#DX白書2021 無料ダウンロードする

昨年2,000人以上がダウンロード

D2CにOMO、FintechなどDX先進事例を中心に大幅アップデート

#DX白書2021

ダウンロード数

1,200件

突破

無料ダウンロードする

DX白書とは?

ABOUT

コロナ禍によって社会環境が急速に変化するのに伴って、デジタル活用も後押しされるように大きく進みました。

その一方で、我々がそのデジタル活用を前提とした環境下に最適化された事業/業務プロセス/働き方に
果たしてトランスフォーメーションできたと言えるのでしょうか?

一人あたりGDPは韓国に抜かれ、無成長が続く状況を打破し、
Well-beingやESG/SDGsなどを実現していくためにもDXは必要不可欠です。

今回の#DX白書2022では、D2CやOMO、Fintechなど、コロナ禍で加速した様々な領域の最新事例と論点をまとめました。

皆様のDXの一助となれば幸いです。

著者

須藤憲司

著者

須藤 憲司

株式会社KaizenPlatform 代表取締役

2003年に早稲田大学を卒業後、リクルートに入社。同社のマーケティング部門、新規事業開発部門を経て、リクルートマーケティングパートナーズ執行役員として活躍。その後、2013年にKaizen Platformを米国で創業。現在は日米2拠点で事業を展開。企業の顧客体験DXを支援する「UX」「動画」「DX」の3つのソリューションを提供。

  • DX入門

    DX⼊⾨
    ⽇本経済新聞出版

  • 総務部DX課 岬ましろ

    総務部DX課 岬ましろ
    ⽇本経済新聞出版

コンテンツ紹介

CONTENTS

今年の「#DX白書2022」は、昨年大きな反響をいただいた「#DX白書2021」を大幅にアップデートし、Nikeやウォルマート、ディズニー等の先進的な海外DX事例の解説やそれらを取り巻くD2C/OMO/FintecなどのDXトレンド紹介、 さらにはDXを成功に導くための論点など、推進のヒントになる情報を多数盛り込んでおります。

目次
  • 1.日本のDXの進捗
  • 2.ウォルマートに学ぶDX
  • 3.FintechとEC
  • 4.リテールメディア
  • 5.リアルの強みとデータを活用して収益を高める
  • 6.仕組みを売る
  • 7.メーカーとサブスク
  • 8.DX成功のポイント
  • 9.DXの本質

中身をチラ見せ

MATERIALS
無料ダウンロードする

#DX白書2022
プレミアムパッケージご紹介

PREMIUM PACKAGE

#DX白書2022 プレミアムパッケージ

powered by IBAカンパニー
#DX白書2022 プレミアムレポート

#DX白書2022 プレミアムパッケージでは、 今年の白書の内容をテーマごとにさらに掘り下げたDXレポート5本、#DX白書2022とDXレポートの解説動画6本、そして自社がDXを推進する上での具体的な検討手法を紹介するDX実践MOOC動画14本をセットでご提供いたします。

本パッケージは、期間限定で、特別価格にてご案内いたします。また、先着3社様には、特典として須藤による社内講演を合わせてご提供いたします。ぜひ、ご検討ください。

なお、詳細な内容をご紹介する説明会も開催いたしますので、ご興味をお持ちの方は、下記フォームからお申し込みください。


#DX白書2022解説会と
プレミアムパッケージ説明会のご案内

  • 開催日時

    2021年12月23日(木)17:00-18:00

  • 参加費

    無料

  • 開催場所

    オンライン(zoom)

  • 概要

    #DX白書2022の解説、質疑応答、
    プレミアムパッケージの内容紹介 等

※受付は終了いたしました