株式会社Kaizen Platform

導入事例: 株式会社フォーラムエンジニアリング 様

担当者の作業時間90%減でも、すぐにCVRが120%にアップ!

フォーラムエンジニアリングが他社ツールからの乗り換えで実現したこととは?

株式会社フォーラムエンジニアリングは、約4,800名のエンジニアを抱える人材派遣会社だ。機械・電気分野でエンジニア人材を世に送り出している。同社の課題はスマートフォンからのコンバージョン数を増やす施策が打てていなかったことと、一部のメディアからの流入や広告に依存する危機感にあった。そこでKaizen Platformを活用したところ、10日間も経たずに導入前よりCVR120%の成果を出せたという。

  PDF ダウンロード

「エンジニアピット」会員登録フォームのカイゼン例

ポイント

・重複するENTRYの無駄な文言を削除し、1stビューの領域を確保・ログインの装飾を控えめにし、サービスの魅力訴求バナーを追加

カイゼン前

  • 担当者がすべて自分でアイディアを出して形にし、実装するというスタイルだったことから、ネタ切れと膨大な工数が発生し、施策を打ち続けることが困難。
  • 社内でもA/BテストやWebサイト改善の重要性を理解されづらかった。

カイゼン後

  • アイディアとリソースが確保され、A/Bテストを用いたWebサイト改善工数が以前と比べて1/10程度に。
  • 手間がかからないにも関わらず、CVRアップの成果を上げ続けている。
  • グロースハッカーからのアイディアで、細部の変更だけでなく大胆なページデザインを試せるようになり、開始後すぐ登録者数が当初比約120%を達成。
  • 株式会社フォーラムエンジニアリング 
  • FE キャスティング戦略部
  • ゼネラルマネージャー
  • 河野 良平 氏
施策は継続しないと意味がない。10日で120%増の成果を出して、その後も順調に推移しています
  • 株式会社フォーラムエンジニアリング
  • FE キャスティング戦略部
  • エンジニアピット戦略グループ シニアマネージャー
  • 岩田 拓司 氏
作業工数でいうと、10だったものが1になったぐらい楽になり、コンテンツ制作に注力できます

広告だけでは限界がある!危機意識からのA/Bテスト実行で120%を達成

FE キャスティング戦略部に所属する河野良平氏と岩田拓司氏のミッションは、主にフォーラムエンジニアリングが運営する製造業の開発、設計のお仕事情報サイト「エンジニアピット」に登録するエンジニアを増加させることだ。そのためのKPIとして、登録率を非常に重視している。

河野氏:リスティング広告や他メディアへの掲載など、様々な広告による流入施策をとっているので流入数は多いのですが、それに対する実際の登録率(CVR)というと、緩やかに降下してきている状態でした。広告の運用改善は日々実施していますが、いずれ頭打ちになるのは明らか。そうなってからでは遅いので、流入させた先のサイトのCVRをA/Bテストで改善し、登録数を補おうとしました。

元々サイトへの流入は多く、1週間で何らかの検証ができるほどのトラフィックはある同社。広告施策の問題だけではなく、年々利用者が増えるスマートフォン(以下、SP)サイトの対応が後手になっているという大きな課題もあった。

岩田氏:実際のCVRを見ても、SPからの登録数がPCを凌駕するほどになっていました。しかし、普段から仕事では当たり前のように開いて作業をするPCと違って、SPは確認や画面の構造を見るのに別途エミュレーターや、実機を使って見る必要があります。リソースも少ない中、そういった少しの手間や、視点を変えなければならない意味でも、現実問題として、SPの課題対応はできていませんでした。

そんな中、当時利用中のA/Bテストツールの契約を終了する判断をし、2016年5月にKaizen Platformの活用を開始。問題のあったSPの登録フォームの改善では、導入してからわずか10日と経たないうちに、登録者数が120%と大きく改善した。何がこのような判断を促し、成果をもたらしたのだろうか。

作業工数が90%減少!工数をかけずにサイト改善がうまくいく理由

河野氏:Webサイトの改善は、やり続けなければ意味がない。ですが、以前導入したA/Bテストツールでは施策を打ち続けることそのものが困難で、使わなくなってしまいました。

理由を尋ねると、“自分でアイディアを常に生み出して、それを細かく変更して改善していくプロセスに、アイディア自体・時間・リソースが追いついてこなかった”ためだという。

岩田氏:具体的にいうと、他社のA/Bテストツールを使っていたときは、自分で事例などを参考にアイディアを絞り出し、ボタンの位置など本当に1つ1つの細かいところの修正をしていって、成果を見るというスタイルでした。これは、ネタが尽きるという点と、細かすぎる改善を1歩1歩していくので、工数の割に成果が見合いませんでした。2週間でなんとか1案出して実装しテストと言う状況のため、自分の手で改善し続けることが困難になってしまい、使わなくなってしまいました。
その点で、Kaizen Platformを使ったときは正直、「やることはこれだけ?」と驚きました。今までは自分のアイディアと時間の戦いだったものが、オリエンシートという制作方針の指示書を出せばグロースハッカーたちから思いもよらなかったような案が次から次へと出てくる。最初に1行JavaScriptのタグを入れておけば、あとはテストに採用する案を選んで結果を見て判断していくだけなので、作業効率でいうと元々10だったものが、1になったぐらいの感覚です。
SPを使うユーザーの行動心理を想定したページデザイン案を1週間で3~4本回した結果、10日経たずに今まで出したことのない数値を出せました。こんな短期間で、ここまで差が出るとは思っていなかったので、新鮮な体験でしたね。日常的な継続は手間がかからずアイディアが尽きないからこそ、できることです。おかげで、コンテンツ制作など他の仕事に時間を割けるようになりました。

成果を上げ続ける最短ルートは“とにかく施策を続けられること”。河野氏と岩田氏は、何度も“改善を継続できること”の重要性を説いていた。

岩田氏:これまで、『A/Bテストをします』と会議で報告しても、なかなか伝わりづらかったのが、Kaizen Platformは可視化に優れているため、何をやっているのかが一目瞭然になり、説明しやすくなりました。また、広告予算をたくさん使って流入を促すだけでなく、いかに流入から登録に繋げるかという部分の重要性を理解してもらえたことは大きいです。おかげで、テストしているデザイン案や成果について、会議の場でも積極的に話せるようになりました。

同社には“チャレンジ精神”を大切にする社風があり、それがKaizen Platformの導入決定から活用まで、“挑戦して、改善し続ける”という河野氏や岩田氏の行動を後押ししているようだ。フォーラムエンジニアリングの挑戦は続く。

  PDF ダウンロード

COMPANY PROFILE

株式会社フォーラムエンジニアリング

住所
東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー24階
従業員数
5,190名
(2016年4月1日現在)
事業概要
機械・自動車・電機関連エンジニアの労働者派遣事業
カイゼン実施Webサイト
  • 製造業の開発、設計のお仕事情報サイト 「エンジニアピット」
利用ソリューション
  • Kaizen Platform Enterprise
  • オープンオファー
  • グロースチーム
  • コンサルティングサービス
  • オリエンシート作成サポート
  • 初期導入サポート

Kaizen Platform ご利用のお問い合わせ

Kaizen Platform

住所
〒163-0241 東京都新宿区西新宿 2-6-1 新宿住友ビル 41F
※2017年4月から 〒108-0072 東京都港区白金1-27-6 白金高輪ステーションビル 10F に移転
TEL
03-5909-1151
URL
https://kaizenplatform.com/

お問い合わせはこちら