて解説をしていきます。

・動画VS動画
動画広告同士の成果を比較する場合、訴求軸別に以下の指標をKPIとして設定すると良いです。
 CV訴求の場合
 - ラストクリックCPA
 - 出稿媒体別CPAなど
 ブランド訴求の場合
 - Search/Brand Liftなど

・静止画VS動画
動画広告とバナーなどの静止画広告の成果を比較する場合、訴求軸別に以下の指標をKPIとして設定すると良いです。
 CV訴求の場合
 - View through CPAなど
 ブランド訴求の場合
 - Search/Brand Liftなど

・SNSへの出稿
SNSに動画広告を出稿する場合、訴求軸別に以下の指標をKPIとして設定すると良いです。
 CV訴求の場合
 - 媒体別CPA
 - View through CPAなど
 ブランド訴求の場合
 - Search/Brand Liftなど

動画制作をおこなう上で重要なこと

ここでは広告用の動画を制作するなかで、重要なポイントについて、オススメの動画の流れに沿って解説していきます。

ペルソナに対するアテンション
動画広告ではまず「ユーザーの目に止まらせる」、つまり注意をひくことが重要になります。
例えばYoutubeなどでは5秒でスキップ機能がついているので、興味がなければすぐにスキップされてしまいます。
ユーザーに興味を持ってもらうためには最初の5秒でいかにひきつける内容にするかが重要になります。
認知拡大、CV獲得など目的などによってどの様な情報を最初に持ってくるかが変わってくるので、動画広告の目的に合わせて情報を選ぶと良いです。

訴求軸
広告は1種類だけではなく、複数作成してA/Bテストを行うことでその効果を検証することができます。
そのため、広告で訴求する軸も複数用意することが望ましいです。
訴求軸の例としては、商品・サービスの特長の訴求、ユーザーの感情への訴求、ユーザーが商品・サービスで得られるメリットの訴求などがあります。
成果につながる動画広告制作のために複数の訴求軸を作成しましょう。

訴求を捕捉する内容
訴求軸を決めたあとは、その訴求を捕捉する内容も一緒に考えると良いでしょう。
捕捉する内容は、メインの訴求軸を補完するサブの訴求軸という認識で作成すると良いです。
例えば、「領収書をスマホでとるだけでOK!」といった訴求軸があった時、その内容を捕捉する内容として、「初期設定が簡単にできる」といったものを考えてみてください。

CTA
広告を見てもらうということは、見てもらった後に目的(コンバージョン)の行動へユーザーを誘導することが必要です。
目的の例としては、購入、資料請求、お問い合わせ、メルマガ登録など様々なものがあります。
例えばお問い合わせを目的とするならば、誘導する行動はお問い合わせフォームへのボタンを押してフォームへ遷移してもらうことになります。
広告を見たユーザーが目的(コンバージョン)の行動を取ってもらうためには、ユーザーが迷わない様に行動の選択肢を減らし、迷わずに行動してもらうことが重要になります。
ユーザーに何をして欲しいのかを明確にして、気持ちよく行動できる様にしましょう。

まとめ

動画制作の前に確認するべきこと、動画制作の上で重要なことをまとめました。
動画制作を行う前に自社の商品・サービスについての情報整理、構成について確認を行うことで成果につながる動画広告の制作ができます。
特にバナー広告などは動画広告制作において有効活用できるものになります。
Kaizen Adではチラシやバナー広告などの各種素材も動画化することができます。
また、既存の広告素材を動画かするので、イメージ通りの広告を作成することができます。
Facebook/Instagram/Youtube公式パートナーに認定されているので、動画の品質も保証されています。
動画広告制作をお考えの方はぜひご利用してみてはいかがでしょうか。

動画広告の運用にお悩みではありませんか?

YouTubeを筆頭に動画市場が盛り上がりを見せる中、動画広告の需要はますます増えています。そこで重要となるのが、ただ動画を作るだけではなく、いかに成果へ繋がる動画を作るか、です。

しかし、いざ施策を打つとなると「自社にノウハウがない」「制作リソースがない」「すでに配信しているが成果が出ない」と悩まれる企業は少なくありません。

もしも現在動画広告の成果にお悩みを抱えていらっしゃるのであれば、Kaizen Platformの「KAIZEN AD」の活用をご検討ください。KAIZEN ADは、低コスト・短納期でクオリティーの高い動画を作り「広告の勝ちパターン」を確立できるクリエイティブサービスです。

「勝ちパターン」をベースに運用することで、無駄な動画を作ることなく効果を継続させられるようになります。

これまで累計1,000社以上、30,000本を超える動画制作で得た知見や実績をもとに、動画広告施策の勝ちパターンや成功事例を資料にまとめました。

CVR改善やCPA改善、売上UPを実現したい方、スピーディーで質の高い動画制作を継続したい方、施策の打ち手にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

サービス資料をダウンロード

関連記事

記事一覧へ戻る