2021/11/29
Kaizen Platform、過熱する動画マーケットのトレンドを 徹底解説した「#動画白書2022」を公開
動画広告からビジネスでの活用まで今押さえておくべきポイントを紹介

株式会社Kaizen Platform(本社:東京都港区、代表取締役:須藤 憲司、以下「Kaizen Platform」)は、動画広告からビジネスシーンでの活用まで、さらなる広がりを見せる動画マーケットを60ページ以上に渡って網羅的に解説したホワイトペーパー「#動画白書2022」を公開しました。

「#動画白書2022」Webサイト:https://kaizenplatform.com/douga-hakusho-2022

dougahakusyo2022image

 

これまで”動画元年”という言葉が幾度も飛び交うなど、動画を取り巻くマーケットは右肩上がりに成長を続け、エンターテイメントやマーケティング活動など、動画を視聴・活用することは当たり前のものとなりつつあります。さらに、コロナ禍による非対面・非接触等の社会環境の変化が急速に進み、デジタル化の波に合わせて動画活用を推進する企業も増加しております。今後、5Gの商用化がさらに進むことで、動画を取り巻くマーケットはさらに変化・伸長していくことが予測されます。

このように多くの企業で動画活用に関心を集める一方で、目的や用途に合わせて動画を制作し、活用するということはシンプルなようで難しく、取り組んではみたものの思ったような効果を得られないことで悩む企業も少なくなりません。


Kaizen Platformは、これからの動画時代に向けて、動画に関わるあらゆる人にとって取り組みを進める一助になることを目指し「#動画白書2022」を公開することとしました。

■ 「#動画白書2022」について

「#動画白書2022」は、これからもさらに変化し続ける動画時代に向けて、今まさに取り組んでいる方でも、これから取り組もうと考えている方でも、みなさまの動画の取り組みに向けた一助となることを目的に、昨今のトレンドや動画広告、ビジネスシーンでの活用など、動画マーケットを60ページ以上に渡って網羅的に解説したホワイトペーパーです。


本コンテンツは、下記サイトよりどなたでも無料でダウンロードしていただけます。

「#動画白書2022」Webサイト:https://kaizenplatform.com/douga-hakusho-2022

◯目次
#1 動画中心の時代はすぐそこに
#2 過熱する動画広告市場
#3 ビジネスシーンでの動画活用
#4 動画とテクノロジーで新しい体験
#5 これからの動画活用

■ 株式会社Kaizen Platformについて

   
会社名 株式会社Kaizen Platform
設立  2017年4月 (2013年8月創業の米国法人Kaizen Platform, Inc. から事業譲渡)
代表者 代表取締役 須藤憲司
URL https://kaizenplatform.com/
所在地 東京都港区白金1-27-6 白金高輪ステーションビル 10F
事業内容

デジタル・テクノロジーを活用し、企業の事業成長を支援するソリューションを提供しています。
・事業やビジネスを変革する「DXソリューション」
・Webサイトをわかりやすくつかいやすく改善する「UXソリューション」
・5G時代の次世代動画制作サービス「動画ソリューション」

■ 本件に関する報道機関からのお問い合わせ

   
担当 株式会社Kaizen Platform PR担当宛
Email press@kaizenplatform.com
TEL 03-5909-1151
ニュース一覧へ戻る