Original

「Webマーケティングの世界は人手と教育に悩んでいます」この悩みを解決に導くのは「頼りになる仲間」



小豆畑(あずはた)恵さん



サルソニードは、「Web集客に関わるあらゆることを担う」Webマーケティング会社。Webサイトには多くの“会社”が関わる。サイト制作会社を始め、SEO、Web広告、運用など、一般的にはひとつのサイトにも各分野のプロフェッショナルが複数関わる。同社はそれらを一括して請け負う窓口のプロフェッショナルとして活動。

今回は同社のマーケティングを担当する小豆畑恵さん、白澤優子さん、宮田瑞穂さんにWebマーケティング業界が共通する悩み、その解消方法についてお話をうかがいました。




Webマーケティング業界は人手と教育で悩んでいる


Web広告といってもリスティングやアフィリエイト、ディスプレイなど多岐にわたります。同じくひとつのWebサイトでも、構築やSEO、アクセス解析など、多くの見るべきこと、考えるべきことがあり、それぞれにプロフェッショナルが存在。Web担当者はこれらすべてを確認しながら、各プロフェッショナルと連携して仕事を進めていく。


「弊社はアフィリエイターとして活動していた社長がこうしたWeb担当者の悩みを見て、『一括して請け負う会社があれば悩みを減らせるのではないか』と立ち上げた会社です。Web担当、クライアントは会社や商品を一貫したメッセージに集中する。それに対して、弊社がWebマーケティングのプロとして、外部の各プロフェッショナルと連携して結果で応えていきます」(小豆畑恵さん)


「私たちは広告主の希望に応じて、数字を出していく。より効果が出る施策を考えて、外部の人にバナーや記事を作ってもらう。クライアントの要求を見る、実際の数字を見ていく……見ること、考えることが多いのですが、外部の力を借りていけば解消できることでもあります」(白澤さん)


サルソニードはWeb担当者と併走する。外部のプロフェッショナルたちは、サルソニードと併走する。「役割を分担して、それぞれの専門性に集中できる環境を作りたかったんです」と小豆畑さんは続けました。一方で、悩みもある、と小豆畑さんは言います。


「Webマーケティングの会社は見るべきこと、考えるべきことが多い。そして人手が足りないという共通の悩みがあります。新しい人が入ってきても、多忙で仕事を教えている時間が作れないんです」(小豆畑さん)


また、「経験値が高く、優秀な人は一人でもやっていけるので会社に属さない」という課題もあるそうです。必然的に異業種から未経験でチャレンジしてくる人材が多くなるものの、「教えている時間がとれない…」。Kaizen Platformにはまず「業務量を減らす」ことを期待して声をかけたと言います。



「成果を出す」「やりながら覚えていける」


「Kaizen Platformはリソースの確保で声をかけました。ABテスト、アクセス解析をお任せしたい。ただ、コンバージョン分析や施策提案でも力を貸してくれた上、コンバージョン率アップなど結果も出してくれるなど、当初の期待以上の結果を出してくれました」(小豆畑さん)


「クライアントからの指示を待つのではなく、『こうしたらどうでしょうか』と提案したいと考えて転職しました」、そう話すのは元グラフィックデザイナーで、現在はサルソニードでマーケティング全般を担当している白澤優子さん。


「デザイン会社のころは、クライアントの意見が絶対。提案することはできませんでした。いまは記事を書くほか、SEOや広告制作もやっています。クライアントに『こうしたらどうでしょう』と提案することもある。そのとき、Kaizen Platformさんなどプロフェッショナルなかたがいると胸を張って提案できます」(白澤さん)



白澤優子さん


Kaizen Platformは期待していた成果を出した。ただ、「実はそれだけじゃありませんでした」と小豆畑さんは続けます。同社でソーシャルメディア広告の管理運用を担当している宮田瑞穂さんは、半年前にアパレル業界から転職してきた新入社員。「これまでと違う業界にチャレンジしたい」とWebマーケティングの世界に入ってきたそうです。


「私の主な仕事はディレクション。外部の人、会社とやりとりをして広告を作り、サイト上に出して成果を見ていきます。ディレクションの仕事は自分でやってみて、考えて、自分で対応していくことで身についていく。言葉で教えることは難しいと実感しています」(宮田さん)


「宮田くんは、Webマーケティングの経験値がない中で“やりがい”を求めて弊社に入社してくれました。この“やりがい”をどう伸ばすかを考えていましたが、実はそうじゃありませんでした。宮田くんはKaizen Platformなどプロフェッショナルと仕事を一緒にやることで『自分も勉強しないと!』と一所懸命にやってくれています」(小豆畑さん)


悩んでいた人手不足だけではなく、人材教育でも効果が出ている。小豆畑さんも「こういう効果があるのか」と驚いたそうです。



頼りになる仲間を増やしていくことで倍速で成長できる

実はKaizen Platformは以前お願いしていた他社より金額が高かったと小豆畑さんは語りました。「でも、Kaizen Platformは5倍ほどの仕事をやってくれました」(小豆畑さん)。


「社長に『コンバージョン率が1%上がったら、売上げはいくら上がるのか』とよく聞かれます。毎月1万人が来ているサイトで、1%上がったら100人、2%なら200人ですよね。単価が1万円だったら100、200万円上がるんです。30万円で1%上がらなければ30万円のマイナスですが、50万円で1%上がるなら50万円の利益になるんですよね」(宮田さん)


宮田瑞穂さん


そして、これは好循環を作ると小豆畑さんは続けます。


「アフィリエイトは1つの案件に対して、50〜100のドメインを管理運用することが普通です。普通ならこれを管理するだけで手が埋まってしまいます。外部リソースを入れる、任せてしまうことで、新しいサイト、新規事業を作ることができる。新しい人材が入ってきても、仕事をやりながら覚えていくことができる。Webマーケティングは手が足りませんが、Kaizen Platformのような優秀な仲間が増えればこれらは解消できて、武器にすることもできるんです」(小豆畑さん)





          



Re;(アールイー)編集部

Re;(アールイー)編集部

マーケティングの価値を再発見、Re:編集部です。マーケティングから経営課題まで、Tipsやインタビュー、対談記事など、マーケッターや経営者、カスタマー視点の情報をお届けします。

これも合わせて読みたい

RECOMMENDED

RANKING

CATEGORY NAME

(C) Kaizen Platform,Inc.